« 醒ヶ井 たち季ライブ | トップページ | トムネコゴ 人の話と音楽を聴く会 終了 »

2016.10.22

醒ヶ井の風景

Kimg1677

醒ヶ井は中山道の宿場町です。米原の隣の駅で大阪からも名古屋からも近いのに、私は今まで全然知りませんでした。

ただ、新幹線で東海道を往復する際に、関ヶ原あたりの景色に何かしら惹かれるものがあり、いつかこの辺で途中下車でもしてみたいなと思っていました。

去年に大垣に行くことがあったとき、近辺に何か面白い場所がないか調べていて地図のうえで醒ヶ井を見つけました。時間の余裕がなくて立ち寄れなかったのですが、大垣の町もとても素敵だったし、岐阜から滋賀には沢山見るものがありそうだと。いつか歳をとってライブ以外でゆっくり旅をできるようになったら、行ってみよう、などと密かに思っていたのです。

まさか翌年に行くことになるなんて、考えもしませんでした。

グーグルの地図の上で(笑)何度も歩き回ったのと同じ景色が広がっていて、感激しました。初秋は梅花藻はもう終わりかけでしたが、サルスベリの花が川に散って五色の美しさです。

たち季さんに行くまでの間、脇道にそれたり、しばし散策しました。

Kimg1620_edit

Kimg1624


Kimg1606

泡子堂


Kimg1631

美容院
窓に瓦屋根を葺く職人さんが映っています

Kimg1633

醒井宿資料館
ヴォーリズの建築だそうです。


Kimg1635


Kimg1638

消防信号


Kimg1669_2

寺ヶ谷寺院跡


Kimg1671

久保田呉服店 喫茶もやっているようです。


Kimg1673

地蔵川
梅花藻、うまく写りませんでしたが・・
サルスベリの花びらと、落ち葉
おそらく、この時期しか見られない組み合わせです


Kimg1678

禁漁区


Kimg1688

「たち季」は宿場のずっと奥のほうにあります。その更に奥には古い商店など。


Kimg1687

本場の飛び出し坊や


Kimg1653

飛び出し園児
 
 

|

« 醒ヶ井 たち季ライブ | トップページ | トムネコゴ 人の話と音楽を聴く会 終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72295/64389311

この記事へのトラックバック一覧です: 醒ヶ井の風景:

« 醒ヶ井 たち季ライブ | トップページ | トムネコゴ 人の話と音楽を聴く会 終了 »