« 演奏の予定 2014/09/01-09/30 | トップページ | サルンポワク 終了 »

2014.09.15

Aquarela do Brasil ブラジルの水彩画

Aquarela1
from Saludos Amigos (1942)


秋らしくなってきました。三連休、みなさんはいかがお過ごしでしたでしょうか?私は今月前半はライブがないので、ギターをじっくり練習したりしていました。

ひさびさに歌詞の和訳コーナー、「Aquarela do Brasil」を訳してみました。

ブラジル音楽を歌い始めたとき、この曲に憧れて早々に覚えたのでした。長い大曲を淡い色の夢のように軽快に作り変えてしまった、ジョアン・ジルベルトの、あの魔術に憧れて・・・


--------

Aquarela do Brasil
ブラジルの水彩画
(Ary Barroso)

ブラジル 我がブラジルのブラジル
憎らしい私のムラート(*)
あなたに歌おう この詩にのせて

ブラジル サンバを奏でる
体を揺らすリズム
ブラジル わたしの恋人
私達の主の国

過去のカーテンを開けて
黒い母(**)を林から連れ出そう
コンゴの王様をコンガード(***)に祭ろう

吟遊詩人よ 再び歌え
哀愁の月の光へ
ありったけの愛の歌を

私は会いたい
レースのドレスを引きずって
サロンを渡り歩くご婦人に 

ココナツのなるヤシの木たち
そこでハンモックを吊ろう
月の輝く夜に

ささやくようにそよぐ泉
そこで喉の渇きをいやそう
月も遊びにやって来る

ああ、美しく小麦色のブラジル
我がブラジルのブラジル
サンバとパンデイロの国

ブラジル 素敵で美味しい国
屈託ない眼差しの
美しいモレーナがいる国

ブラジル サンバを奏で
世界を驚かせる
ブラジル わたしの恋人
私達の主の国

(*)白人と黒人の混血の人
(**)白人の家庭で乳母の仕事をした黒人女性
(***)コンゴの儀式から発祥した踊りやお祭り(ポルトガル領地であったコンゴから、ブラジル開拓時にコンゴ人が奴隷として連れてこられた)

--------

歌詞はいわゆるご当地ソングのような内容で、観光地の宣伝のようで最悪であるとも言われたそうですが、ブラジル音楽を初めて聴く人にとっては、このメロディとハーモニーはわくわくする未知の世界の絵巻のように感じられることでしょう。実際、私も最初に聞いた時、衝撃を受けたものです。。

ただ、弾語りで演るのには結構パワーを消費する曲で、なんとなく演奏する機会が少なくなってしまってますねぇ。。人のライブでこの曲が登場したりすると凄く嬉しくなるんだけど。

さて、一番上の絵は、ディズニー映画"Saludos Amigos"(邦題「ラテン・アメリカの旅」)より。

ところどころに実写が挿入されていて、南米を視察しに来たディズニーの制作スタッフがスケッチをする場面が素敵です。日本で人気のメアリー・ブレアの姿も見えます。


Aquarela2

ブラジルの章ではAquarela do Brasilが演奏されて、水彩画の筆で背景が描かれていきます!
 
 

 

|

« 演奏の予定 2014/09/01-09/30 | トップページ | サルンポワク 終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72295/60322438

この記事へのトラックバック一覧です: Aquarela do Brasil ブラジルの水彩画:

« 演奏の予定 2014/09/01-09/30 | トップページ | サルンポワク 終了 »