« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018.05.14

演奏の予定 2018年5月

1805_le


●5/18(金) 滋賀・近江八幡「Jazz & Gallery Cafe Yugeya」
19:00start
山本のりこ(vo,g)ソロ
アクセス:JR近江八幡駅 徒歩15分
tel:0748-33-6941 近江八幡市掘上町314-2
http://www.yugeya-jazz.com/
Music Charge:¥2,000(1ドリンク付)
初夏の東海道ツアー、1日目はソロで近江八幡にまいります。Yugeyaさんには初めてお邪魔します。
 

●5/19(土) 愛知・名古屋「山山堂」
18:30open 19:00start
山本のりこ(vo,g) 伊藤史和(g)
アクセス:メトロ覚王山駅 徒歩5分
tel:052-763-6262 名古屋市千種区菊坂町2-19
http://www.spice.or.jp/~yamayamado/
Music Charge:¥2,500(1drink付)
【ご予約】↓↓↓ ご予約フォームにて受付中です
http://www.noriko-yamamoto.com/180519.html
初夏の東海道ツアー、2日目より伊藤史和さんとのデュオになります。古い蔵を改装したレトロなお店です。
 

●5/20(日) 愛知・みよし「カフェ&ギャラリー カーデン」
1部14:00- 2部15:00- 入替えなし
山本のりこ(vo,g) 伊藤史和(g)
アクセス:名鉄黒笹駅駅より500m
tel:0561-35-5015 みよし市黒笹町西新田1205-1(駐車場あり)
http://www.fm-beat.com/carden/
Music Charge:ドネーション(投げ銭)制
初夏の東海道ツアー、最終日はデュオでみよし市のアートなカフェ、昨年につづき再びお邪魔します。
 
 
 
 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.13

ノースマリンドライブ 終了

180429_02

季節に一回の渋谷・ノースマリンドライブ、春の回はいつも日差しとともに段々心が開放的になる季節。心のままに選曲すると、自然と海をテーマにしたものが多くなります。

去年は店名にもなってる「north marine drive」をご店主のヒガシノリュウイチロウさんとデュオでやらせてもらったんですが、今年も1曲お願いして氏のレパートリーの「Wave(日本語バージョン)」を演奏しました。

ジョビンが書いたポルトガル語の詞もそれは素晴らしいのですが、このヒガシノさんの日本語の詞もステキで、一度聴くとふと道を歩いていて口ずさんでしまうことがあります。 一人称が「僕」なので、やっぱり男性が歌うのが似合うとも思いますが・・。

またまた今年も楽しくやらせていただきました^.^

ほかには、春先によく聴いて心酔していた、ジルベルト・ジルの「Drão」初めて歌いました。この曲のことは、また別の機会に紹介してみたいと思います。
 
おいで下さった皆様、ありがとうございました!

 
じつは冬から春にかけて咳喘息?のようなものにかかり、3か月ぐらいの間、大変苦しい日々を過ごしておりました。 5月に入ってやっと治り、終わってみると何だったんだろうという感じですが、健康の有難味をつくづく感じています。。ブログの更新がすっかりごぶさたになってしまいました。
 
 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.03

小岩倶楽部、アフターアワーズ

4月は都内でもたくさんライブがありました。

オオタマルさんとの小岩倶楽部

190407_01

190407_02

お知らせしていましたが、近々に建物の改装により店内でライブができなくなるということで、私の参加では最後の演奏になりました。 いままで何度かお邪魔しましたが、とても温かい雰囲気でやらせていただいて感謝にたえません・・・

小岩倶楽部のお店は、奥様がお隣で経営されるお菓子工房「バンカッセル」のなかに入っての継続とお聞きしました。新しい形でのご活躍をお祈りしております!


*  *  *  *  *  *  *  *

須藤かよさんとのアフターアワーズ

180414_01

熊本に移ってもうだいぶ長くなったかよちゃん、いつも演奏の合間に、山の暮らしの話を話してくれます。

このデュオならではのレパートリーもあって、アンサンブルも熟成されてきた感じがしています。この日は初めて聴いてくださったお客さまもいて嬉しかったです☆

アフターアワーズのライブは、偶数月の第二土曜。

次回は6/9(土)に開催しますので、どうぞよろしくお願いします!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »