« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006.02.28

おおはたさん

futatsu今日は偶然、おおはた雄一さんに会いました。前にも駅で出くわしたことがあったりしたんだけど、彼に会うとなぜか心持ちが爽やか~になって、次の日などにいいことがあるのです。これを私は「おおはた効果」と呼んでいます。それは多分彼がかもし出している自然体オーラのせいだと思います。

彼はライ・クーダーを敬愛するシンガーソングライターです。アコギや、ワイゼンボーンというスライドギターを弾きながら軽やかな歌を歌います。来週3枚目のアルバムが出るそう。いろいろ話をきかせてもらいました。レニーニのパーカッショニストも参加したりで作品の幅がひろがった、などなど。楽しみです。

スライドギターって今まで興味なかったっていう人は、一回彼の音を聞いてみたらいいと思います。ス~ッと入ってくるはずですよぉ。

おおはた雄一さんのサイト
http://yuichiohata.com/

| | トラックバック (0)

2006.02.26

チャリティー・オークション

e-musicのサイトでニューオーリンズのハリケーン被災地のためのチャリティー・オークションが始まりました。私も出品させていただいています。

milton私からの出品は、ミルトン・ナシメントの「Travessia」アナログ盤です。
http://www.e-musicnet.jp/auction/auction_list.asp
いいアルバムですよ~。空と大地が見えてくるような。
私はこの中のcataventoという曲がお気に入りです。ジャケットの色合いも絶妙で大好き。

ぜひゲットしてください。
といいたいけど、終了まで60日以上もあったら入札できないよねえ。。何故にこんなに長いの?

| | トラックバック (0)

2006.02.24

佐原

千葉の佐原というところに行きました。去年は安房鴨川まで行ったのでこれでだいぶん千葉のこともわかったつもりになっていたのですが、今度は成田空港の方面で路線も全然違います。千葉はやっぱり広いです。

会場の「吉庭」は日本家屋を改築してつくったレストランで、とても贅沢な場所です。お食事のあとに離れに泊まることもできるようになっています。私もいつかお客さんで来てみたいものだワ~。そして私の生徒さんのご両親がわざわざ茨城から見に来てくださり、初の対面となりました。うれしい。

上西嬢との演奏はたしか今年はじめて?前回から少し間があいていたけれど、その間にもお互い少しづつ変わっているのかもしれず、それがいい方向に出てる感じがします。お客さんは演奏時間にはすでに食事を終えていて大変集中して聞いてくれました。普段の半分の曲数だったのにすごく密度の濃い時間でした。終わった後ぐったりして血糖値がゼロ!ご両親にいただいた生チョコをさっそく開けてつまんでしまいました。

帰りは高速バスに乗り、一時間で東京着。

| | トラックバック (0)

2006.02.23

bitter sweet

新しいCDの情報をサイトにアップしました。

この「bitter sweet」というアルバムは、去年の6月に録音したものです。

私がずっとお世話になっている神戸のお店「cafe fish!」が音楽の企画をスタートし、私に何か作らないかと声をかけてくれたので、昨年の今頃に取り掛かりました。担当の北村氏は1st「calor」を出す前から私の演奏を聴いてくれているので、一緒に1枚作れたことはホントうれしいですネ。発売は東京のレーベルからです。

今回は関西のフリューゲルホルン奏者『みちしたの音楽』道下克己さんにプロデュースをしていただきました。今までのアルバムにもトランペットが1曲づつ入っていますが、今度はほぼ全曲に入ってます!味わい深いです。

あとは、高松に行った直後に歌とギターを入れたので、讃岐うどんの炭水化物パワーが入ってます。

曲はほとんどがポップスのカバーです。好きな曲ばかりを厳選しました。ポップンボッサ(?)という感じでしょうか。今までの2枚とこれを通して聴いてもらえたら、きっと私のことがよくわかってもらえるんじゃないかなと思います。

みなさまヨロシクどうぞ!

| | トラックバック (0)

2006.02.19

いろいろ

ライブから帰って、お風呂に入って、ストレッチして、ただいま濃いー入れたての緑茶を飲んでいます。

今日のバー・ポルトのソロライブは音が気持ちよくて、大変快適でした。昨年9月の開店から徐々に機材が充実してきていて、今回はキャノン入力のケーブルや弾き語り用のブームも揃えてくださっていました。ヤマハのスピーカーも増えていました。そのうち、ここのお店の音のファンになる人が増えるかもしれないです。

大阪や新潟からのお客さんも来てくれて、こじんまりしたお店がにぎわいました。大阪のTさんに会うのは久しぶりです。お友達の女性がまた面白くて、殿方のおヒゲが好きなんだそう。特に一日半ぐらい経った無精ヒゲがたまらないとか。。終了後はヒゲ談義に耳を傾けました。

新しいアルバムはジャケットができつつあります。表紙、可愛いですよ~。

| | トラックバック (0)

2006.02.15

ダイアナ漬け

The Girl In The Other Room/Diana Krall
あれからライブ・イン・パリスのDVDを入手しようと思ってCD店に行ったけど置いてなくて、でもどうしても1枚聴きたくて代わりに買ったアルバムです。

コステロと一緒に作ったというのでこれを選びました。正直言って最初は地味なアルバムだな、こんなもんかな?ぐらいの印象だったのに、スルメのような味わいで、その日から毎日1回は聴かないとおさまらないようになってしまった!そんなアルバム一体何年ぶりでしょう。

まるで女友達がぶらっと部屋に来たような不思議な安堵感。「最近はこうで...ああで...。疲れちゃうのよ、まったく」などと言い、そのうち少し酔って「近頃のオトコは頼りなさ過ぎる」とぼやき、終電の前に「さー明日も仕事だ」とさっさと帰っていく。そんな普通の女性。いばってもいないし、謙遜もしない。

ちなみに、近頃のオトコは...というのは「Love Me Like A Man」という歌のことなんですけども、昔ボニー・レイットがカバーした曲のそのまたカバーです。ざっくりした演奏が良いです。トム・ウェイツの「Temptation」もよかった。

上のような話をこないだ津田沼salaのHさんに一生懸命まくしたてたところ、ダイアナはデビューの時から好きでアルバムは全部持ってると言われてしまいました。私が気が付くのが遅すぎただけのよう~。やっぱり音楽をもっともっと聴いていきたいと思うこの頃です。

| | トラックバック (0)

2006.02.14

黄色い夢

久々にへんな夢を見ました。

私は夢の中で大学中退ということになっていて、そのことが気になっている。それでちゃんと行きなおそうということになり、いくつかの学校を受験するのだが、ことごとく不合格。シャレのつもりで受けた音大にかろうじて合格できたのである。

二次面接というものに行くと、面接官がブラジル人の老紳士。ブラジル音楽を歌っていますと言うと「をを!!私はボロロー(ブラジルの古い作曲家)と友達だったのだ」とすごく感激されてしまった。そして「あなたは合格だ。もしよかったらウチの大学で教えてみない?!」と言われた。。生徒になるつもりで行ったのに教壇に立つなんて恐れ多すぎるので、卒業するまで待ってくださいと返事をする。

入学のパンフレットをもらって帰りそれを読んでいると、茶羅加学科というコースがあり、そこでは「おちゃらか」を教えているらしい。日本の伝統的なリズム"おちゃらか"を探求しますと書いてあり、黄色い着物をきておちゃらかをする人々の写真。

私は茶羅加学科にすすむことに決めたが、これから早起きして授業に通ったり、おちゃらかの試験勉強をしたりすると思うとなんとなく気が重い。それでも気を取り直して申込書を書こうとした時、あることを思い出した。そうだ、大学はちゃんと卒業してたのであーる。周りにいた友達が「そんな大事なこと忘れてたの」とあきれている。

な~んだ。。
途端にやる気をなくしたところで目が覚めました。
着物の黄色が、鮮やかだった。。

大学なんて別にどうでもいいのに、どうして夢の中の私はそんなに大学を卒業したかったのかなー?きっと何か、やりかけでまだ終わっていないことが気になっているのかもしれません。

| | トラックバック (0)

2006.02.06

ライブ

昨晩のストリングスのライブはいろいろ収穫がありました。新しいアルバムの曲を初めてやってみたところ、思いのほか上手くいったのでうれしかったです。二村さんとコモブチさんとはここ2、3年で演奏をかさねてきて、イメージをすんなり伝えられるようになってきた気がします。時間の積み重ねは偉大だなあと感じた一日でした。

明日はパーカッションの福和誠司さんとです。パーカッションとのデュオは初めての試みです。楽しみだー。

| | トラックバック (0)

2006.02.03

中身がすごい

bossajuke「SUPER JUKE BOX 3000 ボサ・ノヴァ」
身もふたもないようなジャケットとタイトルですが、実はいい音源がいっぱい入ってる楽しいコンピレーションなんです。4枚80曲で3000円というお値段でとってもお得です。

箱を開けてみて驚いたのは、40ページぐらいのライナーノート。ボサノヴァの解説からアーチストの紹介、半数の曲を抜粋して歌詞と対訳が載ってるんですよ。解説は石川真男さんという人の文章で、これが短いながらも鋭すぎる。ジルベルト・ジルはMPBの人だけど原点はボサノヴァだ、とか、ハッとするようなことが色々書いてあります。こんな、100円ショップで売ってるようなパッケージの下に(ごめんなさい)愛のある世界が広がっていて、なんだかいいぞ。

Amazonのサイトでは曲目が大幅に違っているので、こちらをどうぞ。
http://www.universalmusicworld.jp/jukebox/bossa.html

| | トラックバック (1)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »