« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009.06.30

レオからの手紙 その6

Leo Minax 来日によせて
不定期連載「レオからの手紙」

明けて2009年の春。
ゼジさんからレオの新譜「DA BOCA PRA FORA」とともに来日決定の報せが届きました。そのうちという予感はあったけども、こんなに早く実現するとは何と嬉しいことでしょうか。

レオから光栄なオファーをいただいて、私は東京公演の1日目(7/17プラッサ・オンゼ)に数曲参加することになりました。そこから先は、それ準備だ練習だとまたたく間に時間が過ぎていき、これを書いている時点でもう当日まで3週間たらず。この日記が完結するどうかわかりませんが、、巻きをかけていきたいと思う次第です。

ところで、いま公式ブログの方では怒涛の勢いでレオのインタビューが掲載されていっています。これほど音楽的に濃い内容によくまあ迫れたものです。読みごたえ抜群なのでぜひそちらを先に堪能してくださいね!でないと間に合わないぐらい盛りだくさんですよ。

なお、各会場とも予約受付中ですよ~。
(7/2追記: 7月15日の山形公演はSOLD OUTになりました。)

:::::::::::::::::::::

さて!
ツアー日程が決まりかけている4月下旬、私はまず新譜の感想とリリースお祝いのメッセージをレオに伝えようと思いました。ちょうど買ったばかりの動画レコーダーをいじるのにハマってたので、CDを部屋で聴いてるところをビデオに撮って送ることにしました。

ところが、1曲目のアカペラ曲「DA BOCA PRA FORA」を聴きながら歌詞カードを見ているうちに楽しくなってきて、気づいたら私はギターを手に取って弾いたり歌ったりして遊んでいました。

その様子をそのまま撮ってしまったものがこれ↓です。

オリジナルはこちら。↓


レオは大変喜んでくれ、その日のうちにすぐ、私の「草の指輪」を弾き語った音源がお返しに送られてきました。彼はこの歌をとても気に入っていて前から歌ってみたいと言っていましたが、急遽練習してくれたようです。届いたMP3を開いて私は椅子から転げ落ちそうになりました。

それは至上最高の「草の指輪」でした。。

私も、すぐにその上から歌とギターを重ねて送り返しました。


Leo Minax sings ANEL DE CAPIM


共演を引き受けたものの、実は内心、お互いの個性を消しあったりしないか心配だったのです。アルバムをぱっと聴く限りでは私の歌えそうなものは少なかったから。案ずるより生むが易しとはこのことでしょうか。たった一日のうちに不安は消えてなくなって、共演の曲も簡単に決まりそうでした。

つづく

-----
【Leo Minax 日本ツアー2009 公式ブログ】
http://leominax.blog54.fc2.com/
各公演 予約受付中
-----
「レオからの手紙」をまとめて読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.06.29

6月旅の日記~大阪

6/14、またまた晴れ!

この日は会場入りまでの空き時間が更にありました。どこかゆっくりできるところは。。と大阪駅から歩いているうちに中之島を超えてしまい、こうなったら最後まで、、ついに阿波座まで3キロの道を歩いてしまいました。(今回の旅はとても運動になりました)

090614_02
炎天下の土佐堀。アジサイの花がまぶしいです。

090614_03
今年のアジサイは色が濃いですね。
なんて呑気に言ってますが、この時点で汗だくです。。

090614_01
やっとマーサに到着!
お店の前の緑が、来るたびに大きくなっていきます。

新型インフル騒ぎがあってライブが本当に開催できるのか一時は心配しましたが、沢山の方にご来場いただいて嬉しかったです。ここは不思議な居心地の良さがあって食事も美味しいんです。ステージについた時にはもうお客さんの顔がゆるーくほころんでいました。

道下さんとは「bitter sweet」の発売ツアー以来、3年ぶりの再会でした。前は私に余裕がなくて、道下さんの音楽の良さを充分生かせたかなという反省もあった(今になってこそわかる)ので、受け入れ体制を強化してのぞみました。といっても、何か直前に猛練習したとかではなく、逆に何もしないように努めていました。そう、何もしないのは、むずかしいですねえ。

ゲストで吹いてもらったのは6曲で、分量としてはすごく少ないのですけど、道下さんのフリューゲルの存在感は圧倒的でした。第一、こういう無垢な音色を出す人を私は他に知りません。管楽器界のアストラッド・ジルベルトです(笑)

ライブの前や後に、道下さんとはいろんな話がはずみました。主にアルバムを作ってた時を振り返っての話など。。「bitter sweet」は難産だったけどやっぱり愛すべきアルバムだということで一致しました。

さて、3日間のレポートはこれで終わり。
ご来場くださった皆様に、あらためて、心からお礼申し上げます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.28

6月旅の日記~浜松

6/13、2日目浜松です。晴れ!

名古屋からいったん戻るかたちになりました、でもこだまで1時間なのですぐです。ホテルのチェックアウト・インの時間の関係で、近い移動のときはたいてい外で時間をつぶすことになります。まずは辺りを散策に。。

090613_06
お店は浜松駅から歩いて5分ぐらい。そこは遠州鉄道というローカル線のひとつめの駅になっています。「第一通り」駅。写真では伝わりにくいですが、ガラス張りの駅舎や広場がとってもラブリーです。

090613_07
遠州鉄道の高架に沿ってお店がならんでいます。

090613_05
古いビルを改装したお店が多くて、どのビルも個性のある色に塗り替えられています。

090614_04
このカフェはすてきな紫!(阪急電車の色!)

090613_08
途中にあったQueen's Cafe というお店で昼食にしました。美味しいオムライス、カウンターに飾ってあるアナログのジャケット、いいお店です。私の前はバーニー・ケッセルでした。

090613_04
あと30分でチェックインの時間。何ができるでしょうか?ということで遠州鉄道に乗ってみました。三つ先の駅で降りてまた帰ってきました。

090612_07
夕方になり、いよいよ「手打蕎麦 naru」さんへ。

一見してカフェのようなお店。でも隣には蕎麦打ちの部屋があったり、ごつごつした無垢の木のテーブルが並んでいたりして、こだわりのお蕎麦屋さんらしい気配があります。主催であるcafe the eelの前原さんが音響装置を用意してくださいました。

前原さんと会うのはまったく初めてだったのですが、何しろカエターノ好きというところで生まれたご縁だったので、目指すライブのイメージは不思議なほど一致していました。なのでサウンドチェックもスムーズ。限定した人数のお客さんにきちんとお蕎麦を出して、食後に落ち着いて音楽を聴いてもらうという趣旨も嬉しいですよね。こういう機会をいただけたことに感謝しつつ、心を込めて演奏しました。とおく豊橋から来てくださったお客さんもいました。

090613_02
無事終了!
店主のゴリさん、おかみさん達です。素敵なご夫婦とスタッフさん。

090613_03
前原さんとスタッフの方々。みんないい人でした。

090613_01
お蕎麦をご自慢の胡桃のタレでいただきました。美味しい!このお店が近くにあったら、通うだろうな~。みなさんも浜松に行ったらぜひ寄ってみてください。

Naru
手打ち蕎麦 naru
http://www.narusoba.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月旅の日記~名古屋

楽しかった三都市ツアーからはや2週間たちました。ちまちま撮った写真でレポートします。(どうも現場に入ると写真を撮る気がしなくなるので、移動中ばかりになっちゃいました)

090612_00
6/12は晴れ。
前日まで東京はずっと雨が降っていたのに、ラッキー!新幹線も飛んでくようです。

秋にあるクローズドの催し打合せのため、この日は早めに到着しました。

名古屋のメトロ構内は階段が多いのでいつもはタクシーを使うことが多いのですが、この日は時間があったので完全バリアフリー経路で乗り換えしてみようとチャレンジ、しかし失敗。。栄駅はドラクエ2のダンジョンですか?

まぁそんなことがあっても大好きな名古屋だから全然OKですが。もうひとつは、名古屋のタクシーの運転手さんは礼儀正しくて話が面白いので、この不便さのおかげでタクシーが繁盛するんだったら結構なことだとも思います。

栄のホテルから郊外の打合せ場所へ向かいました。荷物なしで街を歩くのは初めてかもしれません。軽々と足が運びます。

090612_01
浅井鳥獣店。同じ並びに上田鳥獣店もありました。

090612_03_2
喫茶店がたくさんある名古屋です。
オリジナルなメニューがいいですね。

090612_04
打合せが終わってまだすこし時間があったので、cafe dufiに寄りました。「いらっしゃいませ。。。あれ?のりちゃん、どうしたの!」

090612_05
dufiには一度ふつうのお客さんに行ってみたかったのです。水野マスターの料理中の動作はきびきびと無駄がないです。働く背中をパチリ。

ホテルに戻って、夕方にウルバナへ入りサウンドチェック。このお店は音響設備が整っていて、歌もギターもとても綺麗な音で出してくれます。早々に音が決まったので近くに夕食を食べにいくことにしました。

といってもソロライブの時はひとりなので入れるお店は限られます。今日は前から気になってたコメダ珈琲店へ行ってみました。

090612_06
小倉トースト。
美味しかったし、ライブ前の食べ物としても最高ですよ、これ。

炭水化物と糖がばっちり取れるし量もほどほどです。昼間に結構歩き回ったのに食べたらぐんと元気が出て、演奏中もたいへん集中できました。

ほかに「シロノワール」という名物メニューがあるのですが、これは丸いデニッシュパンに生クリームをたっぷり乗せたお菓子で、要するに「白(シロ)黒(ノワール)」ということだそうです(笑)。今回はパスしましたが、いつか。。コメダ珈琲店は、神戸のにしむら珈琲をもっとフレンドリーにしたような雰囲気で、気に入りましたよ。

ライブは、3日間のツアーでレパートリーをあまり変えないで続けて演奏しようと決めていました。イメージがしっかり固まっていたので演奏もぶれないで良かったような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.27

モーションブルー終了

モーションブルーにご来場のみなさま、雨の中を遠くまで駆けつけてくださってありがとうございました!無事に終わることができて本当によかったと安堵しています。

そこそこ大きな会場なので、2年前の出演の時はエレアコ・ギターを使ったのですが、今回は生のクラシックギターでのぞみました。できるだけナチュラルな音で聴いていただきたかったから。。

これが上手くいくか心配で前の週から怖い夢を見たり(ギターがまっぷたつに折れる夢)してプレッシャーがかかっていましたが、会場のエンジニアさんが涙が出るほどきめ細かい努力をして下さり、万全の状態でステージにあがることができました。後で何人かのお客さんから「音が良かった」と言ってもらえたので、それはそれは嬉しかったです。

音のこともそうなんですけど、赤レンガのジャズクラブという派手な雰囲気に巻き込まれず、自分のボサノバを演奏することに今回は一番気をつけました。といっても空間の大きさがいつもと違うのでプログラムを考えるのも難しかった(そう思うと、どこでも同じことをやってのけるジョアンはやはり凄すぎる)。でも2年前よりすこし理想に近づけたので良かったと思ってます。

ステージから見るモーションブルーの客席は、大きな応接間のよう。お客さん達はいつもに増してくつろいでいます。客席からだとステージの後ろに海や船が見えて、段々日が暮れていく景色がサイコーなんだそうです。残念ながらステージ側からは全然それがわからないんですけどネ。。

例によってこの日は写真が全く撮れませんでした(誰か携帯でも撮った人いないかしら!)。ビデオムービーは持って行ったのだけど、時間の余裕がなくてセットできずじまいでした。まあいいか。

でも音は会場で録音をしていただきました。こちらに少しアップしますので、ぜひ聴いてみてください。


Lugar Comun

その前の「音や金時」、これもいい雰囲気のライブになって良かった!我ながら今月はがんばったというか、毎回のライブで濃い時間を体験しました。これを栄養にして進歩できたらいいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.18

6月後半、東京~横浜

今月後半は、あと2つライブがあります。
それぞれ違う雰囲気、どっちも大好きなメンバー、大好きなお店です。ぜひお出かけください。


●6/18(木) 東京・西荻窪「音や金時」
19:30start 2stages
山本のりこ(vo,g)、matsumonica(harmonica)
アクセス:JR総武線 西荻窪駅 徒歩5分
tel:03-5382-2020 東京都杉並区西荻北2-2-14 喜志コーポB1F
http://www2.u-netsurf.ne.jp/~otokin/
Music Charge:¥2,300
音や金時では予約制を取っていませんので、直接ご来場下さい。


●6/22(月) 横浜・赤レンガ倉庫「モーション・ブルー・ヨコハマ」
18:30/20:30 2stage 入れ替えなし
山本のりこ(vo,g)、二村希一(p)、岸徹至(b)
アクセス:
JR桜木町駅から汽車道経由で徒歩約15分、JR関内駅から徒歩約15分
みなとみらい線「馬車道駅」6番出口または「日本大通り駅」1番出口より徒歩約6分
tel:045-226-1919 横浜市中区新港1-1-2 横浜赤レンガ倉庫2号館
http://www.motionblue.co.jp/
Music Charge:¥3,675
<電話予約>モーションブルー tel:045-226-1919
<web予約>モーションブルー http://www.motionblue.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.17

東海道ツアー終了しました

名古屋、浜松、大阪とこだまを乗り継いでの東海道ツアー、無事に終えて帰ってきました。

出発までの東京の雨がウソのようで、3日間とも真夏のようないいお天気でした。風邪引かないようにとずっと山登りのような格好でいたので(暑かったですが)、体調も絶好調のまま演奏できました。

各地で濃いひとときを一緒に過ごしてくれたお客様に、本当に感謝しています。会場のスタッフのみなさま、共演の道下克己さんにも。どうもお疲れ様でした。

090615
帰りの新幹線の中であたたかい感想のメールが次々と入ってきました。嬉しさで落ち着きませんでした。。

また一段落したら、レポートを載せます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レオからの手紙 その5

Leo Minax 来日によせて
不定期連載「レオからの手紙」

東京に戻ると、レオのアルバムを試聴したゼジさんからすぐに連絡がありました。大変気に入ったのでCD取扱いの交渉をしたいとのこと。久しぶりにレオにメールを入れて取り次ぐと、彼も良いニュースにとても喜びました。

『もちろんOKだよ!彼に僕の連絡先を教えてください。スカイプでもいいよ!』

ほどなくしてサンバタウンでのCD販売が決まり、レオのアルバムが日本に上陸することになりました。欧州からの直輸入はハードルが高かったかと想像しますが、労力を惜しまないほど作品を高く評価してくれる人にレオを会わせることができて良かったと思いました。(ただ残念ながら、ゼジさんも彼のスカイプ相手にはなりませんでした)

ところで。
レオ・ミナックスはミナスジェライス出身のブラジル人で、大学卒業後にお祖父さんの祖国であるスペインに移ったそうです。MINAXはミナスから取ったものなんでしょう。なんか80年代ぽいネーミングですね。私などはどうしても、その昔に米山ラケットから社名を改めたYONEXを思い出してしまいます。。

2007年のインタビューでは、マドリードに住んで23年、人生のほぼ半分にあたると答えています。彼がスペインの文化から影響を受けたのかどうか分かりませんが、レオの音楽を聴く限り、全てはもともと彼が持っていたもので、むしろ故郷のミナスジェライスや生まれた時代が大きく影響しているように感じます。

ただ、スペインに渡ってプロデューサーのスーソ・サイスと出会ったことは決定的だったでしょう。特に「Aulanalua」の豊かなサウンドやアーチストとしての唯一無二の個性は、スーソがいなければ作られなかったはずです。

長いリハーサルを重ねた上で一発録りしたレコーディングについて、スーソがインタビューで話している内容は、面白いです。英語字幕つきなのでぜひご覧下さい。

SUSO SAIZ talks about LEO MINAX
http://www.youtube.com/watch?v=IWFWvMuLe0w


つづく

-----
【Leo Minax 日本ツアー2009 公式ブログ】
http://leominax.blog54.fc2.com/
各公演 予約受付中
-----
「レオからの手紙」をまとめて読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.06.07

やっと晴れ

090606_01

プラッサオンゼにお越しの皆様、どうもありがとうございました。

トリオのライブは最近少な目なので、貴重な機会だし楽しいです。それぞれの音色や役割の違いが三角形のかたちを刻々かえていく感じがして。客席からはどんな風に見えているかなぁ。リハーサルでばたばたしてビデオが撮れなかったので残念でした。

今月はプチ・ツアーとか、東京、横浜、いろいろ濃いライブが沢山で、昨日あたりから徐々にそわそわしてきています。。浜松のライブは早々に満席になったとのこと。感謝です。早く色んなところでみなさんにお会いしたいです。

新幹線にいっぱい乗れるのも嬉しいです。しかも大好きなゆっくり「こだま」。

090606_02
本は何を持って行こうかしら。。(笑)
今読んでる本「告白」がぶ厚すぎてカバンに入らず、全然すすみません。できれば上下巻にして欲しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.06

レオからの手紙 その4

Leo Minax 来日によせて
不定期連載「レオからの手紙」

スカイプの件があってやり取りは一時途絶えました。その間、私はブラジルのシンガーソングライター、マルセラ・ビアジと曲をひとつ作りました。彼女との作業は驚くほどすんなり行ったけど、レオの音楽に対しては私は一般リスナーであって、共作をするというイメージは何となく持てないでいるのでした。

屈託のないレオは気を悪くする様子もなく放っておいてくれました。時々myspaceの上で短い挨拶を交わしながら2007年が過ぎていきました。

その年の終わりに名古屋に演奏に行った時、サンバタウンの店長上沖さんことゼジさんに会う機会がありました。サンバタウンはおそらく名古屋では初めてのブラジル専門CDショップです。

彼とはお店がオープンする前から旧知の間柄で、実店舗があった時に何度かお店にうかがいました(現在は通販専門)。東京とはまた違ったカラーの品揃え、良い作品が豊富にそろっています。ゼジさんはとりわけミナスの音楽やブラジリアンロックに深い理解があって、お会いする時はそんな話題で盛り上がります。

ライブが終わったあと、最近聴いてよかったのある?なんて話をしていてレオのことを思い出したので、ぜひ聴いてみてとお勧めして名古屋をあとにしました。それが後に、ゼジさんに一大任務を負わせることになりました。

つづく

-----
【Leo Minax 日本ツアー2009 公式ブログ】
http://leominax.blog54.fc2.com/
東京公演インターネット先行予約
6/6(土)~6/16(火)受付中
-----
「レオからの手紙」をまとめて読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.01

演奏の予定 2009/06/01-06/30

090602


●6/12(金) 名古屋・栄「URBANA Latina(ウルバナ・ラティーナ)」
20:00-start 2stages
山本のりこ(vo,g)ソロ
アクセス:メトロ栄駅下車 徒歩1分
tel:052-252-0127 名古屋市中区栄4-2-10 小浅ビルB1F
http://www.garys.jp/urbana.html
Music Charge:¥2,000(+テーブルチャージ¥500)


●6/13(土) 浜松・板屋町「手打ち蕎麦 naru (ナル)」
SOLD OUT ありがとうございました


●6/14(日) 大阪・阿波座「マーサ」
open 18:00 / start 19:00
山本のりこ(vo,g)、『みちしたの音楽』道下克己(flugelhorn,tp)
アクセス:地下鉄阿波座駅 徒歩5分
tel:06-6446-2314 大阪市江戸堀3-8-16
http://www.marthanet.com/
Music Charge:予約¥2,000/当日¥2,500(共にご飲食別)
<ご予約>メール予約アドレス info@marthanet.com
・【日程・アーチスト名「6/14山本のりこ」】【ご氏名・ご住所・連絡先電話番号】【申込み人数】【連絡用メールアドレス】をご記入の上、ご送信ください。
・「予約受付番号」を記載した確認メールが返信されます。当日は番号の控えを必ずお持ちください。携帯より送信される方は上記予約アドレスからのメールを受信可能にしておいて下さい。
・電話でのご予約はお受けしておりません。悪しからずご了承ください。


●6/18(木) 東京・西荻窪「音や金時」
19:30start 2stages
山本のりこ(vo,g)、matsumonica(harmonica)
アクセス:JR総武線 西荻窪駅 徒歩5分
tel:03-5382-2020 東京都杉並区西荻北2-2-14 喜志コーポB1F
http://www2.u-netsurf.ne.jp/~otokin/
Music Charge:¥2,300
音や金時では予約制を取っていませんので、直接ご来場下さい。


●6/22(月) 横浜・赤レンガ倉庫「モーション・ブルー・ヨコハマ」
18:30/20:30 2stage 入れ替えなし
山本のりこ(vo,g)、二村希一(p)、岸徹至(b)
アクセス:
JR桜木町駅から汽車道経由で徒歩約15分、JR関内駅から徒歩約15分
みなとみらい線「馬車道駅」6番出口または「日本大通り駅」1番出口より徒歩約6分
tel:045-226-1919 横浜市中区新港1-1-2 横浜赤レンガ倉庫2号館
http://www.motionblue.co.jp/
Music Charge:¥3,675
<電話予約>モーションブルー tel:045-226-1919
<web予約>モーションブルー | チケットぴあ | Yahoo!チケット   
※大学生、専門学校生の方は学生割引が利用できます(ただし電話予約のみ)。利用方法はサイト参照

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »