« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012.01.30

倒れ桜

ライブが一段落したので、久しぶりに川を散歩してきました。

120129_1601001

善福寺川沿いにある、倒れ桜。

初めて見たのは10年ほど前で、その時はまだこんなに倒れてはいませんでした。背の低い私なら少しかがむと通れるぐらいだったのです。

元はきっと、家の垣根内に収まっていたのでしょう。それが斜めに張り出して垣根を飛び出して、倒れていったのでしょうか。数年前、木の周りを半円にえぐるように垣根が造り替えられました。ぐるっと迂回できるように、板で組んだ小道ができているのです。

120129_1631001

フィールド・アスレチックみたいで、楽しい雰囲気なのだ。。

年々傾いていくのを見て、数年のうちに切られてしまうだろうと思っていたので、この半円の道が出来たときに「そこまでするのか!」と、私は感心してしまいました。。それなりにお金もかかることでしょうし。区からは切るようにお達しがきたのかも知れませんが、何とか回避したいという思惑でしょうか。

木の枝は障害物のない方に伸びますので、木は当然ながら川の方にむかって枝を伸ばしていきます(桜は特に枝が広がりますから)。そして根は土の沢山ある方に向かうので、川と反対側に伸びます。この桜は特に岸のすぐ近くにあるので、根のバランスが悪くて、どんどん傾いていくんですね。

そして昨年あたりか、とうとう幹が欄干にもたれる寸前になってしまいました。欄干がゆがんで人が川に落ちたりしたらそれはもう危険ですから、やっぱりアウトなのでしょう。

いよいよ終わりか。。と思っていたある日、ごついスチールのつっかえ棒で幹が支えられていました。そんなもの効くのか?と細部を覗き込んでみると、木は欄干まであと5センチぐらいのところで留まっていました。うおぉ。。

120131_1048001

私はこの家の人に会ったこともないし、もともと他所者なので事情も知ったこっちゃないのですが、こういう景色を眺めていると何とか持ちこたえて欲しいと思えてくるもんですよね。台風の後、地震の後、いつもチェックしに行くようになりました。

この日は朝に地震があったので気になって見に行きましたが、5センチの隙間はまだ健在でした。何本か大きな枝が剪定されたかな?翼をもがれた鳥のような格好になっていました。

でも、枝の先からゴツゴツした膨らみが出来てほんのり紅い色に染まり、蕾の準備を進めています。

120129_1601002

がんばれ倒れ桜。
今年も見事に咲くのだぞ。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.28

サンジャック終了

1/26のサンジャックでのライブ、無事に終了しました。
寒い中をご来場いただいたお客様、ありがとうございました!

120126

共演のマツモニカ(harmonica)さん。丁寧で素晴らしい演奏でした。


504157464

ライブが終わったあとにいつも頂く、まかないご飯、絶品です。そして、演奏中ずっとステージを見守って下さるマスターに感謝。。

次回は4/25の予定です。


セットリスト

1st
Dindi
Chovendo na Roseira
Louco Por Você
Leãozinho
Maria Ninguém
O Morro Não Tem Vez

2nd
Menino do Rio
Tem Dó
Flash Back
Fragile
Meu Jardim de Sonho
Rosa Morena
Aguas de Março

I Wish You Love
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.26

今日はサンジャックで

1月ももうすぐ終わりですね、本当に早いことです。
今日は西荻窪のビストロ、サンジャックさんでライブです。お待ちしています!

●1/26(木) 東京・西荻窪 「サンジャック」
19:30start 2stages
山本のりこ(vo,g)、マツモニカ(harmonica)
アクセス:JR西荻窪駅、徒歩3分
tel:03-3335-8787 東京都杉並区西荻南3-12-1 日伸西荻プラザ B1
http://pomkn.cocolog-nifty.com/
Music Charge:¥2,500+1drinkオーダー

前回はこんな感じでした♪

Saintjaques

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.23

オンエア

先日、オランダのラジオ番組「Brazilian Blend」でオンエアしていただきました。ありがとうございました!

120119_01

曲はアルバムCALORから、「O Negocio E Amar」をかけていただきました。

こちらのページから番組のバックナンバーが聴けるそうです。

Uitzending 19-01-2012 Aflevering 245
(第245回 2012年1月19日)
http://www.brazilianblend.nl/uitzendingen.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.21

L'appuntamento その2

こないだ日記に書いた、「L'appuntamento」の歌詞を訳しました。

L'appuntamento
約束
(Erasmo Carlos/Roberto Carlos/イタリア語詞: Bruno Lauzi)

1.
何度も間違いをしてきたと
もうわかっている
今日もほとんどそのとおり
あなたのことで間違いをしている
でも もう一度
人生が変わるかもしれないと
この奇妙な約束を真に受けた
狂っているわね

通り過ぎる人たちのなかで
私は悲しい
でもあなたへの恋しさがあふれて
泣きたい気持ちより強い
太陽が私の顔を照らし
希望のサインのように思える
あなたが突然目の前に現れるのを待っている

愛は一瞬のもの さからいようもない
あなたが来なければ私は生きられない

2.
時間が経ち 雨が降ってくる
でもまだ望みは残っている
周りの人がどう思おうとかまわない
立ち去りたくない
自分の心をのぞいて 尋ねてみる
なにも感情はない
ただひとつの希望の名残が
人ごみのなかで消えていく

愛は手遅れになってしまった さからいようもない
あなたが来なければ私は生きられない

3.
光、車、ウィンドウ、通り 全てが
私の心を混乱させる
私の影は疲れはじめている
ゆっくりと枯れてゆく 日々をおくることに
帰らなければ 私の家に
私の悲しい人生に
この人生をあなたに捧げるつもりだった
あなたはそれを指で砕いてしまった

愛は消えてしまった でもさからいようもない
もう永久に 私は生きられない


*  *  *  *  *  *  *  *  *


奇妙な約束って、どういうものでしょう。
私には一瞬で想像できました。

「ミモザの花が咲く日に、またここで会おう。会えたら、結婚しよう」

さしずめ、そんなようなことでしょう。ええ、そうに決まってます。

相手は来なかった。そのまま何十年も待ち続けて歳を取ってしまったような、そんな映画の一幕のような景色が思い浮かびます。 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.18

L'appuntamento

西荻のcopo do diaには、いまフラヴィアさんというイタリア人の方がスタッフで働いておられます。先月ライブでお邪魔した時に初めて会ったんだけども、陽気でちゃきちゃきした素敵な女性。ローマでブラジル文学を専攻、日本語も勉強してペラペラという才女でもあります。

年越しの晩も私はcopoに居て、かわるがわるギターを弾いたりしてまったり過ごしていました。

フラヴィアさんと、彼女を訪ねて東京に来ていた友達のマウリツィオさん。2人はカラオケが大好きなんだそう。私の好きなイタリアの曲「L'appuntamento」を歌ってと頼んでみたら、歌詞がうろ覚えだと言いつつも、熱唱してくれました。

111231_01
photo by ばんゆうさん

iPhoneで歌詞を見ながらの歌唱(笑)。
まあなんというか、日本人が外国でちあきなおみの「喝采」を歌うような図でしょう。

生でイタリア人がこの曲を歌うのを見たのは初めてで、私も初めてこの曲をギター伴奏しました!たいそう感激。。良いメロディだなぁとあらためて好きになりました。

「L'appuntamento」はオルネラ・ヴァノーニが歌ってヒットした曲で、オルネラはヴィニシウスの作品をイタリア語で歌ったりもしています。いわば彼女はイタリアのマリア・クレウーザとも言えるのかもしれません。(オルネラの方がはるかに上手いですが)

Appuntamento

そんな年末の出来事を思い出しながら、オルネラのCDをネット調べていたら、驚くようなことが出てきました。なんと作者がホベルト・カルロス&エラズモ・カルロスだったのです。

ブラジル生まれの曲だったんだ~。。

何だか、遠くまで人を探しに行ったのに実はご近所に居た、みたいな気分です。

イタリア語は全然わからないので、今まで自分には縁がないと思っていました。でもそのイタリアの音楽が、ここ何年かで近づいてきている気がします。ブラジル経由で。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.17

Rebornライブ 後記

先月、クリスマスに銀座のRebornで演奏した時の動画です。

Barquinho - 山本のりこ & 小畑和彦

当日のライブの模様をストリームで流すためにとった録画で、素敵だったのでお願いして拝借させて頂きました。

制作は、株式会社デジタルキッスさん。
http://digitalkiss.jp/

この日は沢山のお客様がおいでになりました。録画モニターを隠れて確認できるようなスペースがなくなってしまったので、技術担当の方はなんとお店の外で作業をして下さいました。よく見ると背景の葉っぱの影に人がいますよね! さぞや寒かったことだろうと。。(涙)
デジタルキッスさん、どうもありがとうございました!


さてRebornさんですが、
私が初めて事前の打合せでお邪魔した日、ちょうど雑誌「クロワッサン」の撮影が入っていました。ミッキー・カーチスさんが来店された!といってご店主が興奮されていました(私がお店に行った時間は残念ながら撮影が終わっていました・・)。その記事がいま出てるナンバーに載っているそうです。

120117_01

美しい「くびれ」をつくる特集。表紙は大好きな桃井かおりさん。新年第一号なので、お正月に食べ過ぎた人のための特集だとか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.06

O Pato

お年賀がわりと言ってはなんですが、動画をUPしました。
12月の渋谷バルキーニョのライブからです。

O Pato - 山本のりこ - Noriko Yamamoto


*  *  *  *  *  *  *  *  *

O Pato
アヒル
(Neuza Teixeira /Jaime Silva)

アヒルが
楽しそうに歌いながらやって来ました クェン クェン
カモがにっこり笑って 頼みました
ぼくもサンバに入らせてちょうだい

ガチョウも
そのデュオを気に入って加わりました クェン クェン
ハクチョウを見つけて言いました 「来て 来て」
なんてご機嫌なカルテット  いいね いいよ

池のほとりで練習した まずは
「チコ・チコ・ノ・フバ」から

アヒルの声はまったく酷いもので
ガチョウとの掛け合いの場面はむちゃくちゃ
でも最後に良かったのは
歌いながら
水に落っこちてしまったところ

クェン クェン クェン クェン

*  *  *  *  *  *  *  *  *

ひょうきんな水鳥のカルテット。近くの川の下流にある池には、年によって白鳥が来ます。今年の冬は来るかな?
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.05

演奏の予定 2012/01/01-01/31

111216_1429002


●1/9(月・祝) 東京・日暮里 「bar porto」
19:45start 2stages
山本のりこ(vo,g)ソロ
アクセス:JR日暮里駅 徒歩5分
tel:03-3891-6444 東京都荒川区東日暮里5-40-8
http://barporto.cocolog-nifty.com/
Music Charge:¥2,000


●1/26(木) 東京・西荻窪 「サンジャック」
19:30start 2stages
山本のりこ(vo,g)、マツモニカ(harmonica)
アクセス:JR西荻窪駅、徒歩3分
tel:03-3335-8787 東京都杉並区西荻南3-12-1 日伸西荻プラザ B1
http://pomkn.cocolog-nifty.com/
Music Charge:¥2,500+1drinkオーダー


| | コメント (0) | トラックバック (0)

明けましておめでとうございます

みなさま、明けましておめでとうございます。

2012

2011年は公私ともども忘れられない一年になりました。
疑いもせず信じていた夢の終わりを見たような、そして、自分の中で今までとは違う強さもすこし生まれたような気もしています。

揺れるの気持ちのなかで、それでも音楽のある場所で沢山の方々と一緒に過ごす時間があったことを、とても有りがたく感じています。今の気持ちを大事に、また新しい年をそろりそろりと歩き出していきたいです。

今年もどうぞよろしくお願いします。

 * * * * * * * * * * 

年末のライブ納めは Rosa Roxaライブ。今年も「音や金時」さんでの締めでした。

111228_2049001

沢山のご来場、休憩時間は店内が和気あいあいとして、華やかな雰囲気に包まれました。ありがとうございました!


111224_1720001

晦日は、Rita Lee のDVDを見ました。ラティーナの歳末セールでなんと3本3000円

111230_1612001

インタビューとステージ映像で構成されていて、1本ごとにテーマがあるようです。見ごたえ抜群! (まだ全部見てません)

ジョアン・ジルベルトと初めて共演した時のエピソードを語るヒタ。「彼は電話をかけてきて、電話口でやりたい曲を歌ったの。朝の5時によ!」


111231_2337001

大晦日は、copo do dia の「バッハで行く年来る年」に出かけました。寺前さんのテナーギターソロによるライブ。バッハをがっつり聴いたのは久しぶり、無伴奏による組曲の演奏は仏教にも通じる無心の音のタペストリー。静かで心地よい年越しにあやかりました。

ライブが終わってから年越し蕎麦をいただきました。柚子と生姜たっぷりの美味しいお出汁。。それから近くの八幡さんにお参りにいくと聞いていたのですが、「寒いから」という理由で中止(笑)、そのまま朝までお喋りしたり歌を歌ったりしていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »