« 山山堂 | トップページ | 醒ヶ井の風景 »

2016.10.21

醒ヶ井 たち季ライブ

9月10日

160910_01

名古屋から移動して滋賀県へ。醒ヶ井のカフェ、「たち季」で演奏しました。


Kimg1586

名古屋から一時間強、朝から素晴らしいお天気です。醒ヶ井の駅に降り立って山の眺めに心震えました・・

醒ヶ井の風景をまた後であらためて載せますので、ぜひご覧ください


Kimg1593

この日はうちの母も兵庫県から参戦(といってもそんなに遠くない)、ということで駅前の「水の宿駅」というところで待ち合わせをし、企画と出演をしてくださった滋賀ボサノヴァ・デュオ、cae+vonoご夫妻にも初めてご対面。

母は生まれが彦根で、caeさんも彦根。まさに滋賀deサウダージな一日の幕開けでした^.^


Kimg1681

Kimg1691

「たち季」さんは古民家を改装してつくられた和風のカフェで、とてもモダンで上品なつくりです。この日はお店の5周年もかねてライブを行いました。


Kimg1684

リハーサル中のcae+vonoさん。癖のないストレートな歌とギターが素敵です。


160910_02

アンコールは、地蔵川の清流にちなんで「おいしい水」を全員で演奏しました。


交通の不便なところにもかかわらず遠方からもお客さんが来てくださり、熱心に聴いてくださり。。充実の時間でした。

cae+vonoさんを紹介してくれた知人のHさんとも、久しぶりの再会。前職で東京におられた時もずいぶんお世話になりましたが、今回のツアーのことでまたまた力を貸してもらいました。

みんなで知恵を絞って企画するライブは、無事に終わると喜びも倍になるもんです~。。


Kimg1694

イベントのなかで「たち季」のオーナーさんから5周年のご挨拶がありました。

コーヒーの付け合せで出された干菓子は「霜月」(そうげつ)の花紫蘇琥珀といって、この日のために京都で注文して揃えたものだそうです。 まるで食べる宝石のようなお菓子。こういう小さなものに愛情をかけて過ごすことは贅沢だな、としみじみ思いました。


1473501554985

夕方に「たち季」を出て、帰りの新幹線までまだ時間があったので、琵琶湖沿いのホテルでお茶しました。

あ~~ 琵琶湖なんて何年ぶりだろう? 小さい頃は毎年泳ぎにいってたんです。

cae+vonoさん、ありがとうございました。帰る頃にはお二人がまるで親戚のように思えてきました。名残を惜しみながら滋賀をあとにしました。
 
 

|

« 山山堂 | トップページ | 醒ヶ井の風景 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72295/64388634

この記事へのトラックバック一覧です: 醒ヶ井 たち季ライブ:

« 山山堂 | トップページ | 醒ヶ井の風景 »