« 管楽器の録音 | トップページ | 打楽器の録音 »

2015.09.29

打ち合わせ4

アコーディオンを入れたい曲があり、佐藤芳明さんにお願いしてきました。2枚目の「草の指輪」の時に素敵な演奏を1曲弾いてくださっています。

そのぐらいの時期によくライブをご一緒して頂いていましたが、時の流れに身をマカセ、世間の荒波にもまれているうち、疎遠になっていました。何年か前のパソコンクラッシュでメールさえ分からない状況。

ちょうど音や金時でライブをされるということが分かったので、ならば直談判だと思い、見に出かけました。というと何かついでのような言い方になっちゃいますが、この日のライブがすんばらしい内容で、ほんとに行って良かったのでした。

150926

メンバー 澤近立景(gt)さん、相川瞳(per)さん、渡辺庸介(per)さん

失礼ながらメンバーの方々のことをよく存じ上げてなくて、手練のベテランミュージシャン勢を想像していたところ、自分の子供でもおかしくない?ぐらいな若い方々。。上手いし、繊細な感覚もあって、知的でフレッシュな音。佐藤さんの曲はオープンコードとかプリミティブな感じ、教会音楽のようなものもあったりで、よりシンプルにしなやかになった印象でした。


2ndの録音の時は、アコーディオンの音色のことを私はよく分かってませんでした。ただ楽器がアコーディオンならいい、などと思ってた。それから今までの間に、奏者によって音の出し方が随分違うことがわかってきました。特に音の立ち上がり方にはその人の美意識が出るし、打鍵の柔らかさとか適度ないい加減さとか。。

これはひとえに西荻「のみ亭」でかかってるいろんなアコーディオンの曲を聴かせてもらったおかげなんだろうなぁ。。やっちゃん、ありがとう(ToT)

この曲にはこういう音色を出す人が必要だ、とやっと考えられるようになりました。
 
  
 

|

« 管楽器の録音 | トップページ | 打楽器の録音 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72295/62393055

この記事へのトラックバック一覧です: 打ち合わせ4:

« 管楽器の録音 | トップページ | 打楽器の録音 »