« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007.10.31

御宿やまもと

滞在中の実家の写真。うちはプチ田舎にあります。

住んでいる人間の数が減ると、植物というものはどんどん縄張りを広げてくるんですね。ほとんど山野と化しつつある生家の庭ですが、景色は絶品になっていってます。

071028_01
秋の朝。萩の花。

071028_02
駅までの道。
すすきの穂がこんなにフサフサして。綺麗。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007.10.28

西宮

西宮over gardenのライブにお越しのみなさま、ありがとうございました。

初めてのお店で初めてのお客様に会うと思い、朝からすこしドキドキしておりましたが、マイクの前に座った時に無用な心配だったとわかりました。楽しそうに和んだ顔、顔、顔。おいしいお料理とウギさんのほっとする空間の威力ですね~。

CDをすこししか持ってきてなくて、買えなかった方、ごめんなさい。今度はたくさん持っていきます。

071027_01
夕方でお店の写真がよく撮れず残念。
ほんとはこの何倍も素敵だったのですが。

071025_02
仕方がないので、帰りに阪急西宮駅の宝塚行きホームをパチリ。東京だとさしずめ世田谷線といったところでしょうか。

雨が止んで急に寒くなりました。
本日は三島に行きます。

そういえば、今日の三島でご一緒する島さんは畠山美由紀さんの新作でファーストトランペットを吹いてるそうで大活躍です。先日どこかで掛っていて、畠山さんの歌が尋常じゃなく素晴らしく、これは凄い!と唸りました。東京に帰ったら買おうっと。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007.10.26

秋の旅

昨日は、みなさま赤城カフェにご来場ありがとうございました。
良いお客さんに囲まれて、しっとりした雰囲気のライブになりました。

071025_01

さて明日から関西~静岡と2日間の旅です。
赤城カフェから帰宅後、メール、譜面の整理、お洗濯などをしているうちに朝になってしまいました。というか、もう昼前ではないですか。。少し寝て、夜のうちに大阪へ発ちます。

旅の前はいつもドタバタですが、出てしまえばこっちのもの。
行ってきまーす!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.25

本日赤城カフェ

今週は盛りだくさん。
本日はマツモニカさんとのデュオで、赤城カフェです。
この季節にはハーモニカの音色はまた格別だと思います。

しかし、この場所は期間限定というのが惜しいですね。。
来年の3月末まで。たしか建物が古いので取り壊しという風に聞いています。

今日も目一杯楽しんで演奏したいですっ。

071021_01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.24

声とギター終了

池田さんとのライブ、充実のうちに終了しました。
お客さんのハートが伝わってくる一体感のあるライブ。。こういう場で演奏できて本当に幸せです。

濃いリハーサルができたのも収穫でした。
事前に譜面や音源を交換して相談したり、池田さんのCDに併せて練習してはいたのですが、微妙な呼吸を併せていくのは当日しかできません。昼間に4時間ぐらいがっつりリハーサルをしました。こんなにやったら本番で体力なくなるんじゃないかと思いましたが楽しくて全然疲れませんでした。

カフェ・アンサンブルは小さな貸しサロンで、シックな珈琲店のような雰囲気でした。こういう場所大好きです。クラシックギターはマイクを使わないので、私もマイク無し。なのに声がとてもよく通りました。最後まで疲れ知らずだったのは、一日中生音だったせいもあるんでしょう。(残りの人生を全部マイク無しにしたら、もしかしたら素晴らしい音楽人生が送れるかもしれない、とちょっと考えてしまいます)

そもそもこのライブはギタリスト富川勝智さんのセッティングで実現したのですが、8月に富川さんと池田さんのライブを見に行った時にはお2人とも全く初対面でした。終了後に音楽話をしていたら富川さんが「じゃあ池田くんとのりこさんのライブやりましょう」といって、数分と経たないうちに話が決まってしまったのです。最後まで安心してライブを終えることができるように事を運んでくださり、彼の生徒さんもまるで前から私を知っていたかのように接してくれました。魔法のような人達との出会いでした。

打ち上げはタコ焼きパーティー。
クラシックギターならではの話が沢山聞けて新鮮でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.18

アリア、糸巻き交換

池田さんとのライブで、ブラジル風バッハの中のアリアを歌います。
RosaRoxaの新しいCDで同じブラジル風バッハからトッカータ~"田舎の汽車"というテーマを歌いました。今年はヴィラ=ロボスに縁のある年かもしれません。

アリアとは詠唱のこと、ずっとメロディを「あ~~~~~」と歌いつづけるような曲です。いろんな資料を聞いてみたら歌い手はみんな声楽の人で、とてもアカデミックな歌い方。声の高さも到底真似できません。こんな曲無理なんじゃないの?と最初は思いました。

ところが、資料を探している時に、なんとあのジョーン・バエズが歌っていたということを知りました。彼女はアメリカのフォーク・シンガーなのでなぜこの歌を歌ったのか謎ですが、それがとても素晴らしかったのでやってみようかなと。。現金なものです。もちろん声楽の人みたいな高い声は出ないので、私は1オクターブ下で(笑)歌うのですが。。段々この曲の魅力にはまりつつあるこの頃です。

マリア・ベターニアがこれを歌ったら、素敵だろうな~。


昨日はまたおじいちゃんギターの故障があって、修理に行ってきました。

ペグを回すと カキーン!カキーン! という大きな音がして空回りしている模様。びっくりして見てみたら、なんと糸巻きの歯車が5、6枚飛んでしまっていたのでした。ひえー、こんなことって。。

本番中だったら、きっとライブ中止になるところでした。南無。。
おじいちゃんギターの糸巻きは、歯車の歯が普通のものよりも華奢だったので、それで飛んでしまったようです。
会社の歯車になるのは嫌だ!
といっている方が時々いますが、なかなかどうして歯車は大切なんですね。

071018_01

幸い、ギターショップに行ったらその場で糸巻きを交換してもらえました。

ゴトーという日本製のごく普通の糸巻きにしました。お値段は一万円強。外国製で数万円のもありましたが、糸巻きに数万出すはちょっと大変。元のペグが丸くて渋いカーキ色で気に入っていたので、普通の形になってしまって少し残念でしたが。。

071018_02
おじいちゃん、来週もがんばって働いてね!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.15

"声とギター"ライブ

今日はルースターに宮地傑さんNEWカルテットのライブを見に行ってきました。
もう何年かお世話になっているベーシストの岸くんがこのバンドで弾いておられます。、フロントにベテラン2人、リズムを若手2人で支えているこのバンドは見ていて面白く、まるで四輪駆動の車がゴーッと力強く走ってくるような、そんなカルテットでした。

ラテンの曲で岸くんがガンザ(シェイカー)を振っていましたが、かなり上手でびっくり。今度私のライブの時もお願いたいなあと思いました。


さて、次のライブは池田慎司さんとのジョイントです。
タイトルは「声とギター」。
池田さんのアルバムに入っているブラジルの曲を中心に2人でできるレパートリーを決めました。ジョビン、ヴィラ=ロボス、ガロート、バーデン・パウエル、武満徹。。凄く楽しみなものばかり。初めて歌う曲が沢山あって、今週はそれを猛準備の日々です。

家では池田さんのCDに合わせて練習していますが、彼のギターの音色には何度も繰り返して聴きたくなる気持ちよさがあって、何回もリピートして歌ってしまうので練習がまったく苦になりません。

ガロート作品は「エスペランサ」というインストのワルツ曲で、歌詞はもともとありません。とても美しい曲なのでどうしても歌いたくなり、歌詞をつけました。本体はごくごくシンプルなテーマですが、最後についている短い後奏の部分で一気にイメージが広がっていきます。

限定30名のライブです(予約制)。この機会にぜひ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いろいろ

3連日ライブ、無事に終わりました!おいで頂いたみなさまに感謝です。

涼しくなってきたので今月は自分にいっちょう喝を入れようと思い、各ライブの前日に念入りに練習しました。イメージが固まった状態でライブに望めて良かったな。。今更ながら、練習に勝るものはないと思った次第です。

先週は他にも楽しいことが沢山でした。

Rosa Rosaでは、某所のパーティーにお呼ばれに行って参りました。珍しくドレスアップした一日でした。
Image2

その場所で、チェロの平山織江さん、ギターの田辺充邦さんに初めてお会いしました。デュオでしっとりした素敵な演奏をされていました。楽屋では田辺さんの話が面白くて始終笑いっぱなし。。ダイアナ・クラールに会ったという話も聞かせて頂きました。

1周年ライブをしたアパレシーダでは、RIO BONITAの超かわいいTシャツをゲット!ほくほくしているところに、なんとRIO BONITAの代表のマキさんが偶然来店され、楽しくお喋りしました。

071012_01
Tシャツ好きにまた拍車がかかる。

071012_02
女の子のイラストが最高。
サイトをチェックするべし~。
http://www.riobonita.com/


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007.10.08

今週のライブ

秋晴れの毎日、三連休はバッチリのお天気ですね。

今週のライブ予定です。こちらは三連出となっております!

●10/11(木) 東京・国分寺「クラスタ」
19:30-  2ステージ
山本のりこ(vo,g)ソロ
アクセス:JR国分寺駅 徒歩6分
tel:042-326-8184 東京都国分寺市本多2-1-11,2F
http://www.classta.com/
Music Charge:¥1,800(+2drinkチケット¥1000)

●10/12(金) 東京・西荻窪「アパレシーダ」 1周年イベント
20:00- (ライブは21:00頃から、約45分1ステージ)
http://aparecida.pokebras.jp/
Music Charge:¥1000+Drink Order(おみやげ付)

●10/13(土) 東京・中目黒「楽屋」
VIVA! BRASILイベントのミニライブコーナーに出演します。
20:30頃から?30分1ステージ
http://www.rakuya.net/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.07

キンモクセイ

の香りが、とうとうしたような気がします。
友達が、この香りがすると妙にあせると言っていました。同感です。どうやらみんなそう思っているらしいのですね。

もじもじするような
うわーーーっと叫びだしたいような
この不思議な気持ちは何なんでしょう?
考える間もないぐらい、短い季節です。

今年は編み物する時間もないなあ。。

070919_03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.05

続けること、変わっていくこと

沼津のカフェ、THE BLUE WATERさんのフリーマガジン「Suite」新刊が出ました。

071005_01
Suite 2007年秋冬号

『あなたにとって"続けること、変わっていくこと"とは?』

というテーマで色々なアーティストがコメントするという企画に、私も寄稿させていただいています。

しかしなんちゅう手ごわいお題。それが答えられればもうやる事ないぐらいですね。アタマをきりきり絞って私なりのコメントを書きました。他のアーチストさん達のコメントを読むと、みんないいこと書いてるな~。言葉は違っても皆同じことを考えているんだと心強く感じました。

「Suite」の驚くべきところは、全てをお店独自で企画編集しているということ。洋服や靴のモデルは全部お店のスタッフさん達で、撮影は天野オーナー自らされています。それでこんなに素敵な雑誌が作れるなんて、ほーんとびっくり。残念ながらお店でしか手に入りませんが、近くの方はぜひ読んでみて下さい。

071005_02
お洋服はなかなかシビれるお値段です。。
右の写真は新しいスイーツのメニュー。

沼津ではしばらく演奏はありませんが、10/28にお隣の三島のカフェ「ディレッタント・カフェ」でライブをします。静岡のみなさんに早く会いたい!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.03

RosaRoxa情報 その2

RosaRoxaより、もうひとつリリースのお知らせです。

神楽坂に本店がある和風カフェ"saryo(茶寮)"とのコラボレーションで、アルバムを作りました。10曲中の7曲がライブでお馴染みのショーロ曲、そして中沼さんと田嶌さんのオリジナル曲が入っています。

あと、ソロライブなどでも前から歌っている大好きな曲「イン・マイ・ライフ」。ショーロの楽器にもしっとり溶け合っています。また、自分で言うのもなんですが、今まで何度もこの歌をうたってきた中、今回の録音で"改心の一撃"が出ました。ぜひ聴いてみていただきたいです!

saryoのお店では先行販売が始まっています。一般のCDショップやネットでの販売は10/23から開始です。関東圏内の山野楽器を中心に販売されます。

Rosa Roxaのライブは、次回11/12(月)です。皆様にお会いできるのを楽しみに。。
http://homepage1.nifty.com/nor/rosaroxa/


Saryo5_100
saryo's collection vol.5 -ROSA ROXA Plays-
CTR-07024 ¥2,000(tax in)
Come True Records/2007.10.23

山野楽器で予約・購入する

01. GOSTOSINHO いい感じ!
  (Jacob do Bandolim)
02.TRENZINHO CAIPIRA 田舎の汽車 *
  (Heitor Villa-Lobos/Ferreira Gullar)
03.CHORO NEGRO ショーロ・ネグロ 
  (Paulinho da Viola)
04.MINHA VIDA(IN MY LIFE) イン・マイ・ライフ *
  (Lennon-McCartoney/Rita Lee)
05.CITY LIGHT シティ・ライト
  (Hiroshi Nakanuma)
06.COCHICHANDO ひそひそ話
  (Pixinguinha)
07.NOITES CARIOCAS カリオカの夜
  (Jacob do Bandolim)
08.BEIJA-ME キス・ミー *
  (Roberto Martins/Mario Rossi)
09.REVENDO O PASSADO  過ぎし日をふりかえって
  (Freire Junior/Francisco Jose)
10.ISHIDATAMI NO MACHI 石畳の街
  (Michiwo Tashima)

*:ボーカル曲

-------------------------
神楽坂を本店として各地で人気の和風カフェ"saryo(茶寮)"とRosa Roxaのコラボレーション作品。長年の活動で練り上げたショーロ・スタンダードの演奏に、オリジナル2曲、ビートルズのカバーを含む意欲作。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007.10.02

RosaRoxa情報 その1

10月になりました!
今月はライブが無いRosaRoxaですが、夏の間の仕事の成果がようやく形になって出て来ました。秋は収穫の季節といいますが、気持ち的にもシンクロして嬉しいものです。

Hanagokoro
花心/沢田知可子

歌手&ソングライター、沢田知可子さんのデビュー20周年アルバムです。『奇蹟の花』『一期一会』の2曲をRosa Roxaでサポート演奏しました。
沢田知可子さんオフィシャルHP
http://www.chikaco.com/

『会いたい』はあまりにも有名な曲。。私も当時、カラオケで歌ったことがあるよん!"低い雲をひろげた"というところが何故かしら好きなのです。友達の間でも、その歌詞のインパクトの強さがよく話題にのぼりました。ふとした巡り合わせでこのような大曲と半生を共に歩む運命になった沢田さん。一曲を歌い続けることの豊かさ。。感慨深いです。

Rosa Roxaの参加曲はどちらもマイナーチューンでした。『奇蹟の花』は増田恵子さんのために書いた作品のセルフカバーだそうで、大きな世界観を持った詞に引き込まれます。ショーロにも通じる曲調。中沼バンドリンが大活躍しています!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »