« 春のバルキーニョ | トップページ | All in Fun終了 »

2012.04.26

バルキーニョのライブ終了

バルキーニョのライブが終了しました。ご来場ありがとうございました。

この日は、ふたつのテーマをイメージしながら演奏しました。
おぼろに霞んだような甘い雰囲気のボサノヴァの曲、それから、今年の始めからしばらくマイブームになっているEdu Loboの曲シリーズを。

エドゥ・ロボの曲は、Casa Forteのように短調で陰りのあるものがやはり代表的なのですけども、じつは明るい曲、牧歌的で爽やかな曲、結構色々なテイストの作品を書いていて、同時代の人達の中ではいちばんジョビンに近い感じのする、"作曲家然"としたアーチストではないかと思います。

ただ、二人の作品で大きく違うのは、ジョビンはメロディの出だしと終結の音が圧倒的に普通でない(増7度とか)のに対して、エドゥは途中で減5度を多用するものの出だしと終結はトライアドの音を使っています。なので、エドゥの曲の方が地に足が着いたというか原初的なムードを醸し出しているんじゃないかな。。(逆にいうとジョビンの曲は優雅な皮に包まれていても大変個性が強いですね)


というわけで、思う存分に演奏させて頂いてとても楽しかったのですが、なんともうひとつ素敵な出来事がありました。ギタリストの須古典明さんがライブに立ち寄って下さり、何曲か飛び入りして下さったのです。

須古さんは私が上京したばかり時にはすでに色んな場所で活躍されていて、私も演奏を見に出かけたこともありました。その時はただただ「凄いな~」と憧れの目で見ていたのですけど、まさか一緒に演奏できる機会がくるとは、思ってもみませんでした。

Image5

須古さんのギターは繊細できらめくような音色。
譜面がないので、お互いの知っている曲をラフな雰囲気でセッションしたところ、あんな曲やこんな曲や飛び出して、とても楽しいひとときになりました。感激です・・・。どうもありがとうございました!


次回のバルキーニョは夏になると思います。どうぞよろしくお願いします。


セットリスト

<1>
Vivo Sonhando (Tom Jobim)
Correnteza (Tom Jobim)
Se Ela Quisesse (Vinicius de Moraes/Toquinho)
Vou Deitar e Rolar (Baden Powell/Paulo Cezar Pinheiro)
Samba em Preludio (Baden Powell/Vinicius de Moraes)
Bossa Na Praia(Geraldo Cunha/Pery Ribeiro)
Candeias (Edu Lobo)
No Cordao da Saideira (Edu Lobo)
Corrida de Jangada (Edu Lobo)

<2>
Cancao do Amanhecer (Edu Lobo)
Casa Forte (Edu Lobo)
The Lady Wants to Know (Michael Franks)
Historia de Lily Braun (Chico Buarque/Edu Lobo)
--ここから須古さんと--
Wave(Tom Jobim)
Barquinho (Roberto Menescal/Ronaldo/Boscoli)
Berimbau (Baden Powell/Vinicius de Moraes)
I Wish You Love (Leo Chauliac/Albert A. Beach)
海を見ていた午後 (Yumi Arai)
 
 
 

|

« 春のバルキーニョ | トップページ | All in Fun終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72295/54566793

この記事へのトラックバック一覧です: バルキーニョのライブ終了:

« 春のバルキーニョ | トップページ | All in Fun終了 »