« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008.01.30

バー・ポルト、赤城カフェ

本日は日暮里のバー・ポルトでライブです。
よく考えたら年明けからずっとトリオとデュオが続いていて、これが今年初のソロ演奏です。
新鮮な気持ちでできそうです。

●1/30(水) 東京・日暮里 「bar porto」
19:30start 2stages
山本のりこ(vo,g)ソロ
アクセス:JR日暮里駅、徒歩5分
tel:03-3891-6444 東京都荒川区日暮里5-40-8
http://www.geocities.jp/barporto/
Music Charge:¥2,000

Barporto

そして
2/1の赤城カフェはサイトで告知していますとおり、
私のここでのライブはファイナルになります~。
「そのうち行ってみたいわ~」というお声が多かったのですが、泣いても笑ってもお店は3月末でクローズなのですよー。。

みなさんと一緒に最後の演奏を楽しみたいと思います。
ぜひお見逃しなくどうぞ。

●2/1(金) 東京・神楽坂「赤城カフェ」
20:00start 2stages
山本のりこ(vo,g)、matsumonica(harmonica)
アクセス:地下鉄神楽坂駅 徒歩1分  tel:03-3266-7707
東京都新宿区赤城元町2-15 赤城神社内
http://www.akagijinja.or.jp/cafe/
Music Charge:¥2,000

閉店の期限が迫ってきたため、毎日の催しについて問合せの電話が殺到しているそうです。お問合せは今後すべてメールで受け付けることになったそうですので、ご協力どうぞよろしくお願いします。
info@akagijinja.or.jp

070222_01_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.27

松風の家

年末から宮尾登美子の「松風の家」を読んでいたのが終わりました。
やはり旅に行くと読書がはかどります。

京都の茶家が舞台。野際陽子風の厳しーいお母さんが出てきて、「せいぜいおきばりやす」なんて濃い京都弁が飛び交います。最初ちょっと引きましたが、包容力のある文章でそのうちぐんぐん夢中にさせてくれました。

下巻の最後で話は突然仙台に飛び、そこからがらりと明るい雰囲気に、そして一段と面白くなりました。もう終わり近いのに、まるで新しい本を開けたような楽しさ。拍手したいような気分です。

新幹線が大阪に着いて、ローカル線に乗り換えても読むのがやめられない。大荷物を抱えながら本にかじりついていましたが、仙台の娘さん(観月ありさ風)が京都に嫁ぐ場面でうるうるしてきてしまいました。恥ずかしいのでこらえましたが、左目は持ちこたえ、なぜか右目だけから涙がぽろぽろ出るのでした。

お茶の知識はまったくない私ですが、そうか、お茶ってこういうものだったんだとひととおり納得できました。家を看板にするという重みは違いますが、音楽と似たところが沢山ありますね。命をかけて守られた芸能も、長い時間の中で衰退していくことがある。。音楽はこれから100年後にどんな風になっているんでしょう。


宮尾さんの世界にどっぷり浸ってしまったので、
帰りの新幹線用の本がなかなか選べませんでした。

こういう時は町田康で別世界へ飛ぶべし。まだ読んでなかった「屈辱ポンチ」を買いました。っくく、面白い。。宮尾さんの花絵巻が一瞬でコールタール色になっちゃいました。

でもこれで町田さんの本、もうほとんど全部読んでしまったのです。困りましたね。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.25

ケリーズ&ケーキ

今週のはじめ、ケリーズで演奏してきました。
月曜日にもかかわらず沢山の方に来ていただき、ありがとうございました。

東京を出た時から急に冷え込んできて、大阪もつめたい雨と大寒波でした。実家では、「あんたが帰ってくるといっつもこんなんなる」と言われる。ごめんなさい。

中島さん、荒玉さんとのトリオ、前はお二人の腕前が勿体ないのでガンガン弾いてもらおうと少し無理をしていましたが、そういうのは他の人のライブで見てもらえばいいやと思えるようになってきました。私が楽に演奏していれば、大きなふところからまた別の多彩な音を出してくれる。繊細だったりシンプルだったり。すべて任せておけばいいと、最近はそんな気持ちでやってます。

その代わりリハーサルでは沢山の細かいことを伝えるので、私的にはリハの時が一番テンション上がってて、プレッシャーも大きいです。いつもライブが終わった後はもぬけの殻ですが、アタマ真っ白の状態でお客さんの拍手と笑顔に包まれているのが何よりの幸せです(笑)。


ところで
この日は偶然、中島徹さんの誕生日にあたっていて、ファンのお客様からバースデイケーキの差し入れがありました。

ステージ中に登場させてびっくりさせようという手はずになり、ケーキは開演前の早い時間にこっそり到着。ところがこのケーキがただ者ではなかった。

080121_01

に、似てる~~~!

写真1枚で描いてくれるそうなのですが、よくもまあこんなに的確に。。

似顔絵もすごいけど、チョコレートで描いたつやつやグランドピアノも素敵。ピアノ椅子もばっちりじゃありませんか。

080121_02_2
美味しそうだし~。
(お裾分けいただきました、美味しかった!)

