« アフターアワーズ終了 | トップページ | カエターノ 13アルバム再発 »

2012.06.24

音や金時ライブ終了、mama-kinの俳句

120622

Rosa Roxa @音や金時、終了しました。


120622_2047001

台風と重なるんじゃないかと気を揉んでいましたが、午前中で雨が止み、沢山の方にご来場いただきました。ありがとうございます!

120622_1835001

前の日は夏至。俳句と書をやっておられるご店主、こと"mama-kin"の俳句パフォーマンスの日で、俳句の書が残っていました。(音や金時のことを略して音金というので、ママさん=ママ金 パパさん=パパ金 となっているわけです)

即興演奏にあわせて即興の俳句をよみ、書を書くのですね。

ママ金の句と書にいたく感動しまして、掲載許可をもらってきました。

閏月の手提げの底
滑る枇杷

水無月の吊り橋
かけおちが渡る

風下の秒針戻し
返り梅雨

蛍袋
変調の境目の色をして

円陣 解き至り
杉代の河


「かけおちが渡る」とは?
吊り橋を渡っている男女を見たので、そう読んだそうです。
とても女らしい感性だと思います。。ロマンチックです。


なんでもパリでもこのパフォーマンスをなされたそうで、動画が上がっています

音金一座、俳句どさ廻り2011 パリ


ここでは、インド、アラブ、ロシア、三味線など、世界の民族音楽をやっているミュージシャンの方が毎晩ライブをやっています。お店の中に入ると、その日その季節に吹いている風に耳を澄ませ、淡々と音を紡いでいこうという気持ちになります。
 


|

« アフターアワーズ終了 | トップページ | カエターノ 13アルバム再発 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72295/55047473

この記事へのトラックバック一覧です: 音や金時ライブ終了、mama-kinの俳句:

« アフターアワーズ終了 | トップページ | カエターノ 13アルバム再発 »