« 私のナラ ベスト3 | トップページ | 演奏の予定 2012/11/01-11/30 »

2012.10.26

Maria E Dia マリア 朝よ

キンモクセイも散って、寒くなってきたこの頃。。今日はストーブを出しました。

パウロ・ジョビンの曲、「マリア 朝よ」を和訳してみました。

121016_1623001


Maria É Dia
マリア 朝よ
(Antonio Carlos Jobim/Paulo Jobim/Ronaldo Bastos)


むし暑い午後に 君の夢を見た
生い茂ったマンゲイラの木、駒、けん玉
ふっくらした胸 紅いくちびる
いつかハンモックの上で君にキスをした

でもその日はぼくひとり なぜとも思わずに
家がない通り 君は居なかった
雨が降っていた 風が吹いていた ぼくは泣いた

彼女はどこか教えて
彼女はどこに行ったのか
その子を思い出すと
ぼくはずっと探してるような気がする

ジェキチバにたたずむ樹々よ 教えて
マクーコ鳥はいるだろうか
彼女はまだあそこを歩いてるだろうか
それとももう居ないだろうか


夢見ていた 遊んでいた 踊っていた 知らぬ間に
暗闇のなかを 君を探して
そして時が流れた 流れた・・・

彼女はどこか教えて
彼女はどこに隠れたの
その子を思い出すと
消えてしまったのかも知れないと思う

真夜中を通り過ぎ
嵐にくるくると舞って
ぴしりと僕を打った
起きて 光よ、太陽よ、朝よ
起きて 光よ、太陽よ、朝よ

マリア、起きて 朝だよ
 
 


*  *  *  *  *  *  *  *  *

アントニオ・カルロス・ジョビン、パウロ・ジョビンの親子に、ホナルド・バストスの連名作品ということで、たしかに色んな雰囲気が混在しているような、不思議な魅力のある曲です。

パウロ・ジョビンはミナスの音楽家とも交友があって、ホナルド・バストスといくつか共作をしていています。この曲なんかはAメロはカーペンターズを思い出すようなポップスの香りがあったり、結末の転調などはソフト・ロックをうかがわせる部分があるのですが、そのせいかもしれません。。Bメロのクラシカルなラインは父ジョビンの感じがします。


この曲を小野リサさんの録音で知った人は多いと思います。世界中でもほとんどレコーディングされていません、私が持っているのは、この2枚です。

Bossacarioca

Bossa Carioca / Lisa Ono

Caminhoscruzados

Caminhos Cruzados / Quarteto em Cy


リサさんのバージョンでは、ところどころ日本語の歌詞が挿入されていて、それを作詞したのはなんとあの!フォークシンガーの伊勢正三さん。素晴らしい人選です。。

エン・シーの方は全編がポルトガル語です。

最後の3行ぐらいが聴き取れなくて、何年か前にアナログ盤の歌詞カードを手に入れようとしましたが、もうレコード自体がコレクターアイテムになってしまっていて、何ともならず。。最終的に、ボサノヴァ評論家の板橋純さんが所持品を調べてくださって、ようやく判明。(ボッサ林さんや、その他の方々にも、その節はお世話になりました・・・)


さて歌詞ですが、曲の雰囲気と同じで、何とも言えない味わいになっています。

子供の頃の思い出、自然の風景。。嵐の晩に見た夢。。あざやかに浮かんできます。
 
 

*  *  *  *  *  *  *  *  *

よろしければご覧ください


 
 

|

« 私のナラ ベスト3 | トップページ | 演奏の予定 2012/11/01-11/30 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72295/55972907

この記事へのトラックバック一覧です: Maria E Dia マリア 朝よ:

« 私のナラ ベスト3 | トップページ | 演奏の予定 2012/11/01-11/30 »