ケーキって偉いですよね~。黙って出てくるだけで、こんなにみんなをハッピーにしてくれるんだから。ケーキのような音楽を目指します(笑)

次回のケリーズは5/8に決まりました。

080121_03
Hさん、写真ありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.01.20

マルセラからの手紙

もうひとつmyspaceなお話です。
ブラジルのシンガーソングライターMarcela Biasiが、私の曲に歌詞を書いてくれました。

マルセラは何年か前にEMIからアルバムを出しているので、日本でも知っている人がいるかもしれません。印象的な甘い声と独特の世界を持った人。色気を抑えたマリーザ・モンチのようでもあります。

Marcela
http://www.myspace.com/marcelabiasi

お互いの曲を聴いて短い感想を送りあっていたのですが、ある日彼女からメッセージが来て、一緒に曲を作らない?と言われました。詞をつけられないで置いていた曲があって、それが彼女の雰囲気に合うと思ったので、「いい曲があるので、あなたが詞をつけてくれませんか?」と言ったところ、「うれしい!詞を作るの好きなのよ」とのお返事。

その曲はもう2年ぐらい前にできたものです。
最初の一行だけ詞を書いてから行き詰ってしまい、そのままになっていたのでした。ギターの上からメロディを鼻歌で歌って録音したものを、メールで送りました。あらためてきちんと歌ってみると、なかなか難しい。私のつくる曲っていつも歌うのが難しいな。。いつも作った後で気づくのです。

数日後、曲を聞いたマルセラから返事があり、とても気に入ったと書いてありました。
「もう20回も聞いてるの。。くすくす」
私も、きっと気に入るだろうと思っていました。だって彼女にぴったりだから。もしかしたらこの曲は、マルセラに出会うのをずっと待っていたのかもしれません。

それにしても彼女のメールは何とも女の子らしくて、もちろんポルトガル語なのですが、気立ての優しい人なんだということが段々わかって安心しました。(写真を見ると彼女は腕にタトゥーを入れているので、渋谷のチーマーみたいなノリかと最初は思っていたのです。。)

そして年が明けて、歌詞が送られてきました。
ロマンティックな詞の内容がすばらしくて、何より嬉しかったのは、言葉のリズムや音がイメージにとても合っていたことです。ブラジル人で良い詞を書く人がたくさんいても、例えばシコ・ブアルキが詞を書いてくれたとしても、彼の使う言葉は私には似合わないと思う。。スタイルが合わなければ。。その点、マルセラの詞は何の違和感もなく自然に入ってきました。

歌詞が来た翌日、やる気満々でうたう練習をしてしていたら、またメールがありました。

「ノリコ、私が歌ったデモを送ります。実は昨日歌詞と一緒に送ろうと思ったんだけど、あまり上手く歌えなかったから、恥ずかしくなってやめたの。。でもあなたの参考になるものだから、やっぱり送ります。メロディやコードがちょっと間違ってるところがあって、ごめんね。これより素敵に歌ったやつを今度また送ってね。」

素朴なメールに感じ入りながら添付ファイルを開けると、そこには美しい声で歌われた、完成した曲が。。上手く歌えなかったなんてとんでもない、そのままCDにしてもいいぐらい。その貴重なデモを私も20回ぐらい聴き返しました。

タイトルはまだ決まっていませんが、「夢の庭」という名前になるかも知れません。来週のライブからぼちぼち歌っていこうと思います。初の日伯合作、どうぞお楽しみに。。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008.01.18

Claudio Lyra

myspaceに参加していつのまにか1年経ちました。ページを開けた途端に音が飛び込んできて、いい音楽は、やっぱり一瞬でハートを直撃します。世界規模になると、直撃される回数も多くなるわけで。。

そんな中で私がすんごく気に入っているブラジルのミュージシャンがClaudio Lyraです。

Novos Baianosが好きだという、ヒッピー風ないでたちの青年。何だか弱っちいモライス・モレイラのようなボサノヴァ~ロックをやっています。近頃日本ではあまりお目にかかれない、いなたいサウンドなんですよね。

Claudioと知り合ってからしばらくして、去年の秋に彼の新しいCDが出来上がりました。
甘いボサノバ、元気なマルシャ、wowギターの入ったかっこいいロック、いろんな曲が入っていて、どの曲もメロディが印象に残りました。
手に入れたいなあ、日本にも入ってくればいいのに。。
ジャケットもかわゆすだし~。。
などと思っていたところ、ここに強力な同士が登場しました。名古屋サンバタウンの店主ゼジさん。彼の音をぜひ聴いてみてと勧めたら見事にツボにはまったらしく、熱心に入荷の交渉をしてくれたんです。

というわけで、新年にClaudioのアルバムがめでたく日本にやってきました。彼の音楽は東京のようにクールでもなく、大阪ほど強烈でもないので、名古屋発というのが幸せな出会いではないでしょうか。すでに評判で、たくさん売れているそうです。

これを読んでいる人は彼の苗字が気になるかもしれませんが、Claudioはカルロス・リラの甥っ子です。そう思って聴くと声質がなんとなく似てるし、甘いメロディラインも、なるほどなぁと思わせるものがあります。良家の放蕩息子って感じかしら(笑)。カルロス・リラと娘のケイ・リラも、コーラスで参加していますよ。

品切れになる前にぜひ入手を。

Claudiolyra
Em paz com os meus/ClaudioLyra

●試聴ページ
http://www.myspace.com/claudiolyra

サンバタウン通販サイト


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.15

ステーキな夜

昨日は上西智子さんのライブに参加で、福生のジェシー・ジェームスへ行って参りました。音がクリアーで、お客様もあたたかく、とても楽しく演奏させていただきました。

前々から、ピアニストの続木徹さんにこのお店の話を聞いていたのですが、続木さんがおっしゃるには、「とにかくここのステーキは最高!店長さんが炭火焼きの達人なんだよ」ということでした。

そしたらば、お客様がなんと、私達にステーキをご馳走して下さるというのです。なんという幸運。そして出てきたお肉のなんとゴージャスで美味しかったこと。。都内からは遠い場所ですが、美味しい食事と音楽を愛する方は足を運ぶ価値大有りだと思います。

080114_01


本日15日は、荻窪「ルースター」でRosa Roxaライブです!

■2008/1/15(火)
荻窪「ルースター」
20:00-/21:30- 入替なし

アクセス:
JR中央線・総武線 荻窪駅 徒歩3分
TEL:03-5347-7369
東京都杉並区荻窪 5-16-15 井上ビル B1
http://ogikubo-rooster.com/

料金:
Music Charge ¥2500-

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.01.11

忘れ物、前髪、明日もプラッサ

年明けライブ、無事に終わりました。

あろうことか、譜面を自宅にごっそり忘れるという最終兵器的ボケをやらかし、取りに帰りました。いやいや、びっくりしました。 もし取りに帰れる距離でなかったら、この日はフリー演奏になったところでした。

そんなことにもかかわらず、マツモニカさん、岸さんの心強いバックアップでいつもどおり楽しいライブになりました。素晴らしいお2人、ありがとう!

新しいレパートリーも増えて、なかなか上手くいきました。
カエターノの「Louco Por Voce」という色っぽい曲です。嬉しい。

071227_04

今日は美容院に行って、髪型をすこし変えてきました。
ほんとは一昨日のライブに間に合わせたかったのだけど、
予約がなかなか取れなくて今日になりました。
ウン十年ぶりのチャレンジとして、前髪をつくってみました。

明日は、12月にひきつづいてスチールパン原田芳宏さんのライブにゲスト参加します。
どんな曲を持っていこうかな。これから決めます~。

●1/12(土) 東京・青山「プラッサ・オンゼ」
20:00start 2stages
原田芳宏(steel pan),Luigi(b),マツオケンイチ(g)
小川岳史(perc) ,山本のりこ(vo,g)

アクセス:地下鉄表参道駅 徒歩5分
tel:03-3405-8015 東京都港区北青山3-5-2
http://www.praca11.net/
Music Charge:¥2,000


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.01.07

新年ライブ 1/9プラッサ

今年のライブ初めは、プラッサ・オンゼからです。
お店もこの日が営業スタートだそうですよ。

沢山のご来場をお待ちしております。


●1/9(水) 東京・青山「プラッサ・オンゼ」
20:00start 2stages
山本のりこ(vo,g)、matsumonica(harmonica)、岸徹至(b)

アクセス:地下鉄表参道駅 徒歩5分
tel:03-3405-8015 東京都港区北青山3-5-2
http://www.praca11.net/
Music Charge:¥2,000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.06

迎春 2008

071227_02

みなさま、明けましておめでとうございます。
2008年もどうぞよろしくお願いします!

さて、今年は平成でいうとなんと20年なのですね。
時の流れの速さには本当におどろきます。
ボヤボヤしてはいられないような、何かに追い立てられているような、
毎年お正月はそんな気がして落ち着きませんね~。

年末年始はホームページを少しリニューアルしました。
自分の部屋よりもパソコンの中の方が何倍も広く、
というか、もはやこれは大きな押入れと同じ。。

今までなかった写真も載せましたので、見てみてください。

それから、Rosa RoxaのサイトとSem Voceのブログの場所も変わりました。
こちらも宜しくお願いします。

071227_01

他にやった事といえば、そう、
CDプレーヤーが壊れたので新しいものを買いました。
まだうちにはカセットテープも残っているので、
しつこくカセットデッキ付きのものにしました。
今時そんな商品がよくあったものだわ。。

インターネットで商品の写真を見て
こんなに小さい本体の一体どこにカセットが入るんだろう
と思っていましたが、

071228_01
届いてみると、やはりとても小さいのです。

071228_02
しかし。。奥行きが衝撃的です。
あっこんなところにカセットデッキが!
笑、笑、笑。

他には、パソコンのスピーカーも具合が悪くなったので、これも新調しました。

仕事でいろいろな音源を聴かなければいけないので、
スピーカーは大事です。
いい音のものではなくて、
できるだけ一般家庭にある普通なものを選びます。
でも、今ってどんなのが普通なんでしょうねー。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »