« 九州ツアー2012日記 その2・熊本の市電 | トップページ | 九州ツアー2012日記 その4・福岡へ »

2012.08.30

九州ツアー2012日記 その3・熊本ヌアージュ

8月3日 夕方

_120803_1909001

ライブ会場「ヌアージュ」に到着。
ジャンゴ・ラインハルトのアルバム「Nuages」にちなんで名づけられたそうです。


_120803_1910001

九州初日、初めてのお店、ご店主の片山さんとお会いするのも初めて。やや緊張しながら奥へ進むと、ステージにはギター用のコンデンサーマイクがスタンバイされてました。

ギターを抱えて椅子に座ると、「こんな感じですかね。。」と片山さんが手元のミキサーをちょいちょいといじられ、すっきりと品のいい響きが。最初から何も注文の要らない音になってました。軽くしびれました。。


120803_2000

弾いたとおりに綺麗に音が出るので、本番も力まずに演奏できて、気持ちいいなーと思ってるうちにあっという間に終わってしまいました。


120803_2313002

阿蘇に居を移したばっかりの須藤かよさんもこの日見に来てくれ、ピアノ飛び入り。大好評でした。ありがとう!

2ステージの演奏のあと、第三部は、ボサノヴァを歌うワークショップとセッション。地元で歌っているシンガーの方も参加して下さいましたが、皆さんそれぞれに飾らない歌声で素敵。。Desafinadoの歌詞"これがボサノヴァ、とても自然なこと"という言葉そのままのような空気が流れていました。


120803_2324001

ライブ主催のノグチさん(左)と、片山さん(右)も、演奏。この写真、バーデン&ヴィニシウスみたい?(笑) 片山さんヴィニシウスに似てますねと言ったら、喜んでおられたようでした。

自らジプシースィングの名手であるとのことですが、ポルトガル語でのボサノヴァの弾き語りもしてしまう、このご店主にはびっくりしました。考えてみるとギターサウンドに共通点はあるんですが、歌もできる人には初めて会ったかも。後でお話してみると、まあなんと話題の豊富なこと。。ありとあらゆる音楽を知ってらっしゃるようでした。

片山さんのページ
http://www2.infobears.ne.jp/athome/hp01aa/
読んでいるとじわじわくる面白さです。。


_120803_2332001

みなさんと撮影♪


ノグチさんからは最後に、前回よりも演奏が進歩したようだと言ってもらって、何より嬉しかったです。彼の厳しい耳のおかげでいつも緊張感をもって演奏できるので、それがお客さんに届くのだと思う。そういうことがとても幸せだと感じます。

九州ツアー2012日記
その1・熊本前日
その2・熊本の市電
その3・熊本ヌアージュ
その4・福岡へ
その5・福岡デジャブ
その6・大分へ。青いソニック
その7・大分カンタベリー
その8・帰京
 
 


|

« 九州ツアー2012日記 その2・熊本の市電 | トップページ | 九州ツアー2012日記 その4・福岡へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72295/55545298

この記事へのトラックバック一覧です: 九州ツアー2012日記 その3・熊本ヌアージュ:

« 九州ツアー2012日記 その2・熊本の市電 | トップページ | 九州ツアー2012日記 その4・福岡へ »