« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008.06.25

明日館、Que Bom

080621_05

この前の土曜日は、かぜさんとひろこさんの結婚式でした。

ちょうど披露宴の間は雨がやんでいて、スラリと背の高い新郎新婦の晴れ姿が緑の庭に映えました。お二人の輝くような笑顔。。幸せのお裾分けをもらったひとときでした。

場所は池袋の明日館というところで、ライトが建てた建物です。

080621_04
都会の真ん中にこんな所があったなんて。。初めて知りました。

080621_02
部屋の中に居ると、家具や床が湿気をふくんでいるのが分かります。なつかしい感触です。赤と緑の小さい椅子が沢山ありました。すごく可愛い!机もつやつやしてて、いいなあ。

080621_03
柔らかそうな大谷石の柱は、ライトのトレードマーク。昔見に行った、芦屋の山邑邸を思い出しました。

* * * * *

日曜は、Rosa Roxaで浅草のシュハスカリア「Que Bom」の2周年記念ライブでした。

この店はビュッフェのお料理が食べ放題なんです!シュハスコをメインに、フェジョアーダ、魚のフライ、パスタ、ヤシの芽のサラダ、プリン、コーヒーなどなど堪能しました。と~っても美味しかった!天気は大雨になってしまいましたが、シュハスコを一度食べてみたいというお客様で席は満員。花より団子といいますが、やっぱり食べ物の威力は偉大です。

080622_03
ブラジルの中庭風の明るい雰囲気のお店で、広々しています。お客さんも楽しそう。

080622_01
お店のブログから写真をいただきました。
だいちゃん、こと大道寺栄さんは、最近ステージネームが平仮名になりました。
「だいどうじさかえ」
文字を柔らかくしたいという理由だそうです。バンド内で一番長い字数になりました(笑)

080622_02
プライベートでも出かけてみたいです。みなさんもぜひ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008.06.20

梅雨、夢枕

梅雨ですね~。
肌に水滴がまとわりついてきそうなほどの、湿気。

080620_01
公園で八重咲きのガクアジサイをみつけました。

写メを撮っていたら、その間に蚊に刺されてしまいました。う~。。かゆい。蒸し暑い。

こんな季節は、何とか家の中だけでも快適にしたいものです。

先日立ち寄った「のみ亭」で、こんなものをもらいました。

080620_02
"王様の夢枕"

誰かのところで余った品とのことで。さわってみると、ぷわぷわしてて、言葉にいえない妙ちくりんな手触りなのです。きゃー、何これえ? 「へええ~ ふーん~」と喜んでさわってたら、あんたが持って帰りなさいと言われて、持って帰ってきました。

これを使ったことのある役者のOくんが、この枕で3日続けて寝坊したと言ってました。私は大丈夫でした(笑)から、それは大げさな話だったと後で分かりましたが。でもすっごく気持ちいいです。人の肌とちょうど同じぐらいの弾力なんですよ。

贅沢を言わせてもらうと、この色じゃなかったらもっと良かったんだけど。部屋の中で異彩を放ってます。


もうひとつはコレ

080620_03
ただのお風呂栓ですが、新型のかたちです。
ぎゅっと押し込まなくていいのです。ほとんど置くだけ。

暑い時もマメに湯船を溜めるには、このちょっとした違いが結構ナイスなんですよ~。お年寄りだけのお家にもおすすめ~。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008.06.19

本日ランチ・コンサート

今日は新宿サザンテラスのランチ・コンサートに出演します。
お昼休みの時間帯ですので、近くにお勤めの方はのぞいてみてください~

場所は新宿南口のスターバックスの奥の広場です。フラン・フランの前あたりかな。南口のこの辺り、のんびりしてて好きです。

お天気が微妙。雨の時は建物の中になるそうです。

●6/19(木) 東京・新宿サザンテラス
12:00~12:50
山本のりこ(vo,g)、Steve Sacks(sax,fl)
アクセス:JR新宿駅 南口徒歩3分
http://www.southernterrace.jp/
観覧無料
雨天時は建物内で演奏

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.16

音や金時

080616_02

100円ショップから救出したゴムの木です。

冬から何ヶ月も変化がなかったのに、最近になって三枚も若葉が出てきました!出てきたと思ったら、もう一人前の深緑色になってます。真ん中にもうひとつ芽が出てるので、この夏中にもっと増えるかも~。ちかぢか鉢を大きくしてあげようと思います。


さて、今週は西荻の「音や金時」でライブです。

●6/18(水) 東京・西荻窪「音や金時」
19:30start 2stages
山本のりこ(vo,g)、原田芳宏(steel pan)
アクセス:JR総武線 西荻窪駅 徒歩5分
tel:03-5382-2020 東京都杉並区西荻北2-2-14 喜志コーポB1F
http://www2.u-netsurf.ne.jp/~otokin/
Music Charge:¥2,300
音や金時では予約制を取っていませんので、直接ご来場下さい。


原田さんとのデュオを初めて企画してみました。ひんやりした地下の空間の音金さん、サウンドに自然な響きがあって心地いいのです。スティールパンと一緒ならきっとこのお店がいいと思いました。

こちらのお店ではチラシにライブのタイトルを書いてくださるので、無い頭をしぼって考えたコピーが「環大西洋サブマリン」。別に深い意味はないのですが。。つまりいろんな国の、波のような音楽、というようなことです。中南米からイングランドあたりまで、青い海を潜っていけたら素敵。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008.06.15

前橋 G FACE CAFE

春から続いていた旅ライブが終わって、遠出が一段落しました。その間、飛ぶように日が経っていったようです。

先日の前橋「G FACE CAFE」も大好きな場所。Steve Sacksさんと服部正美さんとのトリオでした。

正美さんとはちょうど一年前にモーションブルーでご一緒して以来なので久しぶりです。今までなぜか、一緒の仕事が雨で途中終了になったり、イベント延期になったりということ続きで。何やら不完全な形で終わってしまっていたのです。この日はようやくじっくり取り組めたという嬉しさがありました。

しかし同じようにベテランのミュージシャンの方は他にもいらっしゃるのに、正美さんに対しては特別に緊張する~。私が一番始めにライブで聴いたブラジル・パーカッションが正美さんだったので、「大先輩」っていうイメージが焼き付けられているみたいです。でも実際は、何回使っても新しい真白い布のようにフレッシュで、年数とか経験という言葉をまったく感じさせない人。お会いする度に奇特な方だと思うのです。

パンデイロを持ってきてくださっていましたが使える曲が少なかったので、残念でした。。皮の音がやわらかくて、とてもいい音でした。

Steveさんとは今まで毎回 G FACEにご一緒しています。昭和の洋館によく響く、サックスやフルート。いつもどんな場所でもどっしりと安定した音を出してくれます。そのことに大変助けられています。

新しいオリジナルの「青い空」を歌いました。お客様から、それが入っているCDが欲しいと言われてすごく嬉しかったのですが、まだ録音してないので。。録音しないといけませんね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.04

Dufi7周年

名古屋に行って参りました。

080601_01
駅で出迎えてくれたのは、名古屋バージョンの両さん(笑)。

Cafe Dufiにお邪魔するようになってから5年ほどになります。今年が7周年ということで、気づいてみたら結構長いお付き合いになっており。周年イベントで演奏するという役目で呼んでいただきました。

Dufiとの出会いは不思議な縁です。
5年前のある晴れた日、一度名古屋に行ってみたいな~と思いながらインターネットを徘徊していたら、お店の写真が出てきたのでした。あ、素敵なお店だなあと思って、その日がいい天気で気持ちが良かったので、便箋を出して手紙を書きました。「よかったら、そちらで演奏させていただけませんか?」と。

それは小心者の私が、気分のいい日だけ、ごくたまにしかやらない、飛び込み営業。ひと呼んで"お天気チャレンジ"だったのでした。

マスターの水野さんからすぐに返事があり、「できるだけのことはするのでぜひ来て下さい」と力強い言葉。初めて名古屋を訪れた日、満席のお客様を集めて迎えてくれました。それをきっかけにお店は頻繁にライブをするようになったそうで、知らないうちに私はパイオニアということになっていました。このdufiとのいきさつは、その後もいろんな場面で"あたって砕けろ精神"をあたえてくれるものになりました。

この日のステージの相談を、まだ春にならないうちからしていました。dufiのゆかりの面々みんなで演奏しようという計画を。。水野さんがパンデイロを叩くのは有名ですが、奥さまのゆうこさんがなんとカヴァキーニョを始めたとのこと!サンバタウンのゼジさんにもサポートしてもらって、フィナーレにバンドで3曲やろうということになったのです。


080601_02
というわけで、まずは会場の「得三」さんでサウンドチェックをした後、本日臨時休業のdufiに移動。イベントの時間まで特訓です。

080601_03
3曲の後に、パンデイロ・セッションもあるそう。盛りだくさん。真剣に練習する水野さん、ゼジさん、中川さん。後ろで眺めるゆうこさん。

この日は5バンドの最後だったので、ちょっと失礼してホテルに戻りました。寝不足だったのでひと寝入り。。

080601_04
夜、得三。

中に入ると、お祝いに駆けつけた人達で超満員。お客さんにまぎれて水野さんが踊ってました。踊ってるというか、くらげのようにユラユラしてた(笑)。なんでも、最初の挨拶が「固い!」とブーイングに遭い、早めにお酒を飲んだとか。。とっても嬉しそうな水野さん。よかったね、よかったね。

私はまずソロで演奏させていただきました。その後"dufi オールスターズ"を招き入れて、特訓した3曲のセッションです。水野夫妻がステージに揃って上がると、お客さんから大歓声が! 特にゆうこさんが可憐にカヴァキーニョを持ってる姿はみんなを感激させたようです。

お2人が大好きなピエール・バルーさん(フランス旅行中、ご自宅を探し回ったこともあるという)にあやかって、「祝福のサンバ」を演奏しました。実はこの曲は私も初めてでした。生半可ではできない気がしていたんです。やってみて、本当に祝福のためにある曲なんだなあとつくづく思いました。水野さんが出演したミュージシャンの名前を読み上げて、サラヴァ!をやりました。練習の時は自信なさげだったのに、本番の水野さんはヴィニシウスが乗り移ったみたいだったよ。場の力というんでしょうか。凄いなぁ。

いつものdufiはライブの終わった後もお店の後片付けで忙しく、慌しいお別れになるのですが、今日は会場を外にしたのでお2人とも随分リラックスしているように見えました。得三さんはアフターアワーがまたいい雰囲気で、くつろげます。いつになくゆっくり話をして楽しみました。大成功、おめでとう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »