« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006.10.31

秋も深まり

061030_01
大変忙しかった10月が終わろうとしています。
影が長くなりました。でもシャツ一枚で過ごせるような陽気がつづいています。
私のやらねばリストには"衣替え"という文句がずっと書いたまま。。寒くなる前にやらねば。

昨日はライターのガモウユウイチさんとお会いして、彼が手がけている音楽誌「vous allez bien?」のインタビューを受けました。ガモウさんは「CALOR」以来ずっと私のアルバムをレビューしてくれていますが、実はお会いするのは初めてでした。いつもディープで硬派な音楽を選んで取り上げておられて、ジャンルもとてつもなく幅広いのです。ちょっとコワモテの感じかしら?と想像していたら、とても穏やかな人で意外でした。

vous allez bien?
http://vous-allez-bien.com/

インタビューの後、ガモウさんと知り合うきっかけとなった人物であるフルートの吉田くんがわざわざ打合せ場所まで出てきてくれて、久しぶりに再会。吉田くんの話は相変わらず面白すぎる~。音楽や本の話など、昼間から盛り上がってしまいました。

明日は高円寺「アフターアワーズ」で同じくフルート上西智子さんとライブです。音がいい場所。楽しみです。

061030_03

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.10.29

映画館ライブ

『oi,ビシクレッタ』の上映記念ライブ、無事に終わりました。

映画館という場所はなにしろ初めてなので、どんな風になるか想像がつかず、前日までそわそわした気持ちでいましたが、いざ始まってみるとすごく楽しくてあっという間に終わってしまいました。
結局、ホベカルの曲
「como e' grande o meu amor por voce」
が、一番ハマっていたような気がします。
聴いている人に語りかける力がある曲ですね。

終了後、配給会社の方々とすぐ近くのバーblen blen blen で打ち上げに。
マスターにはbar bossaにお世話になってた時にお会いしたことがあります。
オープンするので来てくださいねと言われていたのに、それから1年も経ってしまってて。。ごめんなさい。
久しぶりにお会いするマスターの口元には何か小さいキラリとしたものが光っていて、は~、道玄坂にバーを持つと唇にピアスなんかしちゃうのね~と思ってまじまじと見たら、それはご飯粒でした。。
とっても居心地のいいお店でした。

配給会社の新日本映画社さんは、各国の有名でないけど良い映画を探してきて国内で上映しているそうです。ベルリン映画祭に出かけて一日に10本あまりの映画を見て、配給する映画を決めるそう。次に手がけるのはハンガリーの映画とのこと。そんな興味深いお話もたくさん聞けました。

『oi,ビシクレッタ』は11/3まで上映してます。まだ見ていない人は、ぜひどうぞ。
渋谷 シネマANGELICA


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.27

いろいろ

昨日ははるばる高知から来られた生徒さんのレッスンをしました。
せっかく東京に来たので何かライブを見て帰りたいとのこと。私もちょうどプラッサにチラシを持っていこうと思っていたので、優子さんのライブへ。エレキギターの太郎丸さん、アコースティックの阿部さん、2台ギターのコンビネーションが曲にぴったりはまって、バンドのまとまりがあって素敵。良いライブでした。生徒さんも喜んでおられた模様。

楽しい一日だったなぁと思いつつ駅に向かうと、中央線が事故で遅れていました。おとといも同じ時間にそうでした。最近多いなあ。。20分ほど待って、来た電車はギューギューで乗れませんでした。ちょうど新しい本をカバンに入れてきたので、丁度いいやと思って駅で読み始めたら、帰るまでに短編ひとつ終わってしまいました。

川上弘美の『蛇を踏む』
ぎょえーーー。こんなに面白いとは。今まで読まなくてごめんなさい!
阿部公房の人魚伝や、宮沢賢治の黒い竜が出てくる話を思い出しました。

読む人によって好き嫌いが分かれそうな感じもするけど、どうかな~。
音楽をやっている人は、気に入るかもしれません。
この話が今の気分に合っているのか、夢中で読みました。
私の部屋に蛇さんがきたら、私はどうしましょう。。
身につまされる問題です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.26

Bonnie Raitt and Friends

今月はナラ・レオンばっかり聴いているのですが、先日は生徒さんが貸してくれたボニー・レイットのDVDを見ました。

Bonnie
Bonnie Raitt and Friends

この人は年齢を経ても声の衰えを感じさせません。きっと無理のないスタイルをもとから身に着けているのです。ガル・コスタやマリア・マルダーのように、ぎりぎりまで声を追い詰めて魅力を発揮したシンガーも大好きだけど、今となっては花が枯れていくような寂しさを感じてしまう。。その点ボニー・レイットは常緑樹のようで、たのもしい気にさせられます。

デビューから30年以上弾き続けているスライドギターはもう体の一部のようで、ゆったりスイングする彼女の立ち姿がとてもしなやか。一挙一動がカッコいい!ライブの映像って、これがたまりませんね。

ゲストをたくさん迎えながらも、演奏は淡々といつもどおりやってますという感じでした。でも、いぶし銀という言葉がぴったりな味わいがより深くなったようにも思います。どの曲もボニー独特のコードづかいや節回しがあって、ずっとアルバムを聴いている人には「そう、これこれ!」と嬉しくなるものです。

最後にノラ・ジョーンズを迎えて2曲歌いました。
「私の大好きなシンガーで、鍵盤奏者。そして新しい友人です。」といってノラを呼びます。他のゲストとはあきらかに違う特別な雰囲気です。そしたら小さいノラがたたたたっと出てきて、まるでスタッフの女の子がマイクを直しに来たみたい。可笑しかったです。でもキーボードの前に座った途端にどっしりと別人のようになって。。お母さんみたいなボニーと堂々と渡り合ってしまいました。ノラには音楽の神様が付いている、そう思いました。ボニーも目を細めてニコニコ。2人は声も似てますね、親子みたいでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.25

クマちゃんケーキ

プラッサ・オンゼにおいでのみなさま、ご来場どうもありがとうございました!
それに、この一週間はお花やいろいろプレゼントも頂いて、ほんとに温かい気持ちにさせていただきました。

お店からバースデーケーキもいただきました。
去年もいただいたので予想できる出来事なはずだったのですが、演奏に夢中になっていたのですっかり忘れていました。出てきた時にびっくり!

061024_01
いやーん、クマちゃん可愛い~。超可愛い~。

こんなにしてもらってていながら、この日はお客さまが少なめで申し訳なかった。。新しい一年、またこれから精進しなければです。

精進といえば
二村希一さんがライブの前にポータブル・レコーダーをセットしている姿が昨日は印象に残りました。
先月から3回ご一緒しているのですけれども、毎回ライブを録音されています。
あれだけの腕前があって経験があって、それでも毎回自分の演奏を録ってチェックするという人は、あまりお目にかかれないもの。。二村さんのキラキラ輝く演奏は、そういう日々の姿勢のたまものなんだと気づきました。それも私にとっては大きなバースデープレゼントでした。

061024_02


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.10.23

明日のプラッサ

10月ももう終わりに近づいてきましたね。
明日10/24のプラッサオンゼはバースデイライブと称してお届けします。(実際はもう過ぎているのですが!)

メンバーの中にも10月生まれの人がちらほら。楽しい演奏になることでしょう~。
みなさまお待ちしております。

●10/24(火) 東京・青山「プラッサ・オンゼ」 - Birthday Live!! -
20:00start
山本のりこ(vo,g)、Steve Sacks(sax,fl)、二村希一(key)、コモブチキイチロウ(b)
アクセス:地下鉄表参道駅 徒歩5分 tel:03-3405-8015 東京都港区北青山3-5-2
http://www.praca11.net/
Music Charge:¥2,000

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.10.22

ラグラス

昨日は小平のカフェ「ラグラス」で演奏しました。
春にやったライブの時よりも、音がカラっとして爽快でした。
お天気が続いているからかしら?
あ~、何時間でも歌っていたいような感じ。。
あっという間に時間が過ぎていきました。

061022_01
入り口から見ると、なにやら楽しげなラグラス。
誰でもふらふら~っと入っていきたくなりそうなお店です。

いつもステージまわりにユニークな飾りつけをしてくださるSさん。昨日のテーマはハロウィンでした。
おもしろい人形がステージの横にぶらさがっていたので、ねだってもらってきました。

061022_02
仮面舞踏会?
見ればみるほど笑っちゃいます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.21

沼津、三島

沼津と三島。

061021_01
早朝のブルーウォーターのテラス。快晴です!
眠気まなこで到着しても、この景色を見るといつもシャキ!やる気満々になります。

いままではずっとソロだったのですが、今回は初めてのデュオです。
共演の島さん(Tp)も、この場所をいたく気に入ってくれたみたいでよかった。
また、ライブでは彼の存在感をあらためて認識させられました。お客さんもみな、たちまち心をつかまれていたという感じでした。

061021_02
ランチライブが終わって、おなかぺこぺこで夕方の沼津港へ。
秋刀魚のお刺身いただきました。美味でした。

061021_03
すぐに三島に移動。
今回はダブルヘッダーで、夜は広小路の「ディレッタント・カフェ」さんではじめての演奏です。
沼津の狩野川は大きい川ですが、三島の源兵衛川はこじんまりとした清流で、いろんなところに小さい橋がかかっています。このお店は"時の鐘橋"の下にあり、ほんとにシックで素敵なお店でした。昼間のブルーウォーターから一転して、ほのあかりの川のせせらぎを見ていると、1日で2日分を過ごしているような気分でした。

源兵衛川は街中にあるのに、水が飲めるんじゃないかと思うぐらい透明です。
私の携帯、暗いところが撮れないので、見ていただけなくてとても残念。。

ここでも島さん大人気でした。すごい~。
お客さんも、ものすごく熱心に聴いてくださいました。ライブの準備などをずっと手助けしてくださった、サックス奏者のおおたけさんにも飛び入りで参加していただいて、彼の演奏がまたとても良かった。盛りだくさんな内容になりました。

この日は近くの和風旅館で休みました。
小さいけど気持ちのいい浴場がある宿で、夜中にお風呂ひとりじめさせてもらいました。

061021_04


| | コメント (0) | トラックバック (0)

小平

静岡の2つのライブ、無事終えて帰ってきました。
お天気にもめぐまれて、楽しかったです~。写真などまた後日。。

今日は小平のカフェ・ラグラスでライブです。
残席少なくなっているそうですので、お出かけの方はあらかじめお店へお電話くださった方が良さそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.19

今日は

お昼は沼津、夜は三島でライブです。みなさまお待ちしております。
いってきまーす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.18

トウガラシ

週末からご心配かけていた風邪ですが、たいしたことのないうちに治ってしまった模様です。
いつのまにか、症状が出る前に自力で治す方法を覚えてしまいました。

061018

折りしもWさんから自家製の元気なトウガラシが届いたばかりだったので、ふと思いついてそれを白湯やお茶に入れて飲んでみました。そしたら、効く効く!汗がガンガン出てきました。(甘いミルクティーに入れても美味しかった) トウガラシって血行を良くしたり、抗菌作用もあるらしいですね。コップには、ずっとトウガラシを入れたままです。Wさん、感謝です~(お料理に使えなくてごめんなさいー)。

それから、私がいつもやってるのは、首にスカーフやマフラーを巻くことです。
治るまではずっと巻いてます。旅の時なんかも、体力の消耗を防ぐのでよいですよね。

それからもうひとつは、目に見えない風邪を、渾身でにらみつける(笑)。
実はこれが一番よく効くんです。

みなさんも体に気をつけてくださいね!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.10.17

oi,ビシクレッタ その2

下の「oi,ビシクレッタ」の記事にあやしいトラックバックがつきました。

"今月中に100万円しか稼げない方法を伝授!"
ですって。(あやしいのでクリックしちゃダメですよ~。)

ビシクレッタのお父さんは月に1000ヘアル(10万円ぐらい)でいいと言っているのですが。。はは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.13

映画館リハ

今日は渋谷の映画館アンジェリカで、事前のサウンドチェックをしてきました。
Forro LegalのヒデさんがPA機材を持ち込んでくれ、音はうまくいきそう。安心しました。
200席もないぐらいのホールで、演奏もしやすそうです。

配給会社の方からは、ホベルト・カルロスの歌とジョビンなどの有名なボサノヴァ曲があれば嬉しい、という要望があって、演目を考え中です。今日実際に会場で歌ってみると、ホベカルとジョビンの音楽はあまりにも違っていて、続けてやると結構違和感がありました。選曲むずかしい!当日まで悩ましいです。

明日10/14は吉祥寺「アウボラーダ」でRosaRoxaライブです。
ご来場お待ちしてます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.12

おみくじ

本日10/12は国分寺「クラスタ」でライブです。みなさまお待ちしております。

新潟で演奏した時にお世話になったミヨコさんが東京にオフィスを構えたということで、昨日はイベントの打合せに行ってきました。4年ぶりにお会いしたので何時間も夢中でしゃべり続けて、いつのまにか夕方に。

帰りは青山通りから渋谷へのんびり歩きました。
宮益坂を下っていると郵便局の横に長い階段があって、その上に鳥居が。
へえ、こんなところに神社あるんだー。
地味な入り口なので今まで全然気づかなかったです。
御嶽神社。こじんまりした清楚な神社でした。

061011_02

おみくじ引きましたよ。何年かぶりに。
よく読むと面白いこと書いてありますね。こんなのでした。

旅立: さわりなし よろし(来週、旅です!)
商売: 利益あれど少なし(ほっといてヨ!)
争事: 勝つ 静かにせよ(そうします)
転居: よろし 東が吉 (えっ)
出産: 安心せよ 安産 (といわれても、)
縁談: 叶う あまり返事をながびかすと悪い (明日メールで。。)
待人: おとずれ有 (Pro Toolsで修正)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.10.11

マンションだより

先日、久しぶりに水道工事のおっちゃんがマンションに来てました。
前の日記を読んでいるみなさんにはもうお馴染みですが、このおっちゃんが来ると、必ず何かが起こるのです。

案の定、その日の夕方に、突然トイレの手洗い水が2倍ぐらいの勢いで出るようになりました。
タンクにかぶさっている水受けトレイの容量を超えんばかり。
住んでる人から水圧調整のお願いか何かあったのでしょうが、やりすぎだよ~。

お風呂はどうなったんだろうと試しに入ってみると、これがまたものすごい水圧で、一流ホテルも真っ青のマッサージシャワーに変身しておりました。
浴槽も5分で満杯になっちゃうんです。
これは嬉しいかもしれない。

おっちゃん、やるなあ。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.10.09

oi, ビシクレッタ

三連休はみなさんいかがでしたか??
さて10/14~11/3の間、、渋谷の映画館アンジェリカで「oi, ビシクレッタ」というブラジル映画が公開されます。パライーバ州からリオまで3200kmの道を自転車で旅する家族の、ほんとうにあったお話なんだそうです。

Oi1

たいした事件が起こるわけでもなく、道中がほのぼのと、時にシニカルに描かれています。私は今まで見たブラジル映画では「セントラル・ステーション」とか「私の小さな楽園」が好きですけど、同じような雰囲気なのでとても気に入りました。ロードムービーって好き。。スペインの「エル・スール -南へ-」もすんごく良かった。。なーんか空や道がスクリーンに映っているだけで、遠いところに飛んでいけるんですよね。

この映画の中でホベルト・カルロス の音楽がたくさん使われています。
ホベルト・カルロスは日本で言うと、桑田佳佑みたいな存在かな。。みんなが知っていて歌を口ずさむことができるようなポップ・ロック歌手です。

ホベルトの曲は、いろんな形でこのお話の中に登場します。
お母さんが日銭を稼ぐために投げ銭でうたったり、子ども達が歌ってプライドの高いお父さんを批判したり(エリスが歌った「Se Voce Pensa」)、朝のラジオでかかっていたり、街頭のTVでホベルト本人が歌ってたり。さりげなく気の効いた演出が素敵なんです。

お母さん役のクラウジア・アブレウもすごく魅力的でよかった。
「クアトロ・ジアス」や、カエターノが音楽をやった「チエタ・ドゥ・アグレスチ」にも出てる女優さんです。彼女が歌うシーンでgrandeをグランディと発音してるのが印象的でしたが、役柄を考えてそうしたんですね。あるインタビューで『クラウジア・アブレウが劇中で歌を披露、しかも訛りつきで』と書かれており、その理由などを語っています。
http://www2.uol.com.br/setonline/sessao_extra/ent_10_03_claudia_abreu.shtml

Oi2

東京のあとは全国の主要都市を巡回するそうなので、みなさんもぜひ見に行ってみてください。
http://www.espace-sarou.co.jp/oi/

ちなみに、10/14、21、28の最終回の前にミニライブが予定されています。
3回のライブで映画と同じように北東部からリオへ音楽が下っていくという、これまた楽しそうな企画。
私は10/28に出演させていただいて、ホベルト・カルロスの歌やリオにちなんだ歌をうたう予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.07

大阪

大阪の「グラナダ」で久しぶりに演奏して参りました。ご来場のみなさま、ありがとうございました!

ここはやっぱり落ち着く場所。。初めてお店に来られたお客様、気に入っていただけたでしょうか??

マスターも相変わらずお元気そうでよかった。
なかのマスターはすごい記憶力の持ち主で、私が初めてここで歌った時のことも、前回のライブがどうだったか、前々回のライブがどうだったかも、克明に覚えておられます。そんなだから、前より成長しているなと少しでも思ってもらいたい。。毎回ドキドキであります。

実家は秋真っ盛りで、雨のしずくにぬれた萩の花が綺麗でした。

先日から読んでた本、石田衣良の「うつくしい子ども」を行きの飛行機の中で読み終わりました。夏にお友達のAさんが文庫本をたくさんくれて、その中にこの本が。人にもらわなかったら、石田衣良を自分で選んで読むことはなかったでしょう~。予想に反して不思議な面白さでした。本をもらうというのは、いいもんですね!帰りに池袋うんとかなんとかという本を購入しました。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.10.05

本日

大阪へ行ってきます。「グラナダ」でお待ちしていまーす!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.10.02

前橋

週末に前橋の「G.FACE CAFE」に行ってまいりました。

061001_01
これは向かいの群馬会館です。
ねー、イタリアの街角みたいでしょう!!なんて素敵な景色でしょうか。

061001_02
こっちが「G.FACE CAFE」の入っている昭和庁館です。群馬県庁や美術館も同じ建物に入っています。

061001_03
ふたたび、群馬会館。うーん、優雅です。

建築をやめてしまって使う側になってから、建築の良さがよくわかるようになった気がします。なぜ良い建築が世の中に必要なのかも。そんなことは昔は全然わからなかったんだけど。音楽も、ミュージシャンをやめたらもっとよくわかるのかもしれないな、なーんて。。

天井の高い昭和庁館でのライブは、音の響きがやわらかくて、大変快適にできました。お客さんも1曲ごとにじっくり聞き込んでくれていって、今年のなかでもすごく印象に残るステージになりました。次回は来年かな?群馬のみなさん、楽しみにしています!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »