« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018.11.27

ボサノヴァと珈琲の一日 終了

11月4日

181104_02
写真はMさま撮影 ありがとうございます

今年最後の旅ライブ、毎年やらせて頂いている豊中「tipografia」さんでの"ボサノヴァと珈琲の一日"が終了しました。ご来場ありがとうございました!

年ごとにテーマを決めて催しているこの企画。 今回はあらためてジョビンをライブ全編で取り上げることにしました。

関西は今年は地震や台風など、たくさんの災害に見舞われ、そうでなくても東京も長い酷暑や大雨があったりしたので、ここらで、秋の景色に寄り添う穏やかなジョビンの曲を奏でる一日があったらいいな、と。そんなことを考えました。 結果、かなり渋めの選曲になり、プログラムを持って出発。
 
 

181104_11

この時期の遠征というと、今までには雪が降ってオーバーコートで出かけるようなこともあったのですが、またしても汗ばむ陽気・・
 
 
181104_11_2

チッポグラフィアの落ち着いた店内。 準備完了してお客さんが到着しだすと、コーヒーのいい香りがたちこめてきました。今年は、お店のほうで"Jobiniana(ジョビニアーナ)"というオリジナルブレンドを用意してくださいました。

遠征で、テーマも決まっているイベントライブということで、こちらでライブをさせてもらうようになった当初は自分のテンションが上がってしまってお客さんを置いてきぼりにしているような反省もあったりしました。

ここ最近は、「一杯のコーヒー」をおもてなしするような、ささやかで、でも長く余韻が残るような、そんな感じを心掛けています。。 この日は上手くいったような気がしてますが、どうだったでしょうか。
 


181104_12

北摂の秋景色もジョビン散歩をもりたててくれました。
 
 
181104_13

ジョビアーナの豆を買って帰り、お土産にいただいた自家製マフィンとでほっと休憩・・
お客様に出すセットのお菓子は奥様が焼いていらっしゃるのですが、これがまたおそろしく美味なのです。今年も、珈琲と甘味のコンビネーションに悶絶いたしました。
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.26

メルカド 終了

ブログの更新がまた遅くなってしまいましたが、秋のライブのレポートです。

10月28日

181028_01

大船のポルトガル料理のお店、メルカドで演奏しました。

181028_10

10月も終わりとはいえ汗ばむ陽気。夕方に大船に着きました、商店街を奥に進むと、愛らしいたたずまいで迎えてくれます。

181028_13

181028_15

メルカドはmercado、「市場」という意味ですが、あえてカタカナなところに、敷居を上げない気遣いを感じます。


181028_12

準備を終えて開演前。もう日が暮れていて、灯りがついた窓を外からのぞくと、酒瓶や食器がにぎやかに並んでいます。あったかく楽しい気分になるお店。

初めての場所だったのでどんなライブになるかドキドキでしたが、お客さんはすごく集中して聴いてくださり、嬉しい感想をい沢山いただきました。


181028_plate

お客様のお皿^_^ (Yさまの写真より) 近所だったら毎日通ってしまいそうな美味しさです。
 
 
 

終わってから、私も食事をいただいて舌鼓をうち・・
ご店主から、ポルトガル料理に興味をもったきっかけや、どんなお店にしたいかなど、少しお聞きしたりしましたが、お料理を囲んで色んな人がフラットに楽しめる場所を作りたい、というような思いが伝わってきました。

電車の時間がきてしまい、あんまりゆっくりできなくて残念・・
 
 

181028_21

メルカドの皆さんと。ありがとうございました! またお店におうかがいしたいです!
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »