« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012.03.30

オンエア 「Amapola」

先日29日、文化放送の「くにまるジャパン」という番組で、アルバムから「Amapola」をかけて頂きました。

文化放送 AM 1134kHz 「くにまるジャパン」
パーソナリティ 野村邦丸さん、石田絵里奈さん
コーナーゲスト・選曲 林伸次さん(渋谷 bar bossa 店主)

ちょうどお昼時ということもあって、ツイッターで「今かかってる」「聴いたよ」とメッセージを頂きました。どうもありがとうございました!


この曲をかけて頂いたことは、今まであまりなかったかも知れません。

2ndアルバム「草の指輪」に入っています。ボサノヴァらしさをより出したかったので、スペイン語からポルトガル語に訳して歌いました。言葉は似てるのでほとんど変わりありませんが、最後の「sola(独りで)」という歌詞が「só」に変わることが私には歌いやすかったです。


最近知ったのですが、このトラックをCDジャーナルのムックで紹介して頂いてます。

スタンダード曲の解説と、それが聴けるCDの紹介をした本です。アマポーラのページに自分のCDが載ってるのを見て、びびりました。感動。。

CDジャーナルさん、あれだけ沢山のアルバムを扱っているのに、作品をつぶさに聴いてレビューをして下さっています。愛、だなぁ。。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.27

高畠ワイン

山形県の高畠ワイナリー。スプリング・フェスタに出演させて頂いてから、はや4年が過ぎました。

毎年の春と秋に、東京都内で「たかはた倶楽部」という報告会を催しておられます。今までにフェスタに出演したミュージシャンの方々、高畠ワインにゆかりのある方々が集まり、最新のワインを賞味しながら語り合うという会です。先日、この会にお邪魔してきました。

去年の春の会は震災のために行われず、最初の挨拶では、この一年がどんな様子であったかが報告されました。3月から夏までは来場者が少なかったこと、それ以降は福島からのお客さんが増え、皆さん美味しいワインにひとときの安らぎを感じて帰って行かれたこと、など。

それから、新しいニュースについて。
ラベルのデザインが新しくなったこと。マグナムサイズが発売されたこと。まるで自分の子供の話のように嬉しそうに語る、ワイナリーの社員の方。ものづくりにかける純真さが、とても清清しいです。。

120326_2153001

清清しいワインを、この日も、沢山頂いてきました。

何種類飲んだかな。。

嘉・スパークリング・シャルドネ
高畠クラシック・シャルドネ
ナイトハーベスト(夜間収穫のぶどうです!)
カベルネ・ソービニヨン赤
高畠クラシック・マスカットベリーAブラッシュ ロゼ
高畠ルオール・シャルドネ
まほろばの貴婦人

これだけ飲んでも、次の日に変な酔いがまったく残りませんでした。


高畠ワイナリーのワインは、デパートの物産展などで買うことができます。通販もありますよ。ワインのお好きな方はぜひ一度召し上がってみては♪
http://www.takahata-wine.co.jp/


*  *  *  *  *  *


ちなみに、この会には日本を代表するフォーク界~ニューミュージック界のミュージシャンの方々が沢山出席され、余興で演奏をされることもあります(ワイナリーのサイトをご覧になると、どんな方々かわかります)。私なんぞはまさに末席を汚しているわけですが、みなさん存在感のある素晴らしい演奏。。贅沢至極です。。今回も、これからの自分の音楽へのヒントを山のように頂きました。

そして、席にはブラジリアンSSW&ボーカリストのTOYONOさんの姿も。同じ年にワイナリーのフェスタに出演させていただきました。TOYONOさんは実は高校の一年先輩で、上京してからその偶然が分かって以来、顔を合わせる度に親切にして頂いてます。

会がはけてから、すこしお引き留めしてお喋り。。のつもりが、なんと朝までになってしまい。。しばらくお会いしてなかった間の積もる話。日々の音楽の仕事で感じることはよく似ていて、独りじゃないんだと心強く感じました。楽しかったな~。。TOYONOさん、ありがとうございました!
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.26

3月の最後は、ポルトで

120312_1558001

今月の最後のライブは、日暮里バー・ポルトです。
いつも奇数月の月始めにやっているのが、今回だけ下旬にずれこんだので、すごく久しぶりのような気がします。

よかったらお立ち寄りください。


●3/30(金) 東京・日暮里 「bar porto」
19:45start 2stages
山本のりこ(vo,g)ソロ
アクセス:JR日暮里駅 徒歩5分
tel:03-3891-6444 東京都荒川区東日暮里5-40-8
http://barporto.cocolog-nifty.com/
Music Charge:¥2,000
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.25

時計の交換

先日、掛け時計がこわれました。

普通の電池式クォーツ時計なので、10年ぐらいが寿命なのかも。さっそく代わりを探してみたところ、意外と気に入るようなものが無い。ちょっと良さそうなものは高いですしね。

地震でどうなるか分からない今、壁に掛ける物にお金をかける気には中々なれなかったりします。いや、お金のことではなく、部屋に新しい物を加えるというイメージが薄くなったのかも知れません。こういう心の動きが消費を鈍らせているんだろうなと、ふと感じてしまいます。

それに今までの物を見慣れて馴染んでいたので、直してそのまま使えたら一番いいんだけど。。

しばし考えた結果、時計本体(ムーブメントというらしい)だけを買って自分で交換チャレンジしてみることにしました。

こういう時にネットはとても便利です♪
時計作りキットの店 http://tokeikit.com/

私にも、できるものだろうか・・・?試しに、こわれた時計の裏を見てムーブメントを外してみました。


120316_2120001


そうか。
歯車までバラバラにすることはなかったのだ。。(笑)
先に針を外せば、ケースごと取れるようになってるのですね。

これでどうやって付けてあるのか分かったので、出来そうな気がしてきました。単品のムーブメントはとても安い値段だったので、もし失敗してもいいや、ぐらいの気持ちで注文しました。

「針は純正品を使ってください」と注意書きがあったので、セットで注文。ヒコーキ形の秒針がついてるものですが、秒針にはさほど興味はありませんでした。もし邪魔なら針の先を切り取ってしまえばいいかな。ムーブメントと針、総額でも千円以下でした。


さて。次の日に物が届きました。早い!


120325_1323001


なんだかんだ10日以上もこの件で悶々としていたので、はやる心で箱を開封。。

一回分解した経験のおかげで(笑)、楽々と取り付けることができました。


120325_1411001


ヒコーキ秒針が想像以上に素晴らしいので、驚きました。
時計が地球になって、世界旅行をしてるみたい。

というのは、このムーブメントの秒針はスウィープ運針(滑らかに回るタイプ)だったのです。時計板の上を旋回する飛行機のなんと優雅なこと。。実際に動いてみるまでは分かりませんでした。

結果的には万々歳だったんだけども、なぜスウィープ式が送られてきたんだろう? 私は一般のタイプ(カチカチ動く秒針)を注文したはずだったのに。


120326_1408001

同封された手紙を見ると、タイの製造工場が水没したせいで一般タイプが品薄となっており、代わりにスウィープ式の方をお届けします、とのことでした。そうだったんですね。スウィープ式は普通よりすこし高いんですが、同じ値段になるように値引きがされていました。

手紙に書かれていた文章に感じるものがあったので、差額をタイ洪水募金に寄付しました。

私がこのムーブメントを注文した会社は、手作り工作・工芸の教材を販売しているようで、こんな素敵なサイトもありましたよ。

クラフト村 風の又三郎

ひょんなことから、思いがけない楽しい体験をさせて頂きました。

これからもしまた、時計がこわれることがあっても、またここでムーブメントを注文するかもしれません。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.24

珈琲とボサノバの一日 動画

3月の始めにやった「珈琲とボサノヴァの一日」から、動画をUPしました。

Cara Bonita - 山本のりこ - Noriko Yamamoto

カルロス・リラの曲ですが、あまり録音されていません。奥さんのKeiさんに捧げた曲だとどこかで読んだことがあります。「そんなに美しい顔を、どこで授かってきたの?」という歌詞。ちょっとチャチャチャっぽいリズムです。


Casa Forte - 山本のりこ - Noriko Yamamoto

こっちはエドゥ・ロボの代表作で、ほんとうに沢山カバーされている曲ですね。
アメリカでも80年代ぐらいにMPBブームのような時期があって、ジャズやフュージョン系の女性シンガーがこぞって録音しました。驚くことにヘレン・メリルもこの曲をレパートリーにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.19

春のいろいろ

120312_1604001

何だかいつもより寒かった気のする3月、後半になってやっと梅が咲き出しました。

先週は、新宿のSOMEDAYに原田芳宏さん(steel pan)のライブを見に行ってきました。


120313_2134001


左から、加瀬達(b)さん、原田さん、福和誠司(per)さん、越田太郎丸(g)さん
贅沢なメンバー!
仕事があって2ndの始まる前にお店にたどりつきましたが、ほんと良い演奏で、来れてよかったと思いました。。あぁ何というんだろう。。邪気が全くない。熟練であっても、毎日、生まれたてのような気持ちでステージに立っておられるんでしょうね。心が洗われるってこういう事だなと思った夜でした。


120312_1608002


さて今週は、知人のミュージシャンの方が東京をあとにして遠方へ行かれました。

私も何度かお世話になったのですが、当分演奏が聴けなくなるそうです。「残念」という言葉で片付けてしまったら失礼のような気もするし、その人の人生だから私は何も言えないけど、素直にさみしいですね。。

この春は他にもお世話になった方が何人か転居されりしたので、季節のせいもあってか、ちょっとセンチになってしまいますなぁ・・・。


120315_1631002


そうかと思えば、やって来る人もいるもので、いままで福岡で活動されていた永見行崇さんが今月から東京に拠点を移されました。音色の美しい、素晴らしいピアニストです。

永見さんとお会いしたのはもう随分前。神戸のcafe fishで演奏した時に、タイバンだった山村誠一さんのバンド"National Jam's"のメンバーとしておられて、何曲かセッションしたのがきっかけでした。(今から考えると、National Jam'sに共演してもらったなんて、身に余る光栄だったのだ。。その節はありがとうございましたm(_ _)m)

彼もそのうちすぐ多忙の身になるだろうと思うので、お暇なうちに会っておこうと思い、最寄り駅まで出かけて、「押しかけプチ歓迎会」を執り行いました。


120319_1800001


本格インドカレーのお店を見つけたので入ってみたら、美味しかった!
永見さんはカレー大好きだそうなので、良かったですね(笑)


120316_1609001


まだコートが手放せない、といっても、明日は春分の日。

これから日が長くなっていくんだな~。ぼやぼやしてるとすぐ夏になってしまいそうなので、巻きをかけていきたいです。
 
 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.18

ムリウイ・ライブのレポート掲載

先日のムリウイでのライブの模様を、ブラジル情報サイト「brario(ブラリオ)」さんが掲載して下さいました。

120229_report

丁寧に記事を書いて下さり、いたく感激しております。素敵な写真と文章を載せてくださってますので、ぜひご覧下さい♪

ライブ当日に、ブラリオのライターの方がいらして写真を撮って下さったのですが、間近で撮っているにもかかわらず空気のような身のこなしで、驚き。久しぶりに立派な仕事ができるメディアの方にお会いできました。気持ちがいいですね~。


音楽だけでなくて、スポーツ、写真展、グルメなどの情報がこれからどんどん増えていくそうです。


記事へのリンク
特集24 Bossa Nova Nightly 山本のりこ

ブラリオ Web Site
Brario_bnr_200_45
http://brario.jp/
 
 


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.03.12

ボサノヴァと珈琲の一日 終了

20120304_01_small

豊中「tipografia」さんでのライブが終了しました。ご来場くださった皆様、ありがとうございました。


20100903_1632

この日はひな祭りの翌日。寒くはなかったけど、雨。
お昼過ぎにお店に到着しました。

120304_1530001

まずは美味しいコーヒーを頂いて・・・

120304_1655001

ご店主の山崎さんと、席の配置を考えました。昨年はガラス窓側をバックにしたのですが、今年は白い壁のほうにしましょうということに。丸く囲むように椅子を並べます。

20120304_03

音響の準備をしていたら、あっという間に開演の時間。
今回も定員いっぱいまでご予約いただいて、有り難い限りでした。

この場所ならではのライブをできないかと考えて、この日は、四人の作曲家というくくりで曲を紹介しながら演奏していきました。カルロス・リラ、バーデン・パウエル、エドゥ・ロボ、カエターノ・ヴェローゾ。 ジョビンが一曲もないライブは珍しいです。

初演の曲も沢山あり、16曲をただ無我夢中でやったという感じ。客観的にみて果たして良いライブができたのかどうか分かりませんでしたが、客席の拍手は熱っぽく、終わった後の感想を聞くと「楽しかった」「印象に残った」という声がいつもに増して多かったです。今回はこの企画でチャレンジして良かったと思いました。

ライブは、演奏の完成度が高い時に必ずしもお客さんが満足するわけではありません。それに、演奏中に自分が調子がいいと思っていても、あとで録音を聴いてみるとイマイチの時もあります。その逆もある。いつでもニュートラルな気持ちで音楽に向かい合いたいです。


120304program
セットリスト


120311_2209001

お土産に、tipografiaさんの豆を買って帰りました。

お店ではコーヒーと共に添え菓子のスコーンを焼いて用意して下さったり、ホットジンジャーエールというメニューもあったりして、工夫を凝らしたおもてなしをして下さいました。お疲れ様でした! 準備から当日までご尽力いただき、本当に感謝しております。

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.03

ムリウイのライブ 終了

120229_01

カフェ・ムリウイでのライブ、終了しました。雪が積もって寒いなかをご来場いただき、本当にありがとうございました!

2月29日、四年に一度しかない"うるう"の日なので、何か良いことがあるんじゃないかとこの日を選んでブッキングしたのです。すごく楽しみにしてたのに前の夜からひどい雪になってしまって。。朝から落ち着かない気分で過ごしました。

120229_1707003

でも昼過ぎには止んで、お店には難なく到着。
屋上に上がったら、雪の積もった庭が迎えてくれました。この場所に来るといつも心がす~っとして自然に音楽をやる気持ちに入って行けるので本当に不思議。。そうして結果的には上々の一日になりました。


120229_1708001

120229_1708002
ローズマリーの花


音響もすっきりして演奏しやすいのもいつも有り難いです。ごく普通の機器を使ってるのに、何なんでしょうね?歌っててストレスが全然ないので、初演の曲にも沢山チャレンジ。とても楽しく、いつまでも歌っていたい気になります。


120229_2013001

初めて来られたお客さんも、この場所がとても気に入ったと口々に言っておられて、私も嬉しく思いました。


次回はいつになるか分かりませんが、今年中にもう一度ぐらいお願いしたいな~と思っています。
 
 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »