« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014.07.26

アウディ市川 にて

7月の二週目は、アウディ市川のショールームで演奏しました。

山本のりこ

こういうアーバンな雰囲気の会場は久しぶりで、新鮮。。
夏の風の匂いのするボサノヴァを届けるべく、行って参りました。


140713_04

当たり前の話ですが、お客様はみなさんアウディのユーザーなので、数十人の方が揃ってアウディで来場されるわけで、開場の時間には次々と同じエンブレムの車が到着しました。

外車といっても沢山ある中、ちょっと粋なムードのあるアウディのデザインは、ボサノヴァとも相性がいいように思います。Desafinadoに出てくるローライフレックスとか、そういう酔狂なキーワードが思い出されます。実際、演奏していて不思議に波長が合うお客様でした。


山本のりこ

ショールームでの音楽イベントは初めての試みということで、お店の方はかなり緊張感をもって臨んでおられました。それがとても清々しい印象。貴重なイベントに参加させてもらって嬉しく思います。


ご来場されたお客様とお話はできませんでしたが、またどこかでお会いできるを楽しみにしています!
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.07.25

camino nostalgica 旅人のコーヒー にて

7月の最初の週末は、つくば市の「camino nostalgica 旅人のコーヒー」で演奏してきました。

140706_1427001

ナビゲートして下さったN夫妻の車で出発。梅雨の間でしたがなんとかお天気も崩れずで良かった!


140706_1505001

到着。県道にひっそりとたたずむ愛らしいお店。こちらは珈琲豆の焙煎店で、豆を愛飲されてるお客様むけに不定期でイベントを企画しているとのことです。


140706_1512001

この日のために、ドアの色などを塗り替えたりして準備をして下さっていたそうです。


140706_1513001


140706_1712002

カフェスペースの椅子を配置換え。縦がいいか、横がいいか? お店の方と相談しながら、セッティングが無事終わりました。

今回、まだ桜が咲いている時期からライブの段取りを相談させてもらってきました。オーナーの小山ご夫妻が細かいことまで丁寧に確認して下さって、万全の準備で当日を迎えることができました。あとは本番うまくできますように。。


K3300012

お店のイベントのコンセプトは、"ブルー・モーメント・シアター"。夕方から夜になる時間の、青く暮れて行く空をバックに、ひとときを楽しむというものです。この横長の窓で切り取られた田園風景が背景になるんですね。


140706_01

準備終わるとあっという間に開演時間になり、いつのまにか目の前に満席のお客さん。

ほとんど初めてお会いする方々、すこしシャイな雰囲気のなかにもニコニコと優しい笑顔の方が多く、ライブ中ずっと穏やかな空気が流れていましたが、最後の曲が終わったら驚くほど熱烈な拍手をいただき、秘めた情熱を感じました。

私は後ろが見られなかったけど、ほんとにブルーモーメント、きれいな群青。

つくばの皆さん、ありがとうございました。


K3300017

ライブが終わって、小山さんお勧めのお店「Roji 菜園テーブル」に連れて行ってもらいました。
グリーンカレーのプレートを頼むと、大~きなお皿に山盛りの獲りたて野菜!もはやカレーの方が脇役な感じですね。
この野菜たちのお陰で、翌朝の目覚めが違いました。


140705_11_320_240

Rojiさんで食後、小山さんご夫妻と記念写真
 
 

 
 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.07.05

演奏の予定 2014/07/01-07/31

140630_1746001


●7/5(土) 東京・日暮里「bar porto」
20:00start 2stages
山本のりこ(vo,g)ソロ
アクセス:JR日暮里駅 徒歩5分
tel:03-3891-6444 東京都荒川区東日暮里5-40-8
http://barporto.cocolog-nifty.com/
Music Charge:¥2,000


●7/6(日) 茨城・つくば市「旅人のコーヒー camino nostalgica」
"ブルーモーメントシアター"(昼と夜の間のシアター)
17:30open 18:00start
山本のりこ(vo,g)ソロ
アクセス:
tel:029-836-6671 茨城県つくば市下原89-1
http://r.goope.jp/camino-coffee
Music Charge:¥2,000(コーヒー付)


●7/21(月祝) 東京・東大和「音楽珈笛・音茶居(おんがくかふぇ・む~さい)」
16:30open 17:00start 2stages
山本のりこ(vo,g)ソロ ゲスト:田代つかさ(vo,g)
アクセス:西武拝島線 東大和市駅 徒歩3分
tel:042-566-8891 東大和市南街5-89-10 Yビル1F
http://cafemusai.com/
Music Charge:¥1,500 予約制


●7/27(日) 神奈川・茅ヶ崎「lush life」
15:00start 2stages
山本のりこ(vo,g)ソロ
アクセス:JR茅ヶ崎駅 徒歩1分
tel:0467-59-3917 茅ケ崎市 幸町22-26
http://lush-life.net/
Music Charge:¥1,500


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.07.03

JUHA "雨音とボサノヴァ"ライブ終了

西荻窪のカフェ、JUHA(ユハ)さんでのライブ、終了しました。

フランスガム社 アキ・コバヤシさんの個展『雨』の会期中に、特別企画されたイベントです。

山本のりこ

これはライブの写真じゃないのですが、事前におうかがいして音のチェックをさせてもらった時に撮ってもらいました。お店の雰囲気がすごく良く出てて、アキさんのイラストも飾られています。


Ame_flyer

こちらが、アキさんの個展のフライヤーです。
雨と人魚をモチーフに。。。水の滴るイメージ

かなり早い時期から打ち合わせをして、私も曲目をあれこれ考えて構想をふくらませつつ、当日を迎えたのでした。


Juha1_480_square

ぞくぞくと予約の方々が来られて、お店は満杯。
雨や水、海、風、などにちなんだ曲をやっていきました。

今回はPAを使わない生音だったので、かなり音量小さいです。また、音が小さいからといって声を張らないように、普段より更に注意しました。形がない雨粒の、不確かさみたいなものに寄り添いたくて。

酔狂なユハさんでの酔狂なライブ。お客さんはばっちりついてきてくれました。
あとでtwitterなどで感想をいただき、とっても嬉しかったです(涙)!


Juha02

JUHAの店内
アキさんの個展は、店内に飾りつけをする形のもの。天井から白い熱帯風の葉っぱが垂れ下がってきています。


Juha01

JUHAの店内
電燈の光に、葉っぱの影がゆらゆら


140622_1745001

JUHAの店内
窓辺にはアキさんのドロップ型モチーフが吊るされて、午後にプリズムで虹を映していました。


K3300004

終わってから、スープとトーストのセットを食べました。美味しかった!



 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.07.01

ラグラス終了

6月の下旬は、一年ぶりに小平のカフェ・ラグラスで演奏しました。共演はヤマカミヒトミさん(sax,fl)

140620_1702001

梅雨でお天気が不安定なこのごろ、雷雨が心配されましたが、それほど降らずホッと一安心。


140620_1804001

金曜のわりと早い時間からのスタートにもかかわらず、予約満席とのことで、ありがたいことでした。店内はお客さん用の椅子でぎっしりなので、お店テラスに控室としてなんとテントを用意して下さいました(^o^) キャンプに来てるような気分になり、ヒトミさんと喜ぶ。。


Withness

初のリーダーアルバム「Withness」をリリースしてますます活躍のヤマカミヒトミさん。お願いして、アルバムの中から「Samba Nu」という曲を一緒にやらせてもらいました。"Nu"とはポルトガル語で"裸の"という意味。"ありのままのサンバ"というタイトルどおり、洗いざらしのシャツみたいな気持ちいい曲です。

アルバムのトラックでギターを弾いているのは平岡遊一郎さん。
私も以前に何度もご一緒させてもらった、大好きなギタリストです。
今回は平岡さんのプレイを聴いて、オリジナルのニュアンスにできるだけ忠実に弾こうと努力してみました。


ライブは、後半になるにつれて集中度が増して粘り気が出てきたようで、もうワンステージぐらいやりたい!という感じでした。お客さんにとっては知らない曲も多いはずですが、ひとつひとつの曲を楽しんで聴いて下さっているのが伝わってきて、本当にいい雰囲気。。楽しい時間はあっという間に過ぎ。。

岩手からはるばるお越しになったお客さまがおられて感激したり、毎回足を運んでくださる方には「いい意味で演奏が成熟したきた、見ごたえがあった」と言って頂いて、とても嬉しかったのでした。


140620_01

全部終わって安堵の表情で、パチリ
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »