« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005.12.31

大晦日

昨日はピアノの須藤かよちゃんのお宅で餅つき&忘年会でした。
久しぶりに会えた人、初めて会った人と、わいわいお喋り。楽しかった~。
山本ヤマさんとも2年ぶりでした。「草の指輪」の録音の時に彼女のお腹の中にいた赤ちゃんが、もう歩いているとは!浦島太郎になったような気分でした。

あと3分ほどで2005年が行ってしまいます。
まだ今年中にやりたいことがいっぱいあったのに!
と言っているうちに来年になってしまうー。
いさぎよく新しい年を迎えることにしましょう。

今年もあたたかい声援をありがとうございました。
2006年もよろしくお願いします。

| | トラックバック (0)

2005.12.22

冬景色

運動不足が気になってたので、朝から1キロ先の公園をちょっと歩いてみようと思いました。こないだのセイジさんの痩せ具合もうらやましかったし。ところが思い立った日が悪かった。これでもか!というぐらい、冬でした。

当たり前か。。今日は冬至だもんね。
というわけで、木枯らしが吹き荒れる川沿いの公園を果敢に歩きました。
でも公園の白い木々を見てると、ぷくっとふくれた小さな芽が実はたくさん出ていました。
がんばれ~!芽。

川の細いところを歩いてると、後ろから颯爽と大きな鳥が何匹か飛んできて、飛行機のようにザザーっと着地(着水?)しました。カモです。
カモ達は小さい声でクエクエいいながら水に漂っていました。見てて飽きません。水にまかせて流されたり、回ってるやつもいる。ポリシーとかまるでなさそう。さっきのカッコいい着地は嘘かと思ってしまいます。

あちこち立ち止まってしまったので、結局運動にはならなかったような。。

11 12 13
14 15 16

| | トラックバック (0)

2005.12.21

打合せ

本日はffmのKさんと打合せ。山手線に滞在中のKさんと総武線の私の接点ということで、代々木が定番の打合せ場所になりそうな気配。この中途半端なロケーションが結構好きだったりします。ライブで時々様子をお話していましたが、今年の6月に録音したあたらしいアルバムはやはり皆さんのお耳に届くまでに年を越えることになりました。やっぱり何かと時間がかかるものですが、プロダクションは全て終わったので心も軽く年末が迎えられました(やりかけだと気が重いものよね~)。さぁ、心は来年へゴー!です。

帰り道はこのごろにしては暖かい日差しが降り注いで、ほっとするような小春日和でした。家の近くで見つけたクローバーです。三つ葉の形がくっきりしてて、まるでマンガに描いたみたい。

01 02 03
05 06 07

| | トラックバック (0)

2005.12.16

みねこ退院

明日のライブの準備をしているのに、こういう時に限って歌が思い浮かんでしまいます。
por causa de voce=あなたのせいで という文句が弦を張ってる間中ぐるぐる頭を回って、サンバらしきものになりました。日本語でも歌えそう。

エレアコ"たかみねこ"が修理から帰ってきたので、明日のプラッサのライブでリニューアル後の初舞台です。昨日家の小さいモニターにつないで弾いてみましたが、ステージで聞かないとまだよくわかりません。

実はピックアップのついでにプリアンプも交換して、なんと真空管内蔵のプリアンプになったのです(相変わらずチャレンジャーな私)。でも残念ながら、真空管の音を混ぜるといわゆる「アコギ」な音になってしまって、OFFにしている時の音の方が良いと思いました。多分使わないだろうな~。。チューナーも付いてるけど、これもきっと使わないだろうな~。それから電池が単3になりました!これにはびっくり。

最近はほとんど生ギター(愛称"おじいちゃん")を使っているので"みねこ"はたまにしか登場しないのですが、プラッサでは"みねこ"の音がよく映えるのです。修理間に合ってよかった。

楽器店の人が、古いピックアップが入ったビニール袋を「これどうしますか?」と。
何となく捨てて下さいとは言えず、持ち帰りました。
まるで、へその緒のようだわ。。

| | トラックバック (0)

2005.12.10

姿勢のこと

昨日はおなじみの代々木整体センターに行ってきました。
12月になってから突然左の肩が重くなったので、そのことを先生に伝えると、左腕を重点的に見てくれました。

どうも左手の親指の付け根がゴリゴリに固くなっていたようです。ジョアン・ジルベルトのビデオを見て、コードチェンジをもっと早くせねばいかん!と奮起して練習していたのが原因と思われますが、コードチェンジを早くするためにそんなにも腕だけに負担がかかるのは違うような気がする。やり方がどこか間違っていたのだろうか?! ジョアンは肩こりや腰痛はないのだろうか?

と、帰ってからいろいろ考えてみました。

ジョアンは足を組んでないし、ひざが揺れてるので関節もゆるゆるな感じなんですね。私は右足を上に組んでるので根本的にバランスが悪くて、どこかで余分な力を相当使ってるに違いないです。

ブルーノートでジョアン・ボスコを見たときは、彼はちょうどいい位置に足台が付いたスツールを使っていて、わざわざブラジルから持ってきたのかと思われました(これは私の想像なんだけど、彼の演奏にその椅子が大いに役立っているように見えたので)。やっぱり彼も両足共しっかり膝が曲がっていました。つまり2人とも、縁台に腰掛けるみたいな感じで座っているんですねえ。

ちびっ子の私が同じ状態になるには、お風呂の椅子でも使わないとダメそう。。もしくはステージの地べたにあぐらとか(梓みちよかよ!)。

ともかく、ギターを弾いた後は「猫のポーズ」が必須であります。

| | トラックバック (1)

2005.12.08

ライオンと魔女

変な夢をつづけて見ました。

おとといはアマガエルが蝿を背負い投げしてた。昨日は象と一緒に歩いてました。きっと昨日まで読んでた『ライオンと魔女』のせいです。終わりのほうで動物や魔物がいっぱい出てきてから。。

この本を誕生日のプレゼントでもらって、たまには童話もいいかぁと読んでいまして。今週になってストーリーが急展開したんで、寝る前に夢中で読んでたんです。

ライオンのアスランは、ジャングル大帝のレオのお父さんを思わせるようなカッコいい人物です。彼が子供の身代わりになって死んじゃってまた復活するところは、アスランの魅力満載です。魔女につかまってタテガミを剃られるところがショッキング。丸刈りになったアスランに(それを想像するだけでも悲しいのに)魔物たちが、こいつただのネコじゃん!って。けっこう残酷~。

実はキリスト教からきているお話でもあるので、そのような場面もあるのです。そう考えるとハラハラしなくなっちゃうので、私はファンタジーだと思って読みきりました。

ちょっとしか出てこないけど、最後の方の巨人さんもほんわかしてて好き。名前が「巨人ごろごろ八郎太」で笑っちゃいました。ぶっとんだ和訳ですね。八郎潟をつくった八郎を思い出しました。

『ライオンと魔女』は来年の3月にディズニー映画として日本でも公開されるらしいです。予告編を見たらルーシィがとっても可愛かったので私も見に行きたいです。でも本を先に読んでおく方が絶対面白いと思いますよぉ。

***************
『ライオンと魔女』の本
『ライオンと魔女』映画の日本語サイト
『八郎』の絵本

| | トラックバック (0)

2005.12.06

停電 その2

can1 can2

昨日はその後、お気に入りのキャンドルスタンドを用意して悦に入っていたのです。

写真の手前にあるのは、こないだバリのお土産でもらった、貝に入れたキャンドルです。火をつけたら、なかなか景気良く燃えています。ふーん?と見ていたらそのうち黒いススが出てきて、貝殻ごとゴーゴー燃えだしました。きゃ~!どうするんだ、どうするんだ?!(と言いつつ「フッ」と吹いたら簡単に消えた)

きっかり停電予定の1:00になると電気が消えて、あらっガスストーブも消えました。
ガスストーブって電気で動いてるのね。。

というわけで、やはり「寝る」しかやる事はありませんでした。

| | トラックバック (0)

停電

nabe
昨日は某お宅で鳥鍋をごちそうになりました。鳥ガラでとったお出汁がトロ~リと煮詰まっててサイコウ!美味しくてホカホカな日曜の夜を過ごしました。

ところで、今日はもうすぐ付近の工事のため1時間停電があるらしいのです。何をして過ごそうかなと考えてみると。。電気なしでできることってもう最近の生活ではあまり思いつかないですね。

寝ちゃえば簡単だけど、めったにない停電を楽しんでみたい気もします。ただいまキャンドルを用意してスタンバイしております。みんなだったら何しますか?

| | トラックバック (0)

2005.12.02

いろいろ

4人編成のライブが2つほど続きました。仙川のkick back cafeでは、パーカッションのセイジさんと久しぶりに共演でした。音がぐんとシャープになったみたい!それを本人に伝えると「やせたからかもしれません」とのこと。ウォーキングをやってるんだそうです。よく見るとホント彼は前より随分やせておられました。偉い!

プラッサ・オンゼでは、おなじみのジーンさんがドラムス。今回ちょっと難しいニュアンスの曲を沢山持っていったので大変だったかもしれませんが、本番ではよく頑張ってくれました。コモさんのベースがっちり支えてくれたこともあり、なかなかいい感じになったと思います。

パーカッションもドラムスもとても難しい楽器。ボサノバでは特に音量を抑えないといけないので、リズムをコンスタントに出してかつ軽やかに叩くのは至難の業なんです。だからステージで活躍できる人も限られてしまうんだけど。。プラッサのクラウジアさんも言っていたけれど、その人にしか出せない音があるから、いろんな人にそれぞれ頑張ってほしいし若手もどんどん増えて欲しいと。私もそう思います。

さて。昨日はエレアコ"たかみねこ"をピックアップの修理に出しました。谷口楽器が見つからなくて御茶ノ水の通りを何度も行ったり来たり。とうとうアルツハイマーか?とあせりました。電話したら、駅の向こう側にお店が引っ越していました。リニューアルのためしばらく仮店舗なんだそうです。(他店のお兄さんは「潰れたみたいです」とでまかせ言っていました。ひどい~!) 次の出番までに修理間に合うといいんだけど。。

| | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »