« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013.11.30

西陣音楽祭にて その2

131110_1036001

131110_1144002_2

西陣の雨は一日中止まず、でもあまり寒くはなかったので、待ち時間に付近を見て回ったりしました。

奈良や大阪から母方の親戚が大勢で来場し、最初のグループから最後まで数時間のイベントを全部見て行ってくれました。大変なバイタリティだと身内ながらも感心。


131110_1806001

自分の出番はあっという間に終わった感じでした。でも他の出し物に引きずられずにマイペースで演奏できたかな? 5グループの中では格段に小音量なのはわかっているので、音で少しづつ部屋を埋めていくようなイメージで。。オイルヒーターみたいにゆっくり温める感じですかねぇ。。見ていたお客様からは後で「とても良かった」と熱いメッセージを頂き、安堵しました。(写真は残念ながらありません~)

全部の演目が終わると、アンコールはキーAのブルースをセッションしましょうということで、私は傍で見ているつもりだったのが、挨拶だけしに舞台に上がったところ、そのまま演奏が始まってしまった。

なので、ギターを持って来て後ろのほうでコードを弾いていたら、モアリズムのvo.ナカムラさんが(次弾く?ソロ弾く?)と言ってこられ、いやー無理ですって、といいながらも結局何ちゃってフレーズを弾かせてもらいました(笑)。ナカムラさんには待ち時間の間も色々お喋りさせてもらいましたが、単身ボサノヴァで乗り込んで来ている私に、この場でも優しいお気遣いを下さる方でした。この日お会いした人達はみな優しかったなぁー。


131110_1854001

催しが無事終了。
同じ日にちょうど、「都ライト」という京町屋のライトアップのイベントがあり、ホールの周りは灯りがともって綺麗でした。

131110_1900001

131110_1943001


関係者のみなさま、お疲れ様でした。ご来場のみなさま、ありがとうございました!
また京都に行きたいです!
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西陣音楽祭にて その1

11月の初旬は、京都、西陣音楽祭で演奏してきました。

131110_1005001

前乗りして朝早くに会場の岩上ホールへ。あいにくの雨模様でしたが、色とりどりのイベントののぼり旗を見て俄然心が華やぎます!

131110_1021001

リハーサル中

岩上ホールは西陣の織物工場だった建物を再利用した場所で、外からはこじんまりして見えるのに、中に入ると天井が高くて気持ちのいい空間でした。5グループのジョイントコンサートなので、半日ほどリハーサルにかかる感じになります。京都も久しぶりだし、ジョイントの催しに参加するのも久しぶりで。。色々新鮮です。


131110_1135002


131110_1130001


敷地の中は広く、庭や建屋がいくつか。出演者にはきちんとした控室を用意してもらっていたのだけど、なぜか誰も部屋に入らず、ホールの脇にある、柿の吊るしてある軒下が溜まり場のようになってしまったのが可笑しかった。。そこは自由にウロウロできて、何となく物陰になっており、ホールの音も少し漏れてくるし、ミュージシャンの出番待ちにはうってつけの場所だったのでしょうか。


131110_1134002


私はこの干し柿スペースが気に入って、夕方の出番までずっとここに座っていました。ジョイントのミュージシャンの皆さんは、東北からSHOW441さん、佐々木龍大さんがそれぞれソロで、東京は国立からモアリズムさん、そして地元京都から全国で活躍中のザッハトルテさん。皆さん柿の下にかわるがわる来られ、色々楽しい話をさせてもらいました。

一緒になる機会がまずなさそうな方々に一挙にお会いしたのだけど、まあ~どのグループもとても上手くて、それに生き様がロックというか、言動すべてが不良っぽくてカッコいい方ばかりでした。


131110_1026001


ここになぜ呼んで頂いたのかというと、ずいぶん前に京都でライブをした際に、西陣で商いをしているご夫婦が客席におられたそうで、音楽祭を企画するにあたって私の名をコールして下さったとのことでした。また、京都ライブの時に何度かお世話になったザッハトルテのマネージャーの伊勢さんに、今回もサポートして頂いて本当に感謝。

これまでやって来たことが今に繋がっているんだ、と思うと不思議だったり嬉しかったり。。ということは今日の演奏が未来を決めるともいえるから。。お客さんの心の景色に何か長持ちする絵を、描いて帰りたいと、思ったりするもんです。欲張ってはいけないけどね。。でも何か残して帰りたいものですよね。

(その2へつづく)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.05

演奏の予定 2013/11/01-11/30

131006_1259001
 
 

●11/10(日) 京都・西陣音楽祭「織成舘(おりなすかん)・岩上ホール」
12:30open 13:00start
ザッハトルテ、山本のりこ、モアリズム、SHOW441、佐々木龍大
DJ: oto-niwa crew 出店:cafe 1001、他
アクセス:京都市内各主要駅より市バス「今出川浄福寺」バス停下車
京都市上京区浄福寺通上立売ル大黒町693
地図: http://orinasukan.skr.jp/aboutus/acc.html
西陣音楽祭 イベント公式ページ http://nishijin-music.com/
織成舘 岩上ホールのご案内ページ http://www.watabun.co.jp/iwagamhor.html
料金:前売 ¥3000- / 当日 ¥3500- 全席自由
前売りチケットのご購入は、こちらよりどうぞ--> http://nishijin-music.com/?page_id=32
京都西陣発の2日間の音楽イベントです。11/9との2日間通し券もございます。


●11/15(金) 東京・日暮里「bar porto」
19:45start 2stages
山本のりこ(vo,g)ソロ
アクセス:JR日暮里駅 徒歩5分
tel:03-3891-6444 東京都荒川区東日暮里5-40-8
http://barporto.cocolog-nifty.com/
Music Charge:¥2,000
 
 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.04

ウナマス 終了

10月最後の日は、三鷹のジャズ・バー「UNA MAS」に初めて出演させていただきました。

131031_1809001

開演前、共演のリンさんとピアノ

すっきりと横広の店内、グランドピアノの上の照明がポッと灯りをともしていて、良い雰囲気です。窓からは道路の街路樹が綺麗。

今回、ジャズピアニストのリン・ヘイテツさんと初めてご一緒しました。前にある場所で出会って、一度お手合わせ願いたいと思っていたのです。。事前にリハーサルもしてもらって当日にのぞみました。

リンさんの演奏には、ジャズ畑の人には珍しく、リスナーを無理やり「持って行」こうとしない雰囲気があり、いわゆる定石の感情の盛り上げ方から外れているように思いました。内側に向かっていくというのかな。。それが私にはとても気持ちよく感じられたし、ボサノヴァに似合ってるとも思いました。

当日の曲目は、そういうことをあまり分からないで選んでしまっていたのですが、リンさんの演奏の良さを生かすような選曲やアレンジ、編成がありそう、と終わってから思いました。次回の機会があれば、もっと掘り下げてみたいなぁ。。


「UNA MAS」は、ご店主が音響の専門家ということで、申し分ない音で出来、とても気持ち良かったです。ありがとうございました!
 
 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.02

チェロキー・ライブ 終了

131027_01

10月の最後の週末は、学芸大学「cherokee」でソロライブでした。


131027_1810002

すっかり日も短くなって、到着する時間にはもう日が落ちています。ライトアップされた小さな赤い玄関がお出迎え。

チェロキーでは、前半がボサノヴァ、後半にはボサノヴァ以外のブラジル音楽やアメリカのポピュラーを気ままに歌い、最後のほうにになると日本語の曲を少し、という感じでやっています。

ご店主のユキさんが沢田研二さんの大ファンで、この日はユキさんのために(?)、「君をのせて」という曲を歌いました。沢田さんのソロデビュー曲ですね。意外にも、70年代の前半まではシャンソンの香りのするバラードなどをシングルとして歌っておられ、フランス語でも録音を残しておられます。

「君をのせて」は詞がとても味わい深い名曲なのですが、作詞の岩谷時子さんがライブの前日に亡くなられていたということを、後になって知りました。

岩谷時子さんというと、他には「ラストダンスは私に」とか慣れ親しんだ歌がたくさんあり、特に洋楽の訳詞が素晴らしいです。白血病で亡くなった本田美奈子さんのレパートリーも、岩谷さんが沢山手がけていました。

話は飛んでいきますが、、最近、華原朋美さんが岩谷さんの訳の「I DREAMED A DREAM(夢やぶれて)」を歌っておられますが、これが凄い! まるで本田美奈子さんが生き返ったかのよう、というか、今後それを越えて行かれるような予感がします。。

音楽家の作品と魂は、こうやって受け継いでいかれるのだろうか。そんなことを思いました。

チェロキーさんでのライブは、今年はこれで最後ですね。今回もいろんな曲を次々とやらせてもらって、とても楽しい一夜に。温かいお客様、ご来場ありがとうございました!
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.01

アフターアワーズ 終了

また少し間が空きましたが、10月のアフターアワーズのライブレポートです。

131012_01_2


1975年にオープンして、なんと40年近くも続いているこのお店、今年の夏はエアコンが壊れて新調したりと大変だったようですが、ようやく涼しい季節がやってきて、しっとりと落ち着いた空気を醸し出していました。ギターの音も作りやすくて、ピアノとのバランスが取りやすい、もっとも演奏しやすい場所のひとつです。

ピアノの須藤かよちゃんは、お母さんお手製の赤いワンピースでお目見え。秋らしくて素敵でした!

次回は今年のファイナル、12/14(土)です。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »