« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019.07.26

葉月ホールハウス 終了

7月7日 葉月ホールハウス na floresta - 森のなかで

永見行崇さんと

 

190707_01_edit

 

今年で3回目の開催、無事に終了しました。当日は梅雨真っ只中で一日中冷たい雨が降る中、沢山のお客様においでいただき有難うございました。

葉月ホールは一軒家の形をしたギャラリーホールで、楽屋は客席からドア1枚隔てたすぐ横にありますが、防音が良いのかひんやり静まり返って何も聴こえません。開演を待ちながら、本当にお客さんが来てるのか不安になってきます。でも定刻になって出て行くと全員の方がびしっと席に付いておられ、「いつの間に?」と思います。毎回のこの感覚は、まったく葉月ホール独特のものです。

この日は七夕だったので、空や星の出てくる曲をプログラムに入れました。オリジナル多めで、「幸せ星」、それから滅多に演奏しない「サォン・コンハード」「私の夢の庭」などを。 全体的にいつもと少し違う雰囲気の曲目だったかもしれません。

 

ソロ・コーナーでは、永見さんは今年は珍しくカバーを弾いてくれました。キケ・シネシの「Cada Vez Que Siento Tu Amor」(あなたの愛を感じる度に)という曲。ソロギター曲をピアノでというのは新鮮。終盤から狂想の様相を帯びていくような美しいアレンジがほどこされていました。

 

190707_11_edit 

ホールオーナーの岩河さん、いつも終了後に写真を撮ってくださり、色々お話ししてくださいます。今年も大変お世話になりました。ホールのブログにも素敵なレポートを書いていただいています。

葉月ホールのブログ https://hazukihh.exblog.jp/28450704/

 

最後に・・ この日の前日、7月6日にジョアン・ジルベルトが亡くなりました。またジョアンのことを別の記事で振り返りたいと思っていますが、翌日にここでコンサートをしたことはきっと忘れられない思い出になりそうです。皆様、ご一緒していただいてありがとうございました!

 

 

 

| | コメント (0)

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »