« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010.01.31

プラッサオンゼ ありがとうございました

プラッサ・オンゼのライブ、無事に終了してほっとしています。ご来場ありがとうございました。

ちょっとサウンドチェックで手こずり、開演前はバタバタしていました。でも始まると魔法のように音の世界に誘い込まれていくような気がするのは、やっぱり聴いてくださってるお客さんの力だなぁ。。生のライブはそこがやめられないといつも感じています。

そしてマツモニカさんと岸徹至さんのタッグがますます頼もしくなって、ひたすら歌うことに集中させていただけました。

ところで、プラッサ・オンゼはお店の入り口がすこし様変わりしていました。上(1F)のブティックが別のお店に変わるみたい。地下に降りる階段のまわりが真っ白に塗り替えられました。

100130_1709001

余計に怪しく見えるような気もする(笑)


次回は3/22(月・祝)に決まりました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.29

明日1/30はプラッサ・オンゼ

あしたは、今月2回目にして最後のライブ。
プラッサはなんと4ヶ月ぶりなので、新鮮な気持ちで演奏できそうな気がして、わくわくと曲を準備しています。

お会いできるのを楽しみにしております。

●1/30(土) 東京・表参道「プラッサ・オンゼ」
20:00start 2stages
山本のりこ(vo,g)、matsumonica(harmonica)、岸徹至(b)
アクセス:地下鉄表参道駅 徒歩5分
tel:03-3405-8015 東京都港区北青山3-5-2
http://www.praca11.net/
Music Charge:¥2,300

100115_01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.25

Estateとブルーノとジョアン

はなはだ季節はずれですが、最近「Estate」というイタリアの曲の意味を自分で訳してみて、しみじみ良いと思いました。忘れないうちに載せておこうと思います。

-----------

「Estate(夏)」

夏よ
おまえは失ったくちづけのように熱く
過ぎ去った愛に満ちている
私の心はそれを消し去ってしまいたいと願う

夏よ
毎日 暖かだった太陽
なんと美しい夕陽
今はただ 怒りのように燃える熱さでしかない

また冬がくる
いく千のバラの花びらが落ち
雪がすべてをおおう
そして多分 いくぶんの平静が戻るだろう

夏は
ひとつひとつの花に香りを与えた
あの夏はふたりの愛をつくった
私に死ぬほどの傷みをくれるために

夏はきらい

-----------

この美しい歌をつくったBruno Martinoはどんな人だったんだろうと気になって、調べていました。イタリアのジャズ・ピアニスト、そして歌手で作曲家なんだそうです。他にも素敵な曲を沢山つくっているようで、爽やかなボサノバのような曲もありました。


Bruno

ブルーノ・マルティーノはこんな人。
61年のジャケット、お洒落~


「Estate」はご存知のとおり、ジョアン・ジルベルトが歌っていることでよく知られています。彼がイタリアに行った時にブルーノの演奏を耳にして、この曲を歌いたいと思ったのだそう。。多分この曲は、当時ではかなりモダンだったんじゃないでしょうか。いかにもジョアンが好きそうなメロディです。そしてジョアンが後にアルバムに録音したことで、今のように世界で有名になったのだそうです。

私は上のジャケットのブルーノを見て、顔立ちは全然ちがうけど、雰囲気がすごくジョアンに似てると思いました。歳がほとんど離れていないみたい(ブルーノはすでに故人ですが)なので、2人ともこの時代のモダンな音を探して夢見る青年だったんだろうなぁ。

色々思いを巡らせるのは楽しいです(歌うのはとても難しい曲です)。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.18

2月旅ライブ 大阪~三島

100107_07

そろそろ寒さのピーク。ストーブから離れられないこの頃です。でも日差しは段々まぶしくなってきていますね。

2月の終わりに大阪と三島のライブを予定しています。お近くのみなさん、お会いできたら嬉しいです!


●2/27(土) 大阪・心斎橋「屋上アート+キッチン [afu] 」
15:00open 15:30start 2stages
山本のりこ(vo,g)ソロ
アクセス:メトロ心斎橋駅または四ツ橋駅 徒歩3分
大阪市中央区西心斎橋1-8-9 商都ビル最上階
http://a-fu.org/
Music Charge:前売¥2,500/当日¥3,000 (ともに日本酒1drink+おつまみ付 ※お酒の飲めない方にはノンアルコールドリンクも用意しております)
協賛:灘の清酒 白鷹株式会社
【予約・お問合せ】e-mail: okujo@a-fu.org または tel 080-4010-3989 (受付時間 10:00~18:00まで)


●2/28(日) 静岡・三島「dilettante cafe」
20:00start 2stages
山本のりこ(vo,g)、matsumonica(harmonica)
アクセス:三島広小路駅 徒歩3分
tel:055-972-3572 三島市緑町1-1
http://dilettantecafe.beblog.jp/
Music Charge:¥2,500


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.12

ソロライブ初め、九州のこと

9日の日暮里ポルトにおいで下さったみなさん、ありがとうございました。

ポルトでの演奏は2ヶ月ごとなので、今年6つあるうちの1回がもう終わってしまったのか!なんて思います。年明けから気が早い?でもその貴重な1回分をじっくりかみしめて演奏できました。

そういえば友人の年賀状に、「温泉にいってきました からみつくようなお湯が云々...」という一行が書いてあったんです。私もからみつくお湯のような音楽をしたい(笑)!それを今年の目標にしよう~。

100107_04_2

それからこの日は、熊本でライブをさせていただいたバー「tristeza」のオーナー野口さんが来店されました。年始休みで上京中とのこと。tristezaは残念ながら何年か前に閉店になってしまいましたが、変わらずお元気で、熱のこもった音楽話をつぎつぎと繰り出します。豪快さと繊細さをあわせもつ奇特なお方。パワーをもらいました。

そして野口さんから、福岡「ショーペリア」の店主・本村さんが亡くなられたことを聞きました。昨夏のことだそうです。私はショーペリアには行ったことがなくて、本村さんとは以前にお電話で話しただけですが、そのうちぜひうちで演ってねと言ってくださっていました。結局お会いできずじまいになりました。

中学校の3年間を熊本で過ごしたこともあるので、九州には特別な思いがあります。ああまた行きたいな。。という思いが募った夜でした。

Tsubame2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.04

演奏の予定 2010/01/01-01/31

091223_02

●1/9(土) 東京・日暮里 「bar porto」
19:45start 2stages
山本のりこ(vo,g)ソロ
アクセス:JR日暮里駅、徒歩5分
tel:03-3891-6444 東京都荒川区東日暮里5-40-8
http://barporto.cocolog-nifty.com/
Music Charge:¥2,000


●1/30(土) 東京・表参道「プラッサ・オンゼ」
20:00start 2stages
山本のりこ(vo,g)、matsumonica(harmonica)、岸徹至(b)
アクセス:地下鉄表参道駅 徒歩5分
tel:03-3405-8015 東京都港区北青山3-5-2
http://www.praca11.net/
Music Charge:¥2,300


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.03

初空や

100103

明けましておめでとうございます!

年末年始の東京はずっとお天気がよくて、夜も月が綺麗でした。お正月の季語で「初空」というのがあるらしいので、素敵だなと思ってさっそく使ってみました。

去年は、ひとつひとつのライブを今までより丁寧にやれた年になって良かったなぁって思っています。ちょっとは進歩したのかな? なんだけど、もっとああしたいこうしたいという望みが次から次へと出てくるもの。。音楽は奥が深くてつかみどころがなくて、飽きることがありません。

今年もどうぞよろしくお願いします。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »