« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013.10.11

演奏の予定 2013/10/01-10/31

130924_1710002

●10/12(土) 東京・高円寺「after hours」
20:00start 3stages
山本のりこ(vo,g) 須藤かよ(p,acc)
アクセス:JR高円寺駅、徒歩4分
tel:03-3330-1556 東京都杉並区高円寺北3-21-20,2F
http://www.afterhours-1975.com/
Music Charge:¥1,200+テーブルチャージ¥400


●10/27(日) 東京・学芸大学「cherokee」
19:00start 2stages
山本のりこ(vo,g)ソロ
アクセス:東急東横線 学芸大学駅、徒歩2分
tel:03-3710-1910 東京都目黒区鷹番3-3-3
http://www.cherokee-web.com/
Music Charge:¥2,000


●10/31(木) 東京・三鷹「unamas」
20:00start 2stages
山本のりこ(vo,g) リン・ヘイテツ(p)
アクセス:JR三鷹駅、徒歩3分
tel:0422-36-6252 東京都武蔵野市中町1-10-6 三鷹北口共同ビル2F
http://unamas.jp/
Music Charge:¥2,500


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.10.10

「カエターノ、バーデンを歌う」動画

8月にnorth marine driveで開催した「カエターノ、バーデンを歌う」から、動画をupしています。

Tempo Feliz

この曲のみ、私はギターを弾かず、中西さんのギター1本で歌わせてもらいました。ギターの音の粒立ちが綺麗で、私もこんな音で弾けたらいいなぁと思います。。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小金井ジャズフェス 終了

10/5、6に開催された、小金井ジャズフェスティバル
一日目のステージで演奏してきました。

131005_01_640_480

おととしの第1回に出して頂いて、今回は2年ぶり。
風船のディスプレイは今年は紫色のチェッカー模様で、やっぱり可愛らしいです^^

あいにく台風の影響で朝から小雨が降り続いていましたが、演奏の時間にはほとんど止んで、ラッキーでした。
 
 

131005_03_640_480

他の演目に比べると、私たちの演奏は音量が小さいので、お祭りに出て大丈夫なんだろうか?と思わないでもないですが、みなさん真剣なまなざしで聴いてくださいました。

131005_08_640_480

共演は、「CALOR」でもフルートを吹いてくれている、吉田一夫さん。久しぶりにご一緒できて楽しかったです。

131005_11_640_480

私達のあとは、最終組のSteve Gardner さん、仲瀬久幸さんのデュオ。ジャンル名に"アメリカン・ルーツ・ミュージック"とあったとおり、根源的なスタイルのブルースをリゾネーターギターの弾き語りで披露されていました。真摯でレベルの高い演奏。良いもの聴かせていただきました。仲瀬さんのベースもリゾネーターであった!

Steveさん達の演奏を聴きながら、どこででも楽器さえあればみんなを笑顔にできる、ミュージシャンという職業は、本当に幸せだな~と思いました!

雨の中をお出かけいただいたお客様、ありがとうございました。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.10.07

WFcafe by 新横浜エアジン

9月最後の日は、新横浜の「Water Fall Cafe」で演奏しました。

130930_01

この日は、オーボエ奏者 tomocaさんのリーダーライブにゲスト的な形で参加でした。それにしても、横浜方面は本当に久しぶりです!


130930_1604001

入り口のテラスに滝が流れている、広々とした素敵なレストランです。上品なのに気取ってなくて、店員さんのアテンドもしっかりしてる。とても気持ちいい空気が流れています。うーん、東京にはこういうお店は最近無いような気がするなぁ。。プロデュースのエアジンご店主・梅本さんも、リハーサルからずっと付いてくださっていました。


月曜だというのにお客さんのテンションが高く、といっても騒ぐような雰囲気ではなくて、"いいものを聴きたい!感動したい!"というピュアな好奇心とパワーに溢れていた感じがします。最初は客席をバンドが引っ張りあげていた感じでしたが、後半から逆になったような恰好でした。

こういう、数時間のあいだにシーソーのように引っ張り合うコミュニケーションが持てることは、本当に楽しくて濃密で、これだからライブはやめられないな、と思います。。

tomocaさんは現在、バリのウブドと日本を往復する生活をされていて、バリの自然からインスピレーションをうけて書いたオリジナル曲を沢山披露されていました。この人がオーボエを吹く様子は何となく少年っぽくて、森から出てきた妖精のよう。音もたたずまいも清潔で真っ直ぐなところが魅力的です。

この日のタイトルは「ボサノヴァ・ナイト」だったけれども、彼女の世界は初めて会った2年前よりも、くっきりとオリジナルな色合いが出て、ボサノヴァやジャズという枠にはおさまり切れなくなっているようにも感じました。(いい悪いは別として、やっぱりボサノヴァは一定の型がある音楽であるから・・) きっと彼女自身そのことに気づいていなかったというか、まさに現在進行形で変わって行ってる最中なのでしょう。

沢山の刺激を受けながら演奏させてもらい、音楽の不思議さに感動したひとときでした。
 
 130930_02

終了後、全員でパチリ♪

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.10.06

VAMOS BRASIL 2013 終了

またまた更新が遅くなってしまいましたが、9/15はブラジル音楽のフェスティバル「VAMOS ブラジる!?」で演奏しました。

130914_03

まずはcopo do dia さんにて。
日没前の夕方、落ち着いてライブを聴くにはまだ少し早い時間帯でしたが、思いのほか客席の集中力が高かったです。私の前の出番だった近田ゆうきさん&長澤紀仁さんがとてもいい演奏で、そのおかげで会場の空気が引き締まっていたような気がします。


130914_1624001

ゆうきさん&長澤さん

130914_08_2

それからすぐに移動して、ルースターへ。

数か所ある会場のなかでは一番広い場所ですが、昨年にひきつづき、早い時間から大入り満員。初めての年は珍しさもあって賑わったけれど、2年目はややパワーダウンしないだろうか?という不安が、見事に払拭されました。お客さんも熱気があります。なんというか、店内がお祭り独特の華やかさにあふれてて、フェスティバルはいいもんだな!と改めて感じました。

東京以外の場所からはるばる見に来たという方もおられ、沢山のご来場感謝でした。


自分の出番が終わって、その後の演目を楽しく観戦。。


130914_12

この日のトリ、前田優子さんバンドの演奏は素晴らしく、優子さんの大きく包み込むようなステージングと説得力のある歌には、「ああ、やっぱりいいなぁ、うん!」と思わせられました。
メンバーは、長澤紀仁(g)さん、坂上領(fl)さん、石川智(per)さん


130914_11

終了後、安堵のひととき。皆様おつかれさまでした!
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »