« アフターアワーズ終了 | トップページ | 演奏の予定 2018年9月 »

2018.08.30

阿部かよこさんレコーディング

Kimg0132

先週の金曜はボサノヴァ・ボーカリスト&ギタリスト 阿部かよこさんの1stアルバムのレコーディングでした。わたし今回、制作をやらせてもらってます。

阿部かよこさん
http://abekayoko.com/

「アルバムを作ったら・・・」というようなことを最初に投げかけたのはたしか3年ぐらい前だったと思います。私はいつでもいいと言いましたが、待ちくたびれたファンのお客様に叱咤激励されたそうで、ようやく一年前から準備を始めました。

選曲をしつつ、ヘッドホンをして歌とギターのプリプロを録ることを繰り返していましたが、毎回の後でそれを聴くのが私は楽しみでした。ギターのバッキングが軽快で、そこにかよこさんのアルトの声が乗ることで、何ともいえない魅力が出てるのに気づきました。

ボサノヴァのボーカルというと、やはりアストラッド、ワンダ・サーから小野リサさんにつながるスタイルの影響は絶大... ともすれば呪縛になることも。 かよこさんも弾語りをはじめた当時"あの声""あの歌い方"でないといけない、という風に思い込んで苦労していたようでした。そこを経て今は、持ち前のダークでハスキーな声質で、大人の艶のある雰囲気のボサノヴァ世界ができようとしています。

だから、もし良いアルバムが仕上がったら「こういうのなかった。聴きたかった!」と思う人はいっぱい居るはずで、私だってその中の1人なのです。

Kimg0124

録音当日
今回、スタジオは鵜の木の亀吉音楽堂さんにお世話になりました。

亀吉音楽堂
https://kamekichirecord.com/

民家を改造したスタジオは2階までの吹き抜けになってて、3つの部屋に分かれています。ブースの窓が横長で広くてアイコンタクトも取りやすそう。2階にはロフトのような空間があって、バンド録音の時はドラムスをそこに配置するといい感じになるということでした。
 
コンソール室は路地をはさんで向かいの建物にあって、電源の影響を出さない配慮だと思いますが面白かったです。スタジオとの行き来の度に沖縄風の小庭を通ることになり、和みます。
 
 

Kimg0102

当日、あまり眠れなかったと言いながら到着したかよこさんでしたが、本番での演奏は拍子抜けするぐらいスムーズで、ほぼノーミスで7曲を録りきってしまいました。w(゜o゜)w

歌は臆せず高揚もしすぎず、なにか吹っ切れたような清々しい風情がありました。猛暑のさなかでしたが身体も健やかによく鳴っています。今まで悶々と歩いてきたトンネルを一気に抜けたかのよう。

オリンピックのフィギュアスケートで、コーチがリンク外でそわそわしたり小躍りしている姿がありますが、この日の私はまさにそれでございました・・。

Musicians

サポート陣は、ギター須古典明さん、ピアノ永見行崇さん。彼女に自ら考えてオファーを出してもらいました。録り終えた音を聴いてみると須古さんと永見さんのプレイはある種好対照で、いい取り合わせだったと思いました。きっとアルバム一枚通して聴いた時の奥行きが出るはず。

これから編集に入っていきます。
かよこさんのブログで進捗の報告があると思いますので、ぜひ楽しみにお待ちください!
 
 




|

« アフターアワーズ終了 | トップページ | 演奏の予定 2018年9月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72295/67114293

この記事へのトラックバック一覧です: 阿部かよこさんレコーディング:

« アフターアワーズ終了 | トップページ | 演奏の予定 2018年9月 »