« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010.06.30

酒屋さんのネックレス

かつては小さな村だったと思われる、のどかなうちのご近所。ぽつぽつと商店が並んでいて、一応商店会なんかもあるようです。

引っ越して最初の3年はお店の看板もろくに見てなくて、一体何屋さんがあるのか把握できてませんでした。5年をすぎたあたりで、お米屋・お寿司屋・酒屋さんがふたつづつあることに気づきました(効率が悪いですね、笑)。10年になった今年、やっと両方のお米屋さんで買ってみて食べ比べるところまでたどり着きました。

二軒ある酒屋さんのうち片方は薄暗くて、営業してるのかどうかも不明。ただ、お店の前にいつも家庭の古着が入った箱が出てて、1ケ30円と書いてあるのです。

100630_1142001_2

何となくチラ見しながら通り過ぎているのですが、そそられるものはなく。。ただ、箱の中のものが変わってると、人が生活してる気配が感じられて嬉しかったりして。

先日、珍しくカラフルな色のものが箱に入っているのを発見しました。

100630_1155001

てんとう虫のネックレス。これたぶんドイツの玩具メーカーのものです。子供用だけど可愛いな。。しばし迷った末、勇気を出してお店の引き戸を開けると、しばらくしてお爺さんが出てきて30円で売ってくれました。

安すぎて申し訳ない気がして、他に何かと思って暗い店内を控えめに見る。。酒屋といいつつお店の中には少ししか品物がありません。みりんのような瓶が目に入りましたが、賞味期限は大丈夫なのか??

というような考えがぐるぐる巡って、さっと手に取ったのはコレ。

100630_1158001

実は初めて食べたスパムランチョンミート。けっこう美味しかった~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.29

boozy muse でのライブ

大久保「boozy muse」にご来場のみなさま、どうもありがとうございました!

当初はエレアコギターを持っていこうと思っていたものの、前日にむらむらとアンプラグドでやりたくなって、勝負でクラシックギターとマイク一式を持っていきました。

100624_1900001

しかしこのお店、品のいい内装でよいですね。横長の形も好きです。大久保通りと小滝橋通りの交差するところにあって、周りも活気にあふれています。

初めての会場なので、ほんとにクラシックギターで大丈夫なんだろうかと不安でしたが。。後ろに吊られたスピーカーはまったくハウらず、すごく柔らかい良いサウンドになりました。後でおうかがいしたら、アンプの方でハウリング対策をしっかりなされているそうです。

ピアノと管楽器にも負けない大きさで音が出せてうまくバランスが取れたので、もう1曲目のイントロを弾き出した時から本当に気持ちよくて、あぁ嬉しい、嬉しいと思ってしまいました。歌の間を縫うように入ってくるSteve Sacksさんのフレーズと、きらきら跳ねる二村希一さんのピアノは、絶妙のコンビネーションです。あっという間に2セットが進んで、最後の曲になった時には「あれ、もう?」という感じでした。

100624_02
写真を撮ってくださったガクさん、ありがとうございます!

アンコールは「祝福のサンバ」で。お客様にもコーラスを手伝っていただきました。

次回いつになるか分かりませんが、また企画しようと思いますので、ぜひご期待くださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神戸

広島の翌日は神戸「かくれんぼ」でライブでした。

100620_1110001

移動の列車はレールスターひかり。ドリンクホルダーが座席についてます。トンネルが多いですね~。

100620_1222001

お昼過ぎに新大阪に到着。いったん実家に荷物を置いて、ひと休みしてから三宮へ向かいました。

「かくれんぼ」でのライブは、ギタリストのハーミット西山さんが企画して下さいました。(今回の旅ではほんとに地元のミュージシャンの方々にお世話になりました) 生田神社のすぐそばで20年近く営業している、老舗の音楽barです。

初めての場所なので多少ドキドキしながらご挨拶をして、サウンドチェックを。。ところが、藤原マスターの作ってくれる音が何とも自然で温かく、緊張感はすぐに消えていきました。ここはフォークやブルース系のミュージシャンがよく出演しているそうで、一見大幅にジャンルが違うように見えますが、ジャズやポップス系のお店よりも実はこういう場所の方がギターの繊細な音をわかってくれていることが多いかも。

西山さんはトリオのメンバーでオープニングアクトをして下さいました。ボーカルのkayoさん、ハーモニカのちゃ太郎さん。息のあった素敵な演奏でした。

前日の広島でも思ったけど、オープニングアクトをする方々はこちらが謝りたいぐらい良い演奏をされます。欲とか煩悩とか、余計な力がうまくそぎ落とされているんではないでしょうか。。ということは、私も自分の後に誰かが出るような気持ちで演奏すればいいんではなかろうか?

100620_2030

本番はこんな感じでした。
音もやりやすいし、お客様も集中して聴いてくださり、とてもリラックスして演奏できました。終わった後に、マスターが「普段たくさん練習していないとそういう声は出ないですよね」と言って下さったのが、最高のごほうびでした。

しかしこのログハウスのようなお店、とても落ち着きます。藤原マスターの素朴なお人柄にもすっかりやられました。いつか時間があったら普通にお客さんとして立ち寄ってもみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

広電いろいろ

Hiroden1


Hiroden2


Hiroden3


Hiroden4

レトロ車両には出会えませんでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

広島

6月19日、広島で演奏して参りました。

100619_1302001

空港からバスで小一時間、広島駅に到着。駅のコンコースにはカープの応援歌がとどろきわたり、赤い服を着た人でいっぱい。短い飛行機の移動でぼんやりしていた私も、これで一気に広島に来たという実感が湧きます。

100619_1306001

ホテルに向かう途中、鉄板焼きのお店に何軒も遭遇。美味しそう!結局私はおうどんを食べましたが、関西ともちょっと違う出汁、お醤油の香りがいかにも瀬戸内という感じで、忘れていた西日本の味をすっかり思い出しました。

このたびのライブは、広島でジャズやボサノヴァを歌っていらっしゃるシンガー、吉田菜穂子さんが企画してくださいました。ギタリストの岩見祐一さんと一緒に車で迎えにきてくださって、初対面。

菜穂子さんとは春先からずっとメールでやり取りしていて、優しい気遣いにあふれたチャーミングな方。実際にお会いしてみると何だか昔から知ってる人のようで、あまりのフィット感(?)に驚きました。岩見さんはどこか飄々としていて、でも音楽の話をしていると鋭い言葉がぽんと出てくる、やはり素敵な方でした。あれこれと話をしながら会場へと向かいます。

100619_1633001

会場のZAIKUCRAFTに到着。真っ白な雑貨屋さん。ライブのためにかなり配置換えをして大掛かりな準備をして下さいました。

100619_1636001

プリザーブドフラワーやアクセサリー、洋服を扱っておられます。女性にはもうたまらない可愛らしい品物ばかり。。

オーナーの岡田さんやその日のスタッフの方々、みなさん明るい笑顔で出迎えてくださいました。岡田さんは少女のようでもありお母さんのようでもある、とっても魅力的な女性でした。

で、リハーサルが終わってから着替えをしようとしていたら、岡田さんからお店の洋服を着て歌いませんか、と提案が。お言葉に甘えてさらさらした生成りリネンのお洋服に着替えさせてもらいました。岡田さんはブライダルの仕事を以前にされていたそうで、着替えた後は髪の毛までメイクして下さいました。こ、こんな展開は初めて。なんと贅沢な!!

100619_1830

夕方になり、まだ外が明るい時間に開演です。
お客様のなかには、CDをあらかじめ全部買って予習して来てくれた人もいて、とても嬉しかった。。ボサノヴァに詳しい方も沢山いらしたようで、カエターノのナンバーが良かったと感想をいただいたりしました。

菜穂子さんと岩見さんがオープニングアクトを披露してくれました。初めて生で聴くお二人の演奏もとても清楚で美しく、染み入りました。

100620_2352001

ライブ後、楽しい打ち上げもあり、ホテルに戻ると10時台。まだ東京あたりでは夜もこれからな時間。

なんだか夢のような一日。。本当に沢山の方にお世話になりながら歌わせてもらってるんだと感謝した日でした。その分をまた演奏でお返ししたいものです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.24

本日

118671762

広島と神戸の旅から帰ってきました!沢山の方にお世話になり、感謝の気持ちでいっぱいです。

さて本日は楽しみに準備をすすめてきたトリオライブです。今年前半の最後になるので、とびきり素敵な一夜になるようにがんばって参りますよ。

お席はまだ余裕がありますので、よろしければお出かけください。

●6/24(木) 東京・大久保 「boozy muse」
19:40start 2stages
山本のりこ(vo,g)、Steve Sacks(sax,fl)、二村希一(p)
アクセス:JR大久保駅、徒歩7分
tel:03-3362-4766 東京都新宿区北新宿1-8-20 KOKORO B1F
http://www.boozy-muse.com/
Music Charge:¥2,500

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.06.18

広島~神戸へ

100616

明日から広島~神戸2日間の旅ライブです。梅雨前線が心配。。今年は年明けからかな~り晴れに恵まれてきましたが、どうなるでしょうか。どきどきしています。

おかげさまで、6/19広島のライブはすでに満席になっているそうで、このたび企画をしてくださったnahokoさんには大変感謝です。6/20神戸の方は、お店でのご予約は特に受けていないそうですので、当日でもどうぞお気軽にお出かけくださいね。

どちらも良いライブにしたいと思います!


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.06.17

美味しいピザ&リズム

土曜日は、須藤かよ(p)さんとの高円寺「アフターアワーズ」ライブ、楽しく終了しました。

100612

夏至も間近ですね。夕方の6時をすぎた店内はこんなに明るかった。


かよちゃん宅ではよくリハをさせてもらっていて、今回も前の日にお邪魔しました。彼女の家は東京の端っこの草深いところで、わたしの実家によく似た景色が見られるのでいつも懐かしい気分になります。

で、お宅の近くに素敵なピザのお店があるというので、練習の前にランチに出かけました。

100611

たどり着いたのは山の上にあるどっしりした民家。。ここでピザが食べられるのにも驚きましたが、こ、これは前代未聞の美味しさ!!(あまりの素晴らしさに店内を撮るのは失礼な気がして。。中の写真はございません。。) アンチョビとトマトのピザをいただきました。生地のパリパリ感も絶妙で、夜寝るまでずっと感触が忘れられませんでした(笑)


かよちゃんはピアニストでアコーディオンも弾くのだけど、この日はピアノだけ。楽器を持ち替えるライブも変化が出て良いのですが、ピアノだけに専念すると1曲ごとにグルーブ感が研ぎ澄まされていくようで、それもまた素敵だなと思いました。

彼女とは長く共演させてもらっていますが、自然な手の動きから出てくるリズムが気持ちよくて、何をやってもテンポがずれることがないのでとっても安心です。かよちゃんのリズムはきっとあの森や山から生まれてるんではないかな~。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.08

演奏の予定 2010/06/01-06/30

100608


●6/12(土) 東京・高円寺 「after hours」
20:00start 3stages
山本のりこ(vo,g)、須藤かよ(p)
アクセス:JR高円寺駅、徒歩4分
tel:03-3330-1556 東京都杉並区高円寺北3-21-20,2F
http://www.afterhours-1975.com/
Music Charge:¥1,200+テーブルチャージ¥400


●6/19(土) 広島・草津本町「ZAIKUCRAFT」
17:30open 18:00start
山本のりこ(vo,g)ソロ
アクセス:
広島市西区草津本町29-6-B
http://zaiku.under.jp/
Music Charge:¥2,000
【ご予約】満席となりました(6/11) 有難うございます。


●6/20(日) 神戸・三宮「かくれんぼ」
18:00open 19:00start
山本のりこ(vo,g)ソロ
オープニングアクト:Kayo(vo)、ちゃ太郎(harmonica)、ハーミット西山(g)
アクセス:三宮駅徒歩5分
神戸市中央区下山手通り2-16-16, AビルB1F
http://sound.jp/kakurenbo/
Music Charge:¥2,000(1drink付)


●6/24(木) 東京・大久保 「boozy muse」
19:40start 2stages
山本のりこ(vo,g)、Steve Sacks(sax,fl)、二村希一(p)
アクセス:JR大久保駅、徒歩7分
tel:03-3362-4766 東京都新宿区北新宿1-8-20 KOKORO B1F
http://www.boozy-muse.com/
Music Charge:¥2,500
お席が埋まり始めております。ご予約はお早めにどうぞ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010.06.07

供花

100603

以前にお世話になっていたお店「ボブテイル」の店主、羽場達彦さんが、5/27に亡くなられました。

私のサイトの表紙になっている写真は、このお店で撮ってもらったものです。何回も出演させてもらって、いろいろなことを教えていただきました。

お別れの会には、青い花を持っていきました。ブルー・スターというそうです。羽場さんにぴったりなような気がしました。

故人の思い出はまだ言葉ではうまくいい表せないので、今はただお会いできたことを感謝して、ご冥福をお祈りしたいと思います。


|

Sem Voce終了

6月最初の日は、Steve Sacksさんのバンド、Sem Voceに参加してきました。ジョビンの曲だけを演奏する企画です。

100601_001

年に何回あるかという間隔で催されていますが、それでももう11回目になったそうな。

100601_002

楽屋さんのステージの後ろは公園なので、昼間はこんな感じ。太陽が高い初夏の午後は、光がさんさんと差しています。

100601_003

ここのエンジニアさんは日によって人が変わります。前回につづいて同じエンジニアさんに当たって、この方の出してくれる音がすごくやりやすい!優しいけど芯のしっかりした音を作ってくれて、力まずにギターが弾けるのでとてもいい気分でした。

ここでも時々書いていますが、ジョビンの音楽はセッションでざっくりやるのと、きちんとアレンジしてやるのとでは、和音の取り方が大きく変わります。Sem Voceの場合はアレンジもするし自由な部分も残すというスタイルでしょうか。でも結局どっちで演奏しても大きく崩れないのがジョビンの特徴。それは彼自身が最初から意図してやっていたことでもあると思います。

メンバーの方々は演奏は凄腕なのに、性格はみなぽわんとしてて穏やか。。控え室では食べ物かスポーツか健康の話をして過ごしています。段々そういうパーソナリティもステージにいい意味で出るようになってきた気がします。

100601_004

楽屋さんはタイカレーがすごく美味しい!でも歌う前にはちょっとスパイシーすぎるので、私はだいたい外に出ます。これが毎回残念。。でもライブ前にひとりでよそに出ると気持ちはすごく整います。今回は昭和なレストランでカツカレーを頂きました。ラッキョと福神漬け付きの正統派。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »