« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007.01.26

プラッサ・オンゼ 25周年記念

プラッサ・オンゼの25周年記念イベント、ただいま開催中です。
1/24(水)~1/30(火)という7日間に渡るロングランのイベントとなってまして、ただいま4日目を迎えております。私は2日目金曜日のステージに前田優子さんとのカップリングで出していただき、無事に終わりました。一緒にお祝いしていただいた皆さん、楽しかったですね~!ほんとに!幸せな夜でした。

初日も大変いいライブで大入り満員だったようで、夕方にお店に入るとクラウジアはいつもの「疲れた~」を連発していましたが、その顔は実に嬉しそうで若干興奮気味でもありました。ブラーマビールの大箱も軽々と運び、25年若返ったかのよう。その様子を見ているうち、今日は良いライブにしなければという気持ちが膨らんでくるのでした。

お祝いの花篭が次々と届き、お客さんが入って、スタート。最初の1、2曲ぐらいはいつになくドキドキしました。特にソロでやった「酔っ払いと綱渡り芸人」。これはお店に捧げて歌おうと決めてたんですよね。"すべてのアーチストがショーを続けられるようにしなければ"という歌詞の一節が、すばらしくプラッサ・オンゼにぴったりだから。。でもその歌詞のところに近づくにつれて、胸が詰まるというかぞわっとするような感じがしてきて、途中で止まってしまうんじゃないかしらと思いました(最後まで歌えましたが、、)。

後半の優子さんバンド。とてもクリエイティブなステージを見せてくれました。声もいつもに増して艶やかによく通っていましたね。私は自分の出番が終わってゆっくり見させていただきましたが、この日の演奏は彼女のバランス感覚の絶妙さが際立っていた気がします。大胆さと緻密さ、品の良さと不良っぽさ。最後は私もまぜてもらって「ウッパ・ネギーニョ」をセッションしました。

クラウジアからちょっとした店主挨拶。「この店はこのまま朽ち果てていきますから」という訳がわからない迷文句が飛び出し、店内爆笑。。でも、葉っぱが土に還るみたいでいい言葉だと思いました。私もミュージシャン25周年になったあかつきには使わせてもらおうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.23

インドカレー

今日は昼間にショーロの予習をして、夕方から弦を買いにいきました。
大久保から新大久保まで歩く途中、インドカレー屋さんが新しくできてるのをを発見。
無性に食べたくなったので、そそくさと買い物を済ませてお店へゴー!しました。

種類もいっぱいありますよ~。
私はキーマカレーを頼みました。ナン付きで680円、安いです。
いったいどんなものが出てくるだろうと待っていたら、30センチぐらいある巨大ナンとサラダボウルぐらいの器に満杯のカレーが。思わず「大きいですね!」と言ったら、内気そうなインド人店員さんは気の利いた返事ができず、「オオキイデスネ」と復唱するように返ってきました。何だかほのぼの。。

店内のTVにはインドのアイドル歌手と思われるビデオクリップが流れていて、マライア・キャリーをアジア風にしたような女の子がはつらつと踊っていました(お店の人に聞いたら、彼女はカリーナという大人気タレントだそう)。後ろにダンサーが20人も30人もいて、まるでザッツ・エンターテイメントみたいな豪華さ。な~んか、日本って全然負けてる、というか終わってると思ってしまった。。やっぱりカレーが元気の基なのかしら。

いい感じのお店だったので、また行きたいです。
(カレーは美味しかったと思うんだけど、量が多すぎて途中から味がわからなくなりました。)

インド&パキスタン料理
シディーク 大久保店
http://www.siddique.co.jp/


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.21

ポルト、パソコン、3本ライブ

金曜のライブは沢山の方においで頂いてありがとうございました。
それもバラエティに富んだお客様で、嬉し楽しいひとときでした。
いつも来てくれる方。久しぶりの友達。CDを聴いて初めて出かけてこられた方。。
初めてポルトに足を運んだ人々は、お店を気に入った様子でした。

終わり近くになってボファーナの小池さんが立ち寄ってくれました。
今までどこかで会って挨拶するぐらいだったのですが、あらためて話をするとギターや歌のことなどで共通の話題があって面白かったです。彼が弾語りをしてるCDがどこかでかかってて、軽くてキレのいい歌い方がよいなあ~と思った覚えがあり、そんな話もご本人にできて良かった。

週末はレッスンをする合間、夜中はパソコンの中身を大整理。
外付けのハードディスクを買ってバックアップに励みました。
どんどんファイルのサイズが大きくなってますからね~、ローカルが20GBで外付が40GBなんですから。。でっかい別荘を買って物置にするようなもんです。パーティションも切ったりして本当に内装工事みたい。

音楽もすっかりデジタルでやり取りするようになってきたし、最近は動画がブームだし。とにかくパソコンに向かってる時間が多いですね。結構パソコン好きな私ですが、この時間に散歩したり温泉行ったりする方が人生有意義だよ~と、この何日かは思ってしまいました。

来週はライブ3本あります!
1/25(木) プラッサオンゼ25周年 前田優子さまチームと夢の球宴
1/27(土) 荻窪ルースター RosaRoxa初出場の巻
1/28(日) 高円寺アフターアワーズ 上西智子さまのショバに殴りこみ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.18

明日は日暮里

070118

今日はすこし髪型を替えてきました。
3色にしたのは、初めてだ。

明日は楽しみな日暮里「bar porto」でのライブです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

香おりさんジャケ画

今週またブログのメンテナンスがあったので、もしかしたらコメント入力でご迷惑をかけたかもしれません。

1月は久しぶりの知人と音信があったりして、いいもんです。
「草の指輪」のジャケ作者、那須香おりさんから電話をいただきました。
ユニクロのトートバッグなどでも活躍されている彼女、去年はCDジャケットを数作手がけられたそう。彼女の絵はジャケットの形に収まると何とも言えず良いです。原画は結構ワイルドなのですが、それが印刷されると程よくポップな味が出てくるみたい。

Kaori
左:「桜の足あと」藍坊主(TOY'S FACTORY)
中:「ハナミドリ」藍坊主(TOY'S FACTORY)
右:「the movie Hula Girl presents Hula Style Music」(sony direct)

ハナミドリのジャケットは、何年か前に「生活の花」の個展で飾られてた絵です。初めて見たとき、すーっと惹きこまれるような感じがしてビビっときました。映画「フラガール」サントラ盤のハイビスカスも大胆で素敵ですね。彼女曰く、ハイビスカスは真ん中のめしべが難しいそうで、「花はめしべやおしべをちゃんと描かないといけないって最近分かった」とのことでした。なるほどねえ。しかしこうやって並べると、まさに"香おりワールド"って感じです。

本の装丁の仕事もしたいという彼女ですが、本の表紙はもっとクールなものが多いでしょう。そのせいか機会は少ないそうです。私個人的には、文庫本の表紙って影が薄いものを選んでるような気が。。中身より目立ってはいけないのかなあ。CDのジャケ買いはあっても、文庫本の表紙買いって聞いたことないもんね。。

でもそんな中でひとつ気に入っている表紙があります。

Kiregire
『きれぎれ』 町田康

寺門孝之さんという画家の絵です。
表紙も中身も愛すべき、大好きな一冊なのです。
頭にフタが付いている話がなかでも傑作。
町田さんの本は、あとがきもきちんとしてます(あとがきは大事だ)。

と、そんな話を香おりさんと電話でひとしきりしました。
面白かったな~!香おりさん、ありがとネ。


昨晩は、午後の珈琲音楽さんの寄り合いにひょんなことでお邪魔させてもらうことになり、雨の渋谷へ。これも久しぶりに代表のHさんとお会いしました。相変わらず熱~いパワーがみなぎっておられました。周りに元気な人達がいて、刺激をもらえる幸せ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.14

たまい先生

先日、小学校の時のピアノの先生からメールをいただきました。

実に、ウン十年ぶりです!本当にびっくりです。
私のCDを聴いてくださって、それでお便りをくださったんです。

たまい先生といって、若いきれいな先生で。
クリスマス会が先生のお宅であった時、生徒達がピンク・レディーの歌を歌ったら、先生はピンク・レディーを知りませんでした。たまい先生はお嬢様でした。

先生の家には小さいスピッツ犬がいて、庭で放し飼いになっていました。
門から玄関まで歩く間に勢いよく吠えて寄ってくるので、いつも私はおどおどしてました。その態度が気に食わなかったのか、ある日太ももをガブリと噛まれてしまったのです。怪我はたいしたことなかったのですが、先生のお母さんが動転して救急車を呼んでしまいました(笑)。あとにもさきにも私が救急車に乗ったのはそれ一度きりです。

私はミュージシャンになってから、先生のレッスンのことをよく思い出します。
譜面が書けたり、耳コピしたり、自由に転調できるのは、すべて先生のお陰。
C、D、E、F...丁寧に教えてくれて、とくに聴音に力を入れていました。
先生は大学を卒業したばかりで、私が第一号の生徒だったことを今回のメールで知りました。教えるのも必死だったそうです。

小学校三年生ぐらいの頃、ショパンの曲集のカセットテープが大好きで、擦り切れるほど聴いていました。奏者はルービンシュタイン。中でも「幻想即興曲」がお気に入りでした。私はその曲に合うお姫様の悲恋の物語を勝手に作って、毎日「幻想即興曲」の劇を頭の中で上演していました。

そのうちカセットテープでは物足りなくなって、とうとうある日のレッスンが終わった時、たまい先生に「げんそうそっきょうきょくを弾いてください」と言ってしまいました。

先生は目を丸くしてしばらく私の顔を見ていましたが、「今日は時間がないから、また今度ね」と言い、次のレッスンの時に全編を演奏してくれました。いままで見たことのない真剣な横顔に、私は喜ぶというより"えらいことを頼んでしまった"と思い、逆にしょんぼりして先生の部屋をあとにしました。

教師でも急にさらさらと弾ける曲ではないので、今思うと私のために一週間でおさらいしてくれたんですね。。到底、生演奏の良さなどを感じ取れる年齢ではありませんでしたが、誰の前でも同じように弾くのだという姿勢が小さな私にも何となく伝わってきたものです。子供ひとりを相手にあの壮大な曲を弾いた時、先生はいったいどんな気持ちだったんだろうと思い返します。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007.01.13

年はじめ

070113

外は寒いけど日差しが少しづつ強くなってきました。

年明けの「のみ亭」ライブは、ほのぼのとした雰囲気、楽しい一夜となりました。対バンのあおやぎさん、くみこさんと、もうお約束の曲になった「Romaria」を共演し、それからマリア・マルダーの懐かしいナンバー「Any Old Time」にも初挑戦。終わってからあおやぎさん達と打ち上げに行くも、久しぶりなので夢中になって話をしてるうちにすぐに終電の時間が来ました。活動のフィールドが違うので、かえって音楽の普遍的な話ができて貴重でした。お2人とのご縁はこれからも大切にしていきたいものです。

先週は9日の仕事始めとともにいろいろな連絡事項のメールが吹き出るように舞い込み、返信などに追われた一週間。すっかりお正月気分も抜け。。ぼやぼやしてると"一月は行く"のでしょうね。

それから、年末に受けた区民健康診断の結果を頂きにいきました。
何も異常はありません。血液もサラサラですよ。
と、半笑いでおっしゃる先生。
なぜ先生が笑っているのか?おそらく結果が良すぎるからなんでしょうか。
前夜に忘年会で爆食&飲酒したにもかかわらず、何の影響もないんだから。強靭な体をくれた親に感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.06

風邪、お正月セール

お正月の三日ぐらいから、風邪をひきました。
ちゃんと風邪をひいたのは2年ぶりぐらいかと思います。
風邪中のライブは非常につらくてイヤなので、去年は引き掛けても無理やり薬で退治したりしていましたから。。そういうのって、いけないんですよね。今度こそ逃げられないと観念してお付き合いしてみました。でももう随分良くなってきましたヨ。

明日1/7は西荻の「のみ亭」で今年の初ライブです!
対バンはあおやぎとしひろさん(vo,g)&くみこさん(acc)。
実は昨年、友人であるこのおふたりのライブにお邪魔したのがきっかけで、急遽歌わせていただくことが決まりました。

10人ぐらいで満席になるような小さなお店です。
ですから演奏は完全生でお送りします。マイクが無いって、素敵!
みなさま、お待ちしておりますね~。

* * * * * * * * * * *

昨日は新宿に打合せに行ってきました。
病み上がりにもかかわらず、お正月のセールに目移りしちゃいます。
ソニープラザでトレーナーやTシャツがお安くなっていて、モコモコした可愛い長袖Tを物色。。一枚だけ残ってた柄のものを気に入ってしまいした。

でも、その一枚は襟のところにファンデーションがうっすら付いていたのです。
レジに持っていって「同じものはもう無いのでしょうか」と聞いてみましたらば、これが最後の一枚とのこと。支配人?のような年配の男性が出てきて襟の状態を確かめ、「ううむ、お客様。これはやはりお売りするわけには参りません」ときっぱりおっしゃいました。新宿のこんな場所で昔の百貨店のようなきちっとした物言いに出会い、私はなんだかホロリとしてしまいました。

070105

結局、家で洗濯してみますと言って買わせてもらいましたが、値引きもして下さいました。ソニープラザ、なかなかあなどれません。(ファンデーションは洗濯で落ちました!)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.04

今年もよろしくお願いします

Nenga

明けましておめでとうございます!
三が日も終わりましたね。

初夢はなぜかレコーディングをしてる夢でした。 スタジオでプレイバックを聴きながら、「じゃあ次はああしてこうして」と、さくさく指示を出しておりました。 今年は録音するつもりでいるので、夢の中の自分に先を越されたようでムカつく。。早く取り掛かれということなのかしら。

その次の日は、のど自慢に行く夢。会場のナントカ市民会館に着いたところで終わりました。年末はお笑いのビデオを見たり本を読んだり、音楽はひと休みしていたつもりだったのですが、やっぱり頭の中では離れられないようです。

去年は運動不足だったので、今年は体も動かしたいなあ!
どんな一年になるでしょうか??
みなさまどうぞ宜しくお願いします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »