« 九州ツアー2012日記 その4・福岡へ | トップページ | 九州ツアー2012日記 その6・大分へ。青いソニック »

2012.08.30

九州ツアー2012日記 その5・福岡デジャブ

8月4日 夕方


120804_1823001

「Deja-vu」さんに到着。


_120804_1824001

とっても温かくて、安心して演奏できるお店。2年前に訪れた時は初めてで気が張ってたけど、今回はリラックスしてできそうな気がします。

音もすぐに決まってストレス無しでした。九州のライブでは何も言わずにクラシックギターを持っていっても、どこのお店も当たり前のようにマイクで綺麗に音を拾ってくれます。


_120804_1849001

広島から合流したオープニングアクトのnaho&iwaminさん、リハーサル中。がつんとくる岩見さんのギターに甘いナホさんの声の組み合わせが良いなあ。無いものねだりだけど、私はこういう感じにはどうしてもならないなぁ。。やっぱり今回も、うらやましい・・・と思ってしまいました。


120804_2005001_2

本番スタート。
(デジャブさん、写真いただきました!)
ソロなので曲目はその場で考えながらやるのですが、連日の場合は1日目のレパートリーの中でやって良かった曲が勝手に残っていくことが多いです。それがツアーのテーマ曲のようになっていったり。。今回の旅ではオリジナル「Passarinho」や、「田舎の汽車」、それからアンコールには唱歌「やしの実」が毎回頭に浮かびました。


120804_2200001_2

大宰府からクラリネット奏者の浅井雅子さんがご来場下さり、ライブが終わってからショーロの曲を何曲かセッション。太く柔らかい音色で何ともいえず素敵でした。


120804_233542

帰りに、オーナーの島塚さん夫妻、ナホさんと繁華街でラーメンで打上げ♪

島塚さん達とは前回はあまりお話する時間がなかったので、嬉しかったです。

お二人ともミュージシャンでもあり、美智子さんはボーカリスト、ご主人の秀治さんはピアニストだそうです。博多でブラジル音楽といえば「Deja-vu」、でもお店の入り口に置いてあるCD棚を見ると、あんなものも、こんなものも、その守備範囲の広さと趣味の良さ。。私こういう垣根の無い感じ、音楽だったら何でも食べる感じ、もうニヤニヤしてしまいます。。

ラーメン食べながら色々な話を。。YAZAWAについても熱く語ってしまった。

私の演奏にもつぶさな感想をいただき、接客に追われながらそこまで聴いてもらってのか、と思うような言葉も。今回のライブは、ジョアン・ジルベルトの公演を見に行ったときの空気に何となく似ていた、と言っていただきました。恐れ多いですが、それは確かにその日心がけていたことなので、伝わっていたとしたら嬉しいな。


_120804_2335001

ラーメンあっさり目で、美味しかった♪


ナホさんには今回も博多行きを発案していただいて、彼女のお陰で三県を周ることができました。

簡単には言うことができないぐらい感謝していますが、何百回のお礼を言うよりも、私が良いライブをすることが全て。そう思うから、これからも頑張っていけます。


_120804_2320001

博多もあっという間でした。


九州ツアー2012日記
その1・熊本前日
その2・熊本の市電
その3・熊本ヌアージュ
その4・福岡へ
その5・福岡デジャブ
その6・大分へ。青いソニック
その7・大分カンタベリー
その8・帰京
 
 

|

« 九州ツアー2012日記 その4・福岡へ | トップページ | 九州ツアー2012日記 その6・大分へ。青いソニック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72295/55549530

この記事へのトラックバック一覧です: 九州ツアー2012日記 その5・福岡デジャブ:

« 九州ツアー2012日記 その4・福岡へ | トップページ | 九州ツアー2012日記 その6・大分へ。青いソニック